DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 蟹工船・党生活者 - 小林 多喜二 のレビュー全28件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
蟹工船・党生活者 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

蟹工船・党生活者

3.1 [3.1](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:62701位
  • Amazon価格:¥ 432
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101084017(新潮社)
蟹工船・党生活者 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.1 [3.1]

FNN世論調査で分かった安保反対集会の実像 「一般市民による集会」というよりは…(産経新聞 9月14日) http://www.sankei.com/politics/news/150914/plt1509140020-n1.html 産経新聞社とFNN(フ… このレビューの続きを見る

文章表現うますぎ問題。オホーツクの海をはねる波のウサギが見てみたすぎ問題。へそのゴマ除去にいそしみたくなりすぎ問題。明日は我が身すぎ問題。でもこれよりましと思えるので日々のやる気を起すカンフル剤としてとてもよいお薬です。などといった問題を多く抱える問題作です。政治の話はやめよう。

今日の写真は、昨日の秩父里山ハイク…黄色に色づく前の国神の大銀杏の下でひと休みです。今日の「音読日めくり」は、小林多喜二『蟹工船』よりです。↑上のPLAYボタンをクリックして聞いてください。iPad,iPhoneをお… このレビューの続きを見る

 今日は晴れて暖かな日で、自転車で手袋が要りませんでした。15度くらいまで上がったようです。  さてこれも15日のことですが、党生活者を読了しました。戦前の共産党の地下活動を描いたもので、こんなこ… このレビューの続きを見る

3.1

尻切れ?

21:44:By あたけのぶろぐ

JUGEMテーマ:読書  今日もほぼ一日執務室、多少いろいろ片付いて精神衛生上よいと思ったらまたいろいろ背負い込んでしまいました。まだ゛成績つけてないのを催促されたり、上野の科学館から発注があったり。… このレビューの続きを見る

深夜、 蟹工船を観た。新井浩文がでてる映画はいい。松田龍平との組み合わせは絶妙。牧歌的な毎日を過ごしていたせいか何故か、妙にグサッと来て「今、やるべきことを、想像した未来のために確実にしなければ。」と… このレビューの続きを見る

3.1

小林多喜二【蟹工船】

01:22:By

不況で少し前に流行った本。蟹工船に乗り込んだ労働者の過酷な情景。読みづらかったです…。個人が特定できなくて、話がどんどん変わるからかな…?とにかく過酷な労働環境だなぁと。蟹工船すべてがそうだったわけじゃないだろうけど、監督によりけりかもしれないし。ちょっとイメージしづらかったかな。

ブームだと聞いて読んでみた。 作者の主義、思想とか…どけておいても、普通に小説として面白い。 それにしても、何とも凄まじい労働環境。 過酷な労働だけでなく、彼らの休憩所(寝起きする場所)の別称が「糞壷」っ… このレビューの続きを見る

3.1

蟹工船

12:48:By Emergency

 最近めちゃくちゃ読書にはまってます。 昨日とか本屋さんで四千円分くらい本を買いましたww まぁ文庫じゃない新書も買っちゃったから それくらい当然といえば当然だろうけど… 映画ネタも残ってますが、本が… このレビューの続きを見る

3.1

ほんの感想

15:23:By はつねどき

 おおーっ レビューってこうやって使うのかあ〜 蟹工船の方は、個人のイメージがわかないので、読みにくかった。方言もさらに。 劣悪環境の描写はきもちわるかった。垢で人間の皮膚が、鱗みたいに段々にな… このレビューの続きを見る

 こんばんは!nullです。夏ですね!おでかけシーズンですね!ADC展に行きそびれてガッカリしてたのですが、gggで、素敵な展示があるます!これは行かねば!!ラストショウ:細谷巖アートディレクション展http:… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 <前々回(蟹工船 【BTAB 1st -1】)読む<前回(蟹工船 【BTAB 1st -2】)を読むギレン・ザビが主人公だったらZhi-Ze: 今、ちょっと気付いた。面白くする方法。ちゃんと群像劇にすれば良い… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 <前回(蟹工船 【BTAB 1st -1】)を読むどうやったら、これは面白くなるんだろうか?Zhi-Ze: じゃ、ちょっと切り口変えていい?McStay: どぞ。Zhi-Ze: どうやったら、これは面白くなるんだ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「ナナヨン・ナナゴ・ナナロク」のメンバーが課題図書を読んで、意見を戦わせるチャット読書討論会「Battle Talk About Book」(略称「BTAB」……タイトルは今、適当に付けました。次回から変わってるかも知れません。第1回目の今回の課題図書は小林多喜二の『蟹工船』です。

小林多喜二さんの蟹工船・党生活者を読みました。 蟹工船のストーリーは海軍の下でカムチャッカの沖で蟹を獲る蟹工船。 様々な所から出稼ぎで乗員となった労働者に安い賃金で過酷な労働をさせていた。 そんな中… このレビューの続きを見る

なんかやたらと流行っているらしくて本屋の入り口に平積みでした。どっちかって言うと「党生活者」の方が好きだな。ラストに前編と書いてあったのは未完なんでしょうか。作者殺されてるしな。時代も違うし今のビンボー世界に丸ごと当てはめて感情移入はしないけれどもひとつの思想を持った人が体を張って書いた小説なんだなというのは評価する。

JUGEMテーマ:小説全般 さて、前作紹介からだいぶたって、 傾向を見てみる。やはり、時間を掛けて読むのはしっかりした作品で、読むべき作品は時間を掛けて読んでいる。これは、なにもじっくり読んで、読書を大… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 最近、問題になっているワーキングプア(働く貧困層)ですが この小林多喜二の「蟹工船」がはやってるらしい。 うちの父が、昔社会党員であり実家の本棚にあったのを思い出した。 「あの… このレビューの続きを見る

ブームだと聞いて読んでみた。 作者の主義、思想とか…どけておいても、普通に小説として面白い。 どっひゃぁ〜〜〜!ってびっくりな労働環境。 過酷な労働だけでなく、彼らの休憩所(寝起きする場所)の別称が「糞壷… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 先月末に読み終えた本ですが。 「蟹工船」って中学高校時代の文学史年表とかで必ず出てくる作品です。でも「プロレタリア文学」「作者は赤狩り捕まり警察署で死亡」って聞くだけで、何とな… このレビューの続きを見る

いわゆるプロレタリアートの精神性を理解するほどに切迫した社会に生きていない我々にとって、この物語は諧謔以上の重みを持ち得ない気がする。貧困に窮する労働者のヴィジョンをイメージすることはできても、それが実生活にフィードバックしない限り、あくまでファンタジーなのだ。

『蟹工船・党生活者』 小林多喜二

実は読んでません。 書店で表紙があまりに目を引いたので立ち止まっていたら 後ろからオットが 「昔家にこれあったなあ。読もうと思ったけど伏字が多くて読めなかった」 伏字? 「うん。×××が××××××だから… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今、 この「蟹工船」が異例の大ヒットのようです。 「文学史で習ってタイトルはインパクトあるけど、内容は。。。。」という人が多いと思います。 実は私もその一人。昨日から読み始め… このレビューの続きを見る

プロレタリア文学の代名詞、『蟹工船』。 今、若い人たちに読まれていると聞いてはいましたが、(→msnの記事) 先程Amazonを見たら、ただいま24位。 そう言えば、この間有隣堂でも平積みになってました。 い… このレビューの続きを見る

 

↑有楽町に同名の蟹料理の店がありますね。 「現代のワーキングプアを連想させる」と書店員さんがPOPをつけて展開したのが 火をつけて、再び売れているようです。「5万部増刷」って確かに凄い…。99刷だそう。 確… このレビューの続きを見る

蟹工船がブームらしい。  『蟹工船』ブーム   1933年、逮捕されたその日のうちに警察の拷問で虐殺された小林多喜二の小説、「蟹工船」が今マンガでかくれたブームになっている。  この小説は、戦後まもなく… このレビューの続きを見る

関連する商品