>
[Amazon] ソロモンの犬

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ソロモンの犬
ソロモンの犬で自分のブログにレビューを書く

ソロモンの犬

おすすめ!3.3 [3.3](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:854219位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4163262202(文藝春秋)
ソロモンの犬のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.3 [3.3]

さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。青春ミステリー傑作 道尾秀介直木賞受賞という事で1冊読んでみました。(読んだのは2月です)初読みで… このレビューの続きを見る

* あらすじ* 秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、まだ幼い友・陽介の死で破られた。飼い犬に引きずられての事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた秋内は動物生態学に詳しい間… このレビューの続きを見る

 最近注目の作家と思いつつも、ジメっとした暗い印象の作品は読みたくないなぁとワガママなことを考えていた折、この作者の青春三部作の1つ、『ソロモンの犬』のことを知りました。あんまり暗くないという評判を… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】ある夏の日、大学教授の息子である、小学生の陽介が、愛犬に引きずられるような形で交通事故に遭い、亡くなってしまった所を目撃してしまった大学生の静は、同じくその現場近くにいた友人の京也… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/1/12〜2009/1/13 [文藝春秋HPより] さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。青春ミステリー傑作 『… このレビューの続きを見る

椎崎教授の一人息子である陽介が事故で死んだ。 彼を車道に引っ張り出した飼い犬のオービーはいなくなったままだ。 現場を目撃したバイト中の秋内は 近くにいた友人の京也と彼女のひろ子、 そして想いを寄せる… このレビューの続きを見る

 秋内静の目の前で起こった交通事故。亡くなったのは、愛犬オービーに引っ張られ道路に飛び出した幼き友人陽介だった。飛び出す直前にとったオービーの不可解な動きは? 秋内は、事故の謎を探るためにロードレー… このレビューの続きを見る

『向日葵の咲かない夏』、『シャドウ』に続いて、道尾秀介を読むのはこれで三作目だが、いまのところどれもハズレがない。「細かい気配りに気がつく青年ではない」大学生を主人公に据えることで、どこかあぶなっか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説/詩  評価は1500円。  最近、注目度がグングン上っている道尾秀介を読んでみました。まだ文庫がほとんど出ていないので、そんなに人口に膾炙はしていないですが、これから認知度が上… このレビューの続きを見る

「一度、ちゃんと話し合うべきなのかもしれない」   (中略) 「この中に、人殺しがいるのかいないのか」(本文より)  道尾さんの新作は、青春ミステリでした。  主人公の秋内静(せい)は、自転車便のバ… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。青春ミステリー傑作 『向日葵の咲かない夏』がだめだったので、い… このレビューの続きを見る

3.3

ソロモンの犬

21:51:By ぼちぼち

さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか? 飄然たるユーモアと痛切なアイロニー。青春ミステリー傑作文藝春秋HPより さて、ミステリでは今一番注目してるかも、の道尾秀介さんの… このレビューの続きを見る

関連する商品