>
[Amazon] 高く遠く空へ歌ううた (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

高く遠く空へ歌ううた (講談社文庫)
高く遠く空へ歌ううた (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

高く遠く空へ歌ううた

3 [3](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:849158位
  • Amazon価格:¥ 20,447
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406275973X(講談社)
高く遠く空へ歌ううた (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3 [3]

高く遠く空へ歌ううた 著/小路しょうじ幸也  十人目の死体を見つけてしまったギーガンこと早川康哉こうや。小学6年生の彼は感情を表に出せない。そして見つける死体は自殺をしているのだが、現場には革ジャン… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/3〜2008/6/4 [文庫裏表紙より] 港に霧が出た夜には「赤眼の魔犬」が現れ、次の日には必ず人が死ぬ―。高くて広い空に囲まれた町で暮らす、少年・ギーガン。また見つけてしまった10人目の死体。現場には革ジャンの男が現れ、「犬笛」の歌声が聞こえてくる。父さんはなぜ自殺したのだろう。謎の糸が少しずつ解けていく優しいミステリー。

 死体を見つける特性を持つ少年・ギーガン。義眼だからギーガン。彼は左目に義眼を入れて以来、泣いたり笑ったり、感情を表に出すことがなくなってしまった。久しぶりに見つけてしまった10人目の死者は根本さん。… このレビューの続きを見る

昨日読み終わりました。 あらすじとしては感情をうまく表に出すことのできない男の子が主人公で、中盤に○○が死亡して、それからその子の感情が表に出てくるようになって、最後は○○が死ぬ原因になった人物が「解す… このレビューの続きを見る

関連する商品