DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 闇の守り人 - 上橋 菜穂子 のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 闇の守り人 (偕成社ワンダーランド)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

闇の守り人 (偕成社ワンダーランド)
闇の守り人 (偕成社ワンダーランド)で自分のブログにレビューを書く

闇の守り人

おすすめ!4.2 [4.2](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:130591位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 555
  • ISBN/ASIN:4035402109(偕成社)
闇の守り人 (偕成社ワンダーランド)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 4.2 [4.2]

「闇の守り人」

14:28:By moji*lib

チャグムを助けた後、自分自身のケジメ?のために故郷のカンバル国に帰ってきたバルサは洞窟の暗闇の中で何者かに会う・・・。最初は誰かわかんないんだけどね。 なんだかめちゃ読んでしまいます。面白いぞ守り人… このレビューの続きを見る

おもしろかったー。 過去に向き合おうとするバルサが格好良かった。ジグロとバルサの間にあるものがぶつかり合うラストは泣きそうになった。 世界観の設定に隙が無く、本当に良くてツボです。世界観とストーリーに矛盾がないというか、自然に感じられるのが上手い。 キャラクターももちろん良いし、本当に上手くて良い物語だなぁと思う。

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 女用心棒のバルサは久しぶりに生まれ故郷のカンバル王国にもどる。 幼い日、カンバル王に父を殺されたバルサは父の親友ジグロに助けられ、生まれ故郷をあとにしたの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書

守り人シリーズ第2巻♪ 1巻でもそうだったけど、賢くて素直な子供と勇敢で思慮深い大人という安心感のある組み合わせは、ある意味話が盛り上がらなそうなのに、とっても面白い! そして世界が深い〜。 目次… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 お父さんがいて,お母さんがいて,自分がいる。 お父さんにも,そのお父さんとお母さんがいる。そしてお母さんにも。 多分、自分にも息子か娘が生まれて, そしてそういう血縁の上の方の人たちの影響を全部受けて,私の子として育つ。 まあ,そういう話。

JUGEMテーマ:読書 大人向け児童書、「短槍使いのバルサシリーズ」第二段。 相変わらず緻密な世界設定で、 ハリーポッターよりは健康的で読みやすいかも。 子供に読み聞かせしたい本ランキング、今のところ… このレビューの続きを見る

人間の憎愛の複雑さを突いていて面白い。

バルサと養父の葛藤がツラいですね。 大事に思ってても苦労が続いたら「こいつさえいなければ」て絶対思いますよね。私も確実に親の介護を背負い込まないといけないのは確実なのでこういうのはよく考えます。 父… このレビューの続きを見る

前作をさらに上回った 「精霊の守り人」の続編である「闇の守り人」は主人公バルサの過去への清算の物語です。 前編で語られたバルサの壮絶な過去。すべての始まりとなった故郷カンバル王国の根の深い陰謀と秘密… このレビューの続きを見る

女用心棒バルサは、故国カンバルに戻る。育ての親のジグロの汚名を晴らすため、バルサは命がけで闇の守り人に挑む。 前作のチャグムは出てきません。 寂しい反面、彼が出てこないと、バルサはかなり身軽で好き… このレビューの続きを見る

一から読み直そう第2弾『守り人シリーズ2・闇の守人(上橋 菜穂子 絵:二木 真希子) 』 あらすじ ●○●○●○●○●○●○●○ 生まれ故郷のカンバル王国に久しぶりに戻った女用心棒バルサは、自分の命を守り育ててくれた… このレビューの続きを見る

読んだのは文庫版だけどさ。 タンダが全然出てこないのは寂しかったけど面白かったから問題なし!この夏の文科省選定課題図書だったか神奈川県選定推薦図書だったか先生が勧める本だったか忘れたけどとにかくそ… このレビューの続きを見る

4.2

闇の守り人

11:23:By ルティア

上橋菜穂子さんの“守り人シリーズ 第二弾”で、バルサの過去にできた心の傷と深く向き合う、かなり深くて濃い内容の物語です。『精霊の守り人』とどちらが好きかと問われたら、実は私は『精霊〜』のほうを選びます… このレビューの続きを見る

感想。

結局文庫になるまで待てなくて図書館で借りちゃいました。 バルサかっこ良すぎです。 そんでもってこの書き方のできる作家さんて!!!

 からだについた傷は、ときがたてばいえる。だが、心の底についた傷は、わすれようとすればするほど、ふかくなっていくものだ。  それをいやす方法はただひとつ。  きちんと、その傷をみつめるしかない。(本… このレビューの続きを見る

4.2

■闇の守り人

22:41:By 文筆家業

『守り人』シリーズ第2作。 チャグムとの出会いにより、自らの過去に決着をつけようと決意したバルサは、逃げてきた故郷カンバルへと向かう。 秘密の抜け道からカンバルに入ったバルサはそこで闇の守り人と出会う。 故郷カンバルでバルサが耳にしたのは、養い親ジムサに掛けられた不名誉な濡れ衣だった。

女用心棒のバルサは久しぶりに生まれ故郷のカンバル王国にもどる。幼い日、カンバル王に父を殺されたバルサは父の親友ジグロに助けられ、生まれ故郷をあとにしたのだった。しかし、ジグロはそのため汚名を着るこ… このレビューの続きを見る

4.2

闇の守り人

18:27:By day to day

楽天ブックス / bk1 / 7&Y 女用心棒のバルサは久しぶりに生まれ故郷のカンバル王国にもどる。幼い日、カンバル王に父を殺されたバルサは父の親友ジグロに助けられ、生まれ故郷をあとにしたのだった。しかし、ジグロはそのため汚名を着ることになった。バルサはジグロの汚名を命がけで晴らそうとする。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品