DB Error: connect failed 九月の恋と出会うまで - 松尾 由美 のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 九月の恋と出会うまで

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

九月の恋と出会うまで
九月の恋と出会うまでで自分のブログにレビューを書く

九月の恋と出会うまで

おすすめ!3.6 [3.6](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:781889位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4104733024(新潮社)
九月の恋と出会うまでのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.6 [3.6]

≪内容≫ ふと偶然目が合ったくまのぬいぐるみが私に問いかける「引越ししちゃえば?」そう聞こえた。このくまがきっかけで引越しをする。そんな主人公に起きるSFチックな事件。どこにでもいそうな普通のOLがひょんなことがきっかけで誰も体験できないようなことをする。恋愛小説であり、そうじゃない。一途でピュアな思いが本の中からあふれ出している。   ←他にも本の感想が見れます

九月の恋と出会うまで

21:25:By

ミステリー、SF、恋愛? どれに当てはまるのかさっぱりわからない不思議な小説です。 読んでいてドキドキ感は味わえます。 過去をやり直したい。好きな人と一緒にいたい。その願いを叶えるのは一途な思い… このレビューの続きを見る

 これもどうもピンと来ない。イメージとしては月九風? 中身の雰囲気からすると、タイトルを『出逢うまで』にしそうなのに『出会うまで』なんだな。ふーん。

≪内容≫ ふと偶然目が合ったくまのぬいぐるみが私に問いかける「引越ししちゃえば?」そう聞こえた。このくまがきっかけで引越しをする。そんな主人公に起きるSFチックな事件。どこにでもいそうな普通のOLがひょんなことがきっかけで誰も体験できないようなことをする。恋愛小説であり、そうじゃない。一途でピュアな思いが本の中からあふれ出している。JUGEMテーマ:注目★BOOK

可愛らしくて、切なくて、優しい恋愛小説。 文章が読みやすくて、難しい内容ではないので、さくさく読めます。 同じ恋愛小説でも唯川恵や山本文緒とは全然違うので、後味爽やか〜〜な感じ。 オチはす… このレビューの続きを見る

松尾由美さんお得意のSF恋愛ミステリ。 やはり巧い。 雨恋もそうだったのですが、この手の作品を書かせたら右に出る者はいないと思いますね。 女流の方で、SFにミステリや恋愛小説を融合させる書き手といえ… このレビューの続きを見る

 普通に本棚でみかけただけだったら、読まなかっただろうなぁと思う本。たぶん題名を見ただけでは手をのばさなかった気がする。  でも図書館でこの本の装備をしたときに、なんとなくパラパラとページをめくって… このレビューの続きを見る

 初松尾作品でした。久しぶりですね、こういうSF的作品。     ヒロインの北村志織は、趣味の写真が原因でアパートにいづらくなった時、 焦げ茶色の熊のぬいぐるみに出会います。そのぬいぐるみに、「… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/6/24〜2007/6/26 壁穴から囁く不思議な男。戸惑いながらも志織は彼の奇妙な依頼を引き受けた。愛の魔法に導かれているとも知らず…。恋が恋を呼ぶ、知的でキュートな奇跡のラブストーリー。

[出版社商品紹介] 壁穴から囁く不思議な男。戸惑いながらも志織は彼の奇妙な依頼を引き受けた。恋が恋を呼ぶ奇跡のラブストーリー。

雰囲気がほんわかしているなあと思いきや。 そんなゆるゆる小説ではありません。 甘さと辛さというのでしょうか。 ビターアンドスィートなちぐはぐさがおもしろかったです。 ぬいぐるみのちぐはぐさも意識的で… このレビューの続きを見る

北村志織は、引越し先の部屋で、不思議な声を聞く。それは、壁のエアコンの穴から聞こえてくるようで…。 読者大賞に今年こそは参加させていただきたいなあと思っていて、 エントリー作品をなるべく読もうと思っ… このレビューの続きを見る

過去をやり直したい。好きな人と一緒にいたい。その願いを叶えるのは一途な思いだけ。 「もしもし、そこにいますか?」部屋の壁にあいたエアコンの穴から、不思議な男の囁き声が聞こえてきた。自分は一年後の未… このレビューの続きを見る

エアコンの穴から、不思議な男の囁き声が聞こえてきた。自分は未来から話しかけている、お願いしたいことがあるというのだ。志織は半信半疑でその奇妙な仕事を引きうけたが・・・。 恋が恋を呼ぶ奇跡のラブストー… このレビューの続きを見る

関連する商品