>
[Amazon] まんまこと まんまことシリーズ 1

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

まんまこと まんまことシリーズ 1
まんまこと まんまことシリーズ 1で自分のブログにレビューを書く

まんまこと まんまことシリーズ 1

おすすめ!3.3 [3.3](25件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:767543位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:416325840X(文藝春秋)
まんまこと まんまことシリーズ 1のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(25件) 3.3 [3.3]

3.3

まんまこと

19:51:By くねくね式

結局シリーズものをオシリから遡って読んだようです・・ これがシリーズ1番目の本でした。 これを読んでやっと、麻之助がおゆうに想いを寄せる理由が分かったのでした! やっぱりシリーズものは最初から読まないと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本ぶっちゃけまぁまぁ。でもそれなりに楽しめた町名主、麻之助と清十郎。あと岡っぴきの吉五郎だっけ??この三人が事件を解決する話。個人的には清十郎がスキです。きっとすばらしい名主になってくれるでしょう。なんか江戸時代の青春ストーリーですね。畠中恵さんぽく読みやすいっちゃ読みやすい。.

3.3

まんまこと

15:49:By *R

とにかくしゃばけシリーズを一気に読んでしまおうとしたので、今更読んだ。 一太郎とちがって、元気なんだけどやる気のない(?)主人公。 友達がまた美形と堅物の三人組。 生活にゆとりがあるっていうのも、いいんだよな・・・ 本当にキャラ作りが王道を行くかんじで、やられてしまいます!先生! しゃばけシリーズよりは、ちょっと大人な話かな?

JUGEMテーマ:読書  畠中さんの時代小説。神田の名主の息子、麻ノ助は、16を境に「お気楽もの」になってしまった。しかし、聡明さとやさしさはそのままで持ち込まれる難解な事件をどこにも角が立たず、う… このレビューの続きを見る

まんまこと

13:22:By 受賞本

 まんまこと  著者 : 畠中恵  受賞歴 : 第137回直木賞 ノミネート

まんまこと

22:31:By *SYK*

  女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!?嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子として生まれた麻之助。これが、たいそうなお気楽もので、周囲は… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる騒動(いまでいう民事の範疇)を、やや頼りない跡とり息子・麻之助とふたりの悪友…男前でモテモテの清十郎、堅物の吉五郎が活躍し、絵解きします

女好きの悪友が念者のふりをしろと言いだした!? 嫁入り前の娘にできた子供の父親は一体誰なのか。 玄関で揉めごとの裁定をする町名主の息子として生まれた麻乃助。 これがたいそうお気楽もので、周囲は気がも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ 女好きの悪友が念者のふりをしろと言い出した!? 嫁入り前の娘にできた子供父親は一体誰なのか。 玄関で揉め事の裁定をする町名主の息子として生まれ… このレビューの続きを見る

[出版社商品紹介] 江戸は神田の古い名主の家に生まれた麻之助。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが…。 目次:まんまこと/柿の実を半分/万年、青いやつ/吾… このレビューの続きを見る

まんまこと

23:41:By よそゆき

町名主の跡取り息子・麻之助は、近所でも評判のぐうたら息子。 けれど一度事件が起きれば、飄々とした態度ながらも腕前の方は? 江戸時代人情ミステリ。 大きな事件じゃないけれど、 当人たちにとっては大問… このレビューの続きを見る

しゃばけシリーズや、ゆめつげとも異なる時代物。 装丁はかわいらしいのですが、 雰囲気は大人向けで、ほろ苦い人情ものかな。 しゃばけ最新刊を読んでも思ったんですけど、 作者的にはこういうテイストの方… このレビューの続きを見る

や〜、面白かった!相変わらず派手じゃなく痛快な畠中恵作品。 麻之助はじめ3人の男衆が、本当にカッコいい! 放蕩息子の振りして、悪党の上を行く切れ者。 優男なのに、百戦錬磨。 幼馴染を本気で殴るぐらい融… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズは『まんまこと』というタイトルです。意味は「真実。ほんとうのこと」。江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる… このレビューの続きを見る

3.3

「まんまこと」

20:27:By かんが日記

また、しばらく間が空いてしまいました。m(__)m 予告どおり、BONBONママさんに薦められた一冊です。 【出版社 / 著者からの内容紹介】 「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズ… このレビューの続きを見る

《あらすじ》 町名主の跡取り息子・麻之助は元は評判の良い若者だったのに、ある日を境にお気楽な人間に変わってしまった。それでも、名主の息子として動かなければいないときは渋々ながら父親の名代として働いて… このレビューの続きを見る

「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズは『まんまこと』というタイトルです。意味は「真実。ほんとうのこと」。江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる騒動(いまでいう民事の範疇)を… このレビューの続きを見る

 タイトルにある「まんまこと」とは、「本当のこと」の意。  お江戸は神田の名主、高橋家の息子・麻之助のところに持ち込まれた、住民たちの揉め事の数々。当時は、長屋の大家である差配の手にが余るが奉行所へ… このレビューの続きを見る

文藝春秋 / 2007年4月10日初版 / 1400円 江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる騒動(いまでいう民事の範疇)を、やや頼りない跡とり息子・麻之助とふたりの悪友----男前でモテモテの清十郎、堅物の吉五… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズは『まんまこと』というタイトルです。意味は「真実。ほんとうのこと」。江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる… このレビューの続きを見る

3.3

まんまこと

18:51:By ぼちぼち

呑気な跡とり・麻之助が人情のもつれをさばきます! 江戸は神田の古い名主の家に生まれた麻之助。支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが 文藝春秋HPより 「しゃ… このレビューの続きを見る

名主の息子麻之助は、悪友二人とともに、持ち込まれる騒動を解決していく。 しゃばけシリーズではありません。 ついにしゃばけシリーズは既刊を読み終わってしまったので、他に手をだしています。 麻之助は当… このレビューの続きを見る

まんまこと

23:33:By NewBook

「しゃばけ」シリーズがブレイク中の気鋭・畠中恵さんの新シリーズは『まんまこと』というタイトルです。意味は「真実。ほんとうのこと」。江戸は神田の古名主の玄関先に持ち込まれる騒動(いまでいう民事の範疇)を… このレビューの続きを見る

桜も満開。 お花見には行きましたか? 私はここ最近、毎日のようにお花見してます。 ……1人で… 今日も今日とて、お弁当を持って平和公園まで出向き、ベンチに座ってボーっとお昼ご飯を食べて、ぼんやり本を… このレビューの続きを見る

引っ越した矢先に近所の本屋さんが潰れたので 本はネットで買っていこうかな・・・。なにより出不精なもんで。 でもここ最近は歩きすぎてヒールがブッ壊れました。 速攻で母に電話して「壊れました!!」と報告… このレビューの続きを見る

関連する商品