>
[Amazon] 俳風三麗花

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

俳風三麗花
俳風三麗花で自分のブログにレビューを書く

俳風三麗花

おすすめ!3.4 [3.4](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1231397位
  • Amazon価格:¥ 12,451
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163258604(文藝春秋)
俳風三麗花のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.4 [3.4]

俳風三麗花

13:20:By 受賞本

 俳風三麗花  著者 : 三田完  受賞歴 : 第137回直木賞 ノミネート

3.4

俳風三麗花

13:07:By The Samantha Times

あらすじ 昭和7年夏、秋野暮愁が主催する暮愁庵句会に、3名の若い女たちが加わった。大学教授の父を亡くしたばかりの阿藤ちゑ、東京女医専門学校の学生の池内壽子(ひさこ)、そして浅草芸者の松太郎。句会を通し… このレビューの続きを見る

俳風三麗花

22:55:By たちばな

大戦前〜中くらいの時代の句会のお話です。終盤の方には「五族協和」という言葉も出てくるような。ほっこりとする春のようであり切ないというか何というか。言葉でうまく言えませんが、いいなと思える本でした。俳句の面白さも分かったような気がします。装丁で第一印象をもつと敷居が高そうですが、他の方にも是非読んでもらいたいです。

暮愁先生が主宰する「暮愁庵句会」に集う人々の中に、うら若き三人の女性がいた。 直木賞候補の作品です。 これで今回の直木賞候補で読んでいないのは北村先生の作品のみ(笑)だって続き物なんだもの。 しっ… このレビューの続きを見る

俳風三麗花

20:53:By 溺書録

 直木賞候補に挙がりながら、「これの受賞はねえだろう」と思い、図書館に予約しておいた本。  だって今回は北村さんで決まりでしょ。三田さんと松井さんに予約入れとこっと、ぽちっとな、とネット予約したら、あ… このレビューの続きを見る

2007年新刊本ベストへのエントリです。 自分でエントリ。 読まれた方、トラックバックやコメントをいただけると嬉しいです。

3.4

俳風三麗花

22:04:By a bird shop

時は昭和7年。 ちゑの通う暮愁先生の句会に、垢抜けたモダンガールの医学生、壽子と 浅草芸者の松太郎が入会する。 暮愁先生にひそかに思いをよせるちゑは何やら落ち着かない気持ちに・・・・ そのまま暮愁先生… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想