>
[Amazon] 九月が永遠に続けば (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

九月が永遠に続けば (新潮文庫)
九月が永遠に続けば (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

九月が永遠に続けば

3.1 [3.1](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:121927位
  • Amazon価格:¥ 723
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101338515(新潮社)
九月が永遠に続けば (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.1 [3.1]

今まで読んだ事のない雰囲気をもった作品。 高校生の一人息子の謎の失踪してしまった母親の佐知子の不安な心情は痛いほど伝わってくるが、いろんなことが複雑に絡まりすぎて、ちょっと消化不良になりそうだった。 … このレビューの続きを見る

長い長い夏もなんとか終わって、 やっと読書に適した気候になってきました。 このタイトルのように9月が永遠に続けば、 今年だったら暑さでぶっ倒れていたことでしょう。(笑) 沼田まほかるさんの作品を初めて… このレビューの続きを見る

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子… このレビューの続きを見る

高校生の一人息子の失踪、愛人の事故死、別れた夫の娘の自殺…悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか…。 なんだこの不思議な引力!! 不可解過ぎてイライラもしたけど、引き込まれたー! ただ、終わり方はスッキリしなくて残念。 (5日読了)

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子… このレビューの続きを見る

*あらすじ*第5回(2004年) ホラーサスペンス大賞受賞高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れ… このレビューの続きを見る

沼田まほかるさんの『九月が永遠に続けば』を読みました。 ストーリーは高校生の一人息子の失踪にはじまり、 佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。 愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。 息子の行方を必死に… このレビューの続きを見る

『九月が永遠に続けば』おもしろかった。怖かったわー。結局この世で一番怖いのは狂った女であるという小説。そして女丸出しの一人称で進むこの小説を描いたのが50過ぎの女性であるという事実になによりも戦慄する… このレビューの続きを見る

 久々に本屋に出掛けて、本屋の手書き広告見出しに惹かれてミーハー気分で買ってみました。最近、小説には食傷美味で、レポートや専門書ばかり読んでいましたが、読むのを止められない作品でした。タイトルの… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】一人息子で高校生の文彦が行方不明になった。夜中にゴミを捨てに行ったきり家に戻らないのだ。財布も部屋に置いたままで、自分の意思で出ていったとは思えない。何か事件にでも巻き込まれたので… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:読書  「ホラー」という言葉も、「サスペンス」という言葉も、今まで私がそれらに抱いていたイメージと照らし合わせてみると、この作品にはしっくりこない。ずれている。にも… このレビューの続きを見る

離婚した元夫の再婚相手の娘(高校生)の交際相手(25歳)と肉体関係を持つ41歳の主婦。 このヘンな設定、好き。 だからというわけでもないが、面白かった。 悲惨な話だが。

関連する商品