DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ラッシュライフ - 伊坂 幸太郎 のレビュー全31件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)
ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)で自分のブログにレビューを書く

ラッシュライフ

おすすめ!3.5 [3.5](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:180260位
  • Amazon価格:¥ 1,836
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4106027704(新潮社)
ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.5 [3.5]

出不精です。 いきなりですが、ワタシは出不精です。 元旦に出掛けて、次の日は干からびるほどベッドの上でだら〜。 そして昨日外へ出てみると…雪でした。 寒い寒いと聞いてたけど、寒いわ! と、ほぼだらだら… このレビューの続きを見る

解体された神様、鉢合わせの泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った失業者、拝金主義の富豪―。バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる。ミステリを読む快感と醍醐味がここに!新潮ミス… このレビューの続きを見る

  解体された神様、鉢合わせした泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った男、拝金主義の富豪・・・バラバラに進む五つのピースが、一枚の騙し絵に組み上がる! 出たっ!!黒澤さん(笑) リンクの仕方が巧すぎる!! あ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5)  あらすじ 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。 父に自殺された青年は神に憧れる。 女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。 職を失い家族に見捨てられた… このレビューの続きを見る

3.5

29冊目

14:40:By ただの日記

 

登場人物が一巡するまでは辛抱強く注意して読んでいく。 遠出をする用事があったので、往復の電車で読了。 読み終わったと思ったらまたはじまる。

 伊坂作品らしく複数の登場人物の視点がコロコロ変わる本作なんだけど、非常に分かりづらいというか、のめりこみづらい印象を受けたね!各人物の場面で起こる事件とか出来事がクロスしていくのもいつもの通り… このレビューの続きを見る

ミステリーは久々。 なんかコメディー劇みたいでほのぼのしてた 別の人生が同時進行で描かれてるかと思いきやものすごい細かいとこまで繋がってて、よくここまで繋げたなぁって感じ。 同時進行でわなく時間差で展… このレビューの続きを見る

何でも金で手に入ると信じている画商の戸田と 戸田と契約を結んだ新人画家の志奈子。 プロの単独泥棒黒澤と 偶然の再会を果たした大学の同級生佐々岡。 自殺した父に絶望し「高橋」を信じるようになった河原崎と 「… このレビューの続きを見る

伊坂作品を読むにあたって、楽しみな事があります。 "登場人物および出来事のリンク” これに気づくこと、だ。 内容は少し苦手でした。

3.5

ラッシュライフ

23:26:By 雑記

続いても伊坂作品。これも読んだの2回目。 話の中でも出てくる、表紙の騙し絵。 まるでこの絵の様なストーリー。 1組+4組のそれぞれの話が少しずつかすめ合いながら、4日間でそれぞれ進行していき、ほ… このレビューの続きを見る

昨日の夕立ちで自転車を置いてきてしまったので取りに行きつつ、サーティーワンでダブルがお得になっていたので久し振りに食べた。 ストロベリーチョコディップとキャラメルプラリネチーズケーキにしたんだけど、… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎読み進め計画、着々と進行中。今回はデビュー第2作「ラッシュライフ」を読みました。 読んでみての最初の感想は…うむむむ。ウマイ!ウェルメイド!時間軸!時系列!って感じですね。いやコリャホント… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  伊坂幸太郎著『ラッシュライフ』を読了。  恩人を裏切った若い画家・志奈子は金で買えないものはないと言い切る男・戸田と共に仙台に向かい、泥棒の黒澤はマンションを出るときに隣人と出会… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) 解体された神様、鉢合わせの泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った失業者、拝金主義の富豪―。バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 5人の男女のそれぞれのラッシュライフ。 泥棒の黒澤、失業者の豊田、精神科医の京子、画商の戸田、情緒不安定の河原崎。 成功者・敗残者・無法者と神を崇拝する信者。 接点のない5人が複… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 解体された神様、鉢合わせの泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った失業者、拝金主義の富豪―。バラバラに進む五つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる。ミステリを… このレビューの続きを見る

高橋と言う人がオーデュボンの祈りの優午に似ているなと思った。 一人だけ次元が違う立場に立って物事を見ているのが二人とも同じ。 そして二人ともバラバラにされようとするみたい。 伊坂幸太郎は次元の違う人… このレビューの続きを見る

lash、lush、rash、rush――ラッシュlife 買われた画家。礼儀正しい泥棒。神を解体する信者。 不倫するカウンセラー。拳銃を手に入れた失業者。 それぞれのラッシュライフの行方は。 ああ、伊坂幸太郎だわー… このレビューの続きを見る

もつれた糸が目の前にあったとして、すかさずゴミ箱にポイっとする人には向かない話かも。 わたしは大変楽しめました。(もつれた糸は解してみたいタイプ。) 構成がとても上手! 詳しいことは書きません。 ち… このレビューの続きを見る

ラッシュライフ

12:23:By ぶくわむ

重力ピエロがおもしろかったので続けて伊坂作品。 英語でなくカタカナの「ラッシュ」であるところに意味があるのもおもしろい。 「騙し絵」のような作品と書いてあったので、時間軸のズレは疑いながら読んでい… このレビューの続きを見る

自らトランクを開け、歩き出したバラバラ死体。神様の仕組みを暴くため、教祖を解体する信者たち。鉢合わせした二人の泥棒。ひょんなことから拳銃を手にした失業者。金で買えない物はないと思っているアブラギッシ… このレビューの続きを見る

伊坂先生、おみごとでしたー! だいぶ前に一回読んだんだけど、もう一度読んでも楽しい!! そして二度目だと、一度目に気づかなかったところとかがわかったり、他の作品の登場人物がでてるのに、ニヤニヤできて… このレビューの続きを見る

読み始めのうちは「場面転換が多い」って印象がありましたが。 犬とか好きな日本語、とか色々共通するものが出てくる辺りからあれ?と思い出し、 ラスト、全てがパキッと繋がります。 ある宗教の信者の若者、丁寧な泥棒、不倫関係にある男女、画家と画商の物語が次第に交錯していくのは見ものであります。 ただ、読んでる時にちょっと間が空くと、ラストの意味が分からなくなるかもしれない…

神様を解体する男、浮気相手の妻を殺そうとする女、瞬間移動のできる泥棒、失業した男と犬、金ですべてを動かす画商、五つの話が展開し、そして収束するとき…。 バラバラの話が最後に実はつながっていた! なん… このレビューの続きを見る

長いです、けど一気に読ませます。 さすが伊坂作品。 5つのストーリーが代わる代わる描かれ、 ところどころが繋がっていて。 登場人物たちの語るコトバは 味わい深い、意味の深いことがいっぱい。 そして、さっぱりしたエンディング。 私には、ハッピーエンドに感じられました。 人によって、感じ方の分かれるところかもしれないけど。 後を引くんだよな、伊坂作品。 次は何にしよう。。

交差する5つのストーリー。 仙台駅を終着点に、成金と犬と失業者と泥棒とカルト教信者と死体と不倫カップルが織りなすだまし絵の世界。 交錯した時間軸は私たちをまどわせ、やがて大団円へと収斂する。 舞台とな… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;ラッシュライフ 伊坂幸太郎 泥棒のプロフェッショナルである男に、父に自殺され神を崇める青年、殺人を企て不倫相手との再会を企む女性カウンセラーに、仕事と家族に見放され野良犬を拾った男。 … このレビューの続きを見る

関連する商品