>
[Amazon] ブラックペアン1988

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ブラックペアン1988
ブラックペアン1988で自分のブログにレビューを書く

ブラックペアン1988

おすすめ!3.7 [3.7](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:256704位
  • Amazon価格:¥ 1,700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062142546(講談社)
ブラックペアン1988のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.7 [3.7]

一度死んで、生まれ変わる覚悟。 『ブラックぺアン1988』 海堂尊 バチスタ問題よりもずっと昔の東城大学付属病院が舞台です。 高階院長の過去がぎっしり!って感じです笑 なかなかの跳ね返りだったようで… このレビューの続きを見る

3.7

ブラックペアン1988

10:22:By my favorite

 日本の年号が「昭和」から「平成」に変わる少し前の物語。海堂氏の代表作、田口・白鳥シリーズの「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラル・ルージューの凱旋」などにも出てくる田口・速水・島津医師達が学生… このレビューの続きを見る

一気読みとはこのこと? 上巻での疑問点が解決していく話。 渡海先生の過去のわだかまり。 渡海先生の過去と佐伯教授との確執の行く先。 いろいろ書きたい気もするけど、 それよりも読んでもらいたい気もする… このレビューの続きを見る

チーム・バチスタの栄光で舞台となった東城大医学部での過去の話。の上巻。 天才外科医・渡海、佐伯教授、天下の帝華大学からの刺客・高階講師の間で行われる駆け引き。 新人研修医・世良がその間を奔走していく… このレビューの続きを見る

外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。(「BOOK」データベースより) 本… このレビューの続きを見る

ブラックペアン1988

14:34:By 受賞本

 ブラックペアン1988  著者 : 海堂尊  受賞歴 : 第21回山本周五郎賞 ノミネート

チームバチスタの 高階病院長が東城大学医学部に 赴任してきた頃のお話 医師1年生の世良君 素敵な男の子だなあ 患者さんを思う気持ち 誰にも使える技術 失敗したとき 修復できる技術 どれも大… このレビューの続きを見る

外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。 チームバチスタシリーズは、本も… このレビューの続きを見る

最近、『本』のカテゴリーつくろうかなーと考えている茉莉です。 なんか高階先生がブイブイ言わせていた本書ですが、なんというか、もう類は友を呼ぶ!ですね。時は1988年。(茉莉が生まれる2年前...。)初々しい… このレビューの続きを見る

  「必要なら規則は変えろ。 規則に囚われて、命を失う事があってはならない」 若き日の高階病院長の名言です。 さて、今回は毎度おなじみの海堂尊さんの「ブラックペアン1988」という作品に ついての感想で… このレビューの続きを見る

自分とは別世界の医療界の作品は小難しくて読み辛いだろうと思っていたのに、見事に裏切られました。 『ジーン・ワルツ』に続きこちらも読み始めると一気に読めちゃいます。 手術の詳細な部分は、よくわからないし… このレビューの続きを見る

ナイチンゲールの沈黙は駄作でしたが、これは かなり面白いです。特にバチスタの舞台や人物 の昔の姿を描いてるので、ほほぉそーゆーこと だったのか。という新たな発見もあり、より バチスタの人物像を深く理解できます。 バチスタを読んだ後に楽しんで欲しい逸品です。 日記・一般

3.7

ブラックペアン1988

21:39:By 読書LOG

 

チームバチスタの事件から遡る事20年。 昭和63年、バブル景気に浮かれていた頃の東城大学医学部付属病院でのお話。 外科医の研修医・世良君の視点で書かれていました。 元気で真っ直ぐでなかなかいい男だと思… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「チーム・バチスタの栄光」シリーズ。 時系列的には20年ほどさかのぼって 今の高階病院長が講師として赴任してきた時のお話でした。 あの飄々とした「タヌキ親父」が こんなに熱いアウ… このレビューの続きを見る

チームバチスタシリーズとかを読んだので、知っている人がいっぱい出てきて面白かったです。 その面白さもあるんだけど、それだけじゃなくて、内容としても面白い。 最後の方に、田口先生とか速水先生が出てき… このレビューの続きを見る

最近、この人の本にハマってます。 バチスタに続き、一挙に読んでしまいました。 専門用語とかバシバシ出てきて、難しそう?とか思うのに 何故か読みやすく、その世界に引き込まれてしまうのが 不思議だなぁ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/15 [講談社HPより] 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…… 大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。

《あらすじ》 昭和が終わろうとしている1988年(昭和63年)4月。研修医となったばかりの世良は、母校である東城大学医学部付属病院総合外科学に配属されていた。まだ国試の結果も出ていない彼の前に、高階という講師… このレビューの続きを見る

昔の病院の話。 最後にわかるのは、切なく悲しい事実だった。 人を信じるのは難しい。

田口・白鳥シリーズってわけではないのですが、それの地続き作品です(っていうか海堂作品は今のところすべて舞台が一緒らしいです) 「バチスタ〜」の時代から約20年前、1988年の東城大学医学部が舞台… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  海堂尊著『ブラックペアン1988』を読了。  時は1988年(昭和63年)。東城大学医学部付属病院外科の研修医・世良雅志は新参講師・高階、オペ室の悪魔と呼ばれる渡海、そして外科学教室の… このレビューの続きを見る

「ブラックペアン1988」(海堂尊) 時は1988年。東城大学病院に一人の男が赴任してきた。後に東城大学病院院長にまで上り詰める彼、高階の若かりし頃の東城大学病院を、研修医の視点から書き綴る。学内の権力抗争… このレビューの続きを見る

「チームバチスタ」以来、シリーズ読破です。 今回は白鳥さんも、不定愁訴外来責任者・田口さんも出てきません。 途中、なんだか読むのが面倒な部分もありましたが 急展開なオチからは、ぐいぐいと読めまし… このレビューの続きを見る

友達は、これ読んで「バチスタ」以降読み返してました(笑) どこにこの人が出てきたんだ!って気になったらしい。世代的にジェネラルルージュとグッチーとガンガン星人の上くらいと思うと、確かに気になるかもし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…… 大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な… このレビューの続きを見る

 評価は2500円。  宝島社の「このミステリーがすごい!」の受賞した『チーム・バチスタの栄光』シリーズのサブ・ストーリーで、タイトル通り1988年に起こった事件が描かれています。  まず、版元… このレビューの続きを見る

たまったレビューをひたすら書き倒す! これはひたすらに面白かった! チームバチスタから読んでますけれど、前巻あたりから俄然面白くなってきた、っていうか。 螺鈿で「えーなんだかにゃー」ってなって、ジ… このレビューの続きを見る

海堂さんの東城病院シリーズの番外編チックな新刊です。 つか、これシリーズ名は何がいいんですかね…。しっくりこないなあ〜。 表紙がカッコイイです^^ 中で特に説明がないので書いておきますが、医療関係者… このレビューの続きを見る

ブラックペアン1988

11:48:By adabana

内容(「BOOK」データベースより) 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。… このレビューの続きを見る

講談社HPより 内容紹介 驚愕手術の結末! 外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…… 大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。

関連する商品