>
[Amazon] ゆめつげ (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ゆめつげ (角川文庫)
ゆめつげ (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

ゆめつげ

おすすめ!3.3 [3.3](25件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:15316位
  • Amazon価格:¥ 596
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043888015(角川グループパブリッシング)
ゆめつげ (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(25件) 3.3 [3.3]

ゆめつげ

22:45:By 2人と2匹

 『じゃばけ』の畠中さんの他の作品にも興味があったんで、図書館で借りて来た。 (これともう1冊別の物と一緒に) 貧乏神社の神官兄弟ののんびり屋のお兄ちゃん(22歳)が主役。 イマイチな精度の夢告(む… このレビューの続きを見る

ゆめつげ

10:03:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  しゃばけの作者の、別話。でも、基本、江戸。ただ、幕末色が結構出ているのと、超常能力を持ってるって点でも、多少、リンクする?かね。 主人公は、駄目駄目な夢告能力者の神主見習いの… このレビューの続きを見る

 4、5年前に「時代小説ブーム」と聞いた気がするのですが、今も続いているみたいですね。書店に行くと時代小説を集めたコーナーが設置されていますし、新刊も平積み、棚にあっても面出し率が高い。もともとブー… このレビューの続きを見る

 先日の「うそうそ」に引き続き、畠中恵さんの作品に挑戦。初めての「しゃばけ」以外のお話である。 夢で知りたいことを占うことができる能力を持つ弓月という小さな神社の長男が主人公。 長男とわざわざいう… このレビューの続きを見る

ゆめつげ

11:21:By T_plus!

 こっちもしゃばけの著者の方の江戸時代もの。 本の中でしっかり完結してますが、その後が気になる内容でもあります。 「ゆめつげ」の能力のある主人公が、行方不明の子供探しを頼まれる話。 ……でいいのかな、たぶん(笑)

畠中恵さんの「ゆめつげ」 友達と今彼女に凄いはまっていて、見つけたのでさっそく借りました 「夢告」ができる神官弓月とその弟信行の2人は、ある日縁があって人探しをすることになります でもそこには厄介ご… このレビューの続きを見る

3.3

ゆめつげ

15:19:By ほんのひとこと

小さな神社の禰宜である弓月は夢告で人探しを頼まれる。 探すのは青戸屋の一人息子である新太郎。 安政の大地震で5歳のときに行方不明になったきりだったが 今度探したところ3人もの候補が現れた。 大金持ち… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「しゃばけ」シリーズの文庫本を読了したので 同じ畠中恵さんの時代小説を読んでみました。 「夢告」という不思議な力で失せ物を探すのが得意な のんびり神官弓月。 そんな彼が礼金目当… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説/詩 JUGEMテーマ:読書 最近、ドラマ化で話題の「しゃばけ」シリーズの著者が描く、別の物語です。 今回は妖怪は出てこないのですが、これも中々面白い。 (作者さんはどうやら病弱が好きなようで、この主人公もまた特殊な能力&体調を崩しやすい) のんびりな兄としっかりものの弟のやり取りは中々ほのぼの出来てよかった。 終わり方も好みなものでした♪

3.3

ゆめつげ (角川文庫)

23:02:By 読書LOG

  

3.3

ゆめつげ (角川文庫)

22:10:By 読書LOG

 

夢に入って過去や未来を見る事が出来る「夢告ーゆめつげー」 それが得意?な のんびり屋の兄とサポート役のしっかり者の弟 ・・・・。 この時点で(冒頭) すでに顔がにやけて来ちゃったよ! お兄ちゃ… このレビューの続きを見る

これも同じく、Iちゃんが置いて行ってくれた本。 神社やら寺やらが好きな私としては面白かった。 …ってももちろんまじめな歴史の話っていうわけではないです。 事件がおきてる話なので、途中どきどきしたりし… このレビューの続きを見る

3.3

ゆめつげ

23:31:By 今日の一冊

江戸時代末期。神社の息子の弓月は、鏡の中に夢を結び望んでいるものを見る「夢告」という占いの才能を持っている。その能力で依頼されたのは、数年前の大地震でいなくなった大商人の息子「新太郎」探し。依頼主の… このレビューの続きを見る

夢告ができるお兄ちゃんとしっかり者の弟の神官が 問題に巻き込まれていく話 なんかファンタジーな気持ちで読んでいたら 時代が幕末なぶん、なんか時代の変化の流れに翻弄される神官とか浪人とか そういうの… このレビューの続きを見る

お盆中は多忙につき、ログインできないと思われます。 楽しみも多いのですが、新盆なので来客がひっきりなしなもので。 今は、畠中恵の「ゆめつげ」読んでいます。 比較的難易度が低いので、頭のリラックスにぴったり! もう読み終わるのですが、感想はお盆過ぎてからになります。

出版社 / 著者からの内容紹介 夢の中では見えざるものが見える……はず? 大江戸・不思議・騒動記! 小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。しっかり者の弟に叱られてばかりの弓月には「夢告」の能力があった。が、それは全く役に立たないしろもの。ある日、迷子捜しの依頼を礼金ほしさについ引き受けてしまうのだが…… JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜

JUGEMテーマ:読書 畠中恵さんのゆめつげです。 畠中さんのファンタジーは何か円みがあってとてもいいです。円みって何だと聞かれても答えられませんが。 しゃばけシリーズもそうですが和風ファンタジーがとても心地よく胸に収まります。 とても面白かったです。

五日連続でベイスターズの試合をテレビで見ていて。 うち三日がサヨナラ負けって。 悪夢としか言いようがないですよね。 やっぱりDVだと思う…。 「ゆめつげ」読了。 「しゃばけ」シリーズの作者の。 新し… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/7/8〜2008/7/11 [文庫裏表紙より] 江戸は上野の小さな神社で神官を務める、のんびり屋の兄・弓月としっかり者の弟・信行。夢に入って過去や未来を見る「夢告」が得意な弓… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 実はしゃぱけシリーズと間違えて購入(^^; そしてしゃばけシリーズより恐かったよぅ。。。 夜中に読んでたからかしら? あんなに土葬のシーンを細かく説明しなくても… それにしても動乱の世に生きていた人たちは大変よねぇ。

書店で見つけてラッキーな一冊。文庫派なので、ハードカバー情報は軽くスルーしていました。しゃばけシリーズ以外の作品も書かれているのは知っていましたが、シリーズ外を読むのはこれが初めてです。 小さな神… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 夢の中では見えざるものが見える……はず? 大江戸・不思議・騒動記! 小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。しっかり者の弟に叱られてばかりの弓月には「夢告」の能力があった。が、そ… このレビューの続きを見る

夢の中では見えざるものが見える……はず? 大江戸・不思議・騒動記! 小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。しっかり者の弟に叱られてばかりの弓月には「夢告」の能力があった。 が、それは全く役に立たないしろも… このレビューの続きを見る

-------------------------------------------------------------------------- 夢の中では見えざるものが見える……はず? 大江戸・不思議・騒動記! 小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。しっかり者の弟に叱られ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品