>
[Amazon] みんな元気。 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

みんな元気。 (新潮文庫)
みんな元気。 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

みんな元気。

2 [2](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:875006位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101186324(新潮社)
みんな元気。 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 2 [2]

カバー絵が米澤穂信の作品と同じ人のイラストだったので、なんとなくああいう作風かと思って買ったのですが(だいぶ前に)…え、何これ? 素人さん?みたいな印象でした。芥川賞ノミネート作家と知り愕然。個性的を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 舞城王太郎さん初チャレンジ。 う〜ん、よく分からなかったです。 自分の頭が悪い所為でしょうか。。。 でも、他の方のレビューを見てもあまり評価は高くないですねぇ。 違う作品を読んでみれば印象が変わるでしょうか。 またの機会に違う作品に挑戦してみよう。

JUGEMテーマ:注目★BOOK 舞城を読むには集中力がいります。 集中が足りなかったのか、全然だめ。 もう全然意味わかんない。 最後の方はまとまってきて家族愛とか言いたかったんだろうなぁっていうのは… このレビューの続きを見る

 前から気になっていた舞城王太郎の作品。最近はずっと短編集ばかりで、この作品も三つの物語が納められている。一作目からこんな作風だったかさだかではないが、右脳人間的な書き方をしているようだ。ところ… このレビューの続きを見る

2

みんな元気。

04:14:By i love ・・・.

大好き天才舞城だけど、今回はダメだった・・・。 短編集だけど、私が全く波に乗れず終了。 どんだけ時間かかったんだよ。 なんだろ、勢いが空回ってるようなそんな感じ。 でも、この世界観はやっぱり好きよ。 次は遠藤周作です。

舞城は不思議な作家だ。文体や、用いるテーマは非常に現代的で、ある意味では文学から逸脱している。しかし、そういったアカデミックな側面からは評せない面白さがある。突拍子もないアイデアの集合体を、リアルでシュールなものに変換するために舞城の文体はあるのではないか。つまりは確信犯だ。読みにくさは確かにあるが、その読みにくさを逆手に取って、彼の物語世界へと読者を強引に引き込んでいく。

単行本の同名作品から、「みんな元気。」「Dead for Good」「矢を止める五羽の梔鳥」の3作を収録。 薄めの厚さの短編集です。 内容は全く違うけれど、つまるところ3作品とも主題は同じなのかな。 その主… このレビューの続きを見る

夜中。 目が覚めると、姉がビミョウに浮いて寝ていた。 父母を呼ぶと、妹も浮いて寝ていることが判明した。 ところがその浮いてしまう妹が、見も知らない「飛ぶ家族」たちに掠われてしまう。 代わりにその家族… このレビューの続きを見る

関連する商品