>
[Amazon] 中原の虹 第四巻

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

中原の虹 第四巻
中原の虹 第四巻で自分のブログにレビューを書く

中原の虹 第四巻

おすすめ!3.4 [3.4](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:441767位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062143933(講談社)
中原の虹 第四巻のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.4 [3.4]

中原の虹 2

10:18:By 受賞本

 中原の虹  著者 : 浅田次郎  受賞歴 : 第42回吉川英治文学賞 受賞

JUGEMテーマ:読書  浅田次郎著『中原の虹』第四巻を読了。  天命が下り龍玉を持つ者が四億の民と四百余州を統べる。その伝説を信じ、たったひとつの思いを胸に激動の時代を生きる者たちの物語が堂々完結。  もっと読みたかったとも思うけど、ここで終わるのがきっと良かったんだとも思う。  以下、ネタバレ感想。

JUGEMテーマ:読書 図書館の返却期限に追われほぼ1日で読みきりました 超速読で読みきったせいか、読んだあとは「これで終わり?」って感じです。 先に読み終わっていた主人なんか5巻があるもんだと思っていました。 続編があるのでしょうか。

そして王者は、長城を越える。 龍玉と天命を信じ、戦いに生きる。英雄たちの思いは、ただ1つ。 ついに歴史が動く。感動の最終章。浅田次郎の最高傑作、堂々完結! 「答えろ。なぜ宦官になどなった」 「将軍はな… このレビューの続きを見る

中原の虹 第四巻

21:32:By 溺書録

 『蒼穹の昴』、『珍妃の井戸』に続く、清朝シリーズ最新作の完結編。  万里の長城を越えてきて漢民族を支配した、清の皇族である女真族の話と、清末の動乱の時代に現れた馬賊の頭目張作霖一味の話が交互に語ら… このレビューの続きを見る

そして王者は、長城を越える。 龍玉と天命を信じ、戦いに生きる。英雄たちの思いは、ただ1つ。 ついに歴史が動く。感動の最終章。浅田次郎の最高傑作、堂々完結! 「答えろ。なぜ宦官になどなった」 「将軍はな… このレビューの続きを見る

実は読み終わってました。これ。 ホント、中国行きたい。ヅチンチョンと万里の長城。それだけ。 中国は、デカい。 住んでる人間さえ良かったら、好きになるんだが。憧れるんだが。 そして、泣いた泣いた… このレビューの続きを見る

2007年新刊本ベスト、たかこさんからのエントリです。 ※第一巻は2006年中に出ていますが、1巻〜4巻までを1作品とみなします。 読まれた方はトラックバックとかコメントいただけると嬉しいです。

関連する商品