DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 陰翳礼讃 - 谷崎 潤一郎 のレビュー全18件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 陰翳礼讃 (中公文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

陰翳礼讃 (中公文庫)
陰翳礼讃 (中公文庫)で自分のブログにレビューを書く

陰翳礼讃

おすすめ!3.8 [3.8](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:659位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 244
  • ISBN/ASIN:4122024137(中央公論新社)
陰翳礼讃 (中公文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.8 [3.8]

text by yabuuchi久しぶりに谷崎潤一郎の『陰影礼賛』を読んでみる。昭和の初めに書かれたこのエッセイは、美術だとかデザインだとかを勉強している学生は半ば強制的に、時には自主的に通る道で、ご多分にもれず、… このレビューの続きを見る

warazi

20:55:By hibi

今日もAme梅雨っぽくない雨、ごうごうごう。びしょぬれで帰って来る。明日も雨。今日は、先輩にワンデーの調子を見てもらう。まだまだまだ。良いね、って言ってもらえるところは少なかった。直すところばかり。私は… このレビューの続きを見る

 しかし、何遍読みましても、 谷崎潤一郎の文章は、流麗であります。 マゾのエロ爺 !!! 瘋癲老人日記などは、 川端康成 - 眠れる美女 と並ぶ、変態小説に他ならない。 ピグマ… このレビューの続きを見る

人はあの冷たく滑かなものを口中にふくむ時、あたかも室内の暗黒が一箇の甘い塊になって舌の先で融けるのを感じ、ほんとうはそう旨くない羊羹でも、味に異様な深みが添わるように思う。(本文より) ――西洋との本質… このレビューの続きを見る

ご存知、文豪谷崎潤一郎氏の歴史的名著。節電で暗い今、この書が説く日本の美を再発見し、そして日本らしい復興をしたいものです。明治以来の富国強兵、脱亜入欧の思想から、たとえば梅原猛先生はこれからは帰亜親欧だ、とおっしゃってましたが、まったく同感。そして陰翳を礼賛する日本人の豊かな感受性でもって、今一度すばらしい日本を作っていこうではありませんか。

 今朝の日本経済新聞に興味深い記事があった。 米国人の建築家、ジェフリー・ムーサスはマサチューセッツ工科大大学院で建築を学んでいたころ谷崎潤一郎の「陰影礼賛」の英訳版を読み、厠についての一節が印象… このレビューの続きを見る

3.8

陰翳礼賛

02:34:By Palette

この一年で感覚的に合わなくなったものがある。ずっとわたしを照らし続けていた「蛍光灯」である。もう耐えられないと思っていると、壊れてしまった。偶然かもしれないけど、ものにも気持ちは伝わるのだろう。いつ… このレビューの続きを見る

 自己満足でやってた写真サイトも消しました。 なんか全部全部真っ白にしてやり直そうって思った。4月だし。 写真を撮るのは大好きで、 美大の写真専攻に進まなかったのは後悔してたりするんだけど、 (… このレビューの続きを見る

陰翳の技術

14:46:By 未来ノオト

陰翳の 喪失か 新たなる 陰翳の 創造か 気に入っていただけたら→人気ブログランキングへ →太陽光採光システム

 言わずとしれた名書。日本の美と深い関係にある「陰翳」について考察する本かなり主観的な記述が多いですが陰翳に対する洞察力とそれを表現するきめ細かな文体は読み手の想像を掻き立たせ、深い感銘を与えてくれると思います京都の寺のあの幽玄味のある空間を体験した直後に読んでいるので谷崎潤一郎氏の語る言葉がイメージしやすい

陰翳礼賛

00:34:By 亜希乃

 

原研哉氏の【デザインのデザイン】で紹介されていた本書をやっと読んだ。 光と影を対比させる事で生み出される日本独特の文化や様式。そこにはまるで呼吸をするかのように張り詰められた空気と緩やかな【間】があ… このレビューの続きを見る

最近読みはじめたこの本ですが・・・ とても面白い匂いがするのです! ちゃんと読み終わったら書きなおします。 ということで今のとこ感覚で星4つ。

日常で決して目立つことはなく目に留まる時といえば、それが 邪魔なときに特に意識がいくくらいのものが影(陰)で、 その陰とともに美意識や文化が発展していった日本。 そんな話を読んでいて、「ワンピース… このレビューの続きを見る

陰翳礼讃 (中公文庫)

02:28:By 十一月

ガイジンが日本(人)を片思い的な気分で思うときの必須アイテムでしょ? と想像し、読むに至らなかった本。そして読んでみたら、ほんとに想像していた通りの本。 くどいのね。でも、このくどさがいいのでしょう… このレビューの続きを見る

日本語の持つ美しさに、まず圧倒されてしまいました...。 私たちは、何てきれいな言葉を持つ民族なんだろう、と思う反面 最近の自分がしゃべる言葉の乱れように、ちょっと反省... ”陰翳礼讃 ”とは、言葉どおり… このレビューの続きを見る

3.8

陰翳礼讃

00:41:By

日本発単行本第三弾。 日本の美をとことん礼讃した随筆で、目の付け所は指すが谷崎さん。 蝋燭の元で輝く日本食と日本食器から始まり、濁りと怠けの美学、恋愛の輸入から、客嫌いの頑固ジジイについて、スローな旅の風流、そして厠の話で終わります。

先日読み終わった、原研哉さんの著書「デザインのデザイン」の中に谷崎潤一郎さん著書の「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」という本が出てきます。 当時、原さんの周りの方々が「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品