DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 死神の精度 - 伊坂 幸太郎 のレビュー全152件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 死神の精度 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

死神の精度 (文春文庫)
死神の精度 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

死神の精度

おすすめ!3.6 [3.6](152件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:10400位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167745011(文藝春秋)
死神の精度 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(152件) 3.6 [3.6]

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かも しれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断を… このレビューの続きを見る

新作『死神の浮力』を読むにあたり約8年ぶりの再読。本作の構成は全6編からなる連作短編集である。 内容的には本当にバラエティーに富んだ伊坂ワールド全開。 恋愛小説、密室物、ロードノベル、ハードボイルド… このレビューの続きを見る

【伊坂幸太郎 文春文庫】 死神を主人公にした連作短編。 他の伊坂作品よりは相互のリンクは弱いかなぁと思いましたが。 でも最終話での繋がり方はやはり爽やかな感動があります。 以下はネタバレ有でそれぞれの感想。

 【感想】もうすぐ死ぬ予定の人間のところに、その人間が死ぬべきかどうかの判断をするために死神が人間の姿をしてやってくる…っていう話を集めた短篇集ですね。ぱっと見は穏やかで優しげでミュージックが大好… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

12:32:By niko niko*

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をく… このレビューの続きを見る

*死神の精度

22:18:By 本のなる木

音楽好きで、極度の雨男がいたら…彼はきっと死神でしょう。 『死神の精度』 伊坂幸太郎 以前、グラスホッパーに挫折してから、 苦手意識を持つようになってしまった伊坂さんの小説ですが、 これなら読めるか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:書評        死神の精度  伊坂幸太郎 著   ネタバレはありません、恐らく。 m(_ _)m

[目次](「BOOK」データベースより ) 死神の精度/死神と藤田/吹雪に死神/恋愛で死神/旅路を死神/死神対老女

3.6

70

02:45:By mezase500

 あ

3.6

死神の精度

18:48:By 無罫線自由帳

2010年に入って初めて買って、初めて読み終わった本。 各章の繋がりや最後のからくりは伊坂作品らしいが、 「死神」をテーマにした話としてはインパクトに欠けた。 ただし、死神という本来ならばダークで重々しい雰囲気になりがちな題材を、 淡々とユニークに扱っている部分は、非常に斬新で面白かった。 

3.6

読了

00:10:By 日々妄言

Amazonの高評価に釣られて読んでみたのですが 期待していた程じゃないような… 死神のお茶目な姿には(本人は至って真面目)時々クスっとさせられましたし最後の話で綺麗にまとまってるんですがちょっと物足りなかっ… このレビューの続きを見る

  またまた、伊坂作品のご紹介です。 初めは、「表紙がかっこいいなー」なんて感じで手にして読み始めたんですが… いやー、伊坂ワールド全開な一冊でした。 ラストになっとくと言うか…うん。というか、恋愛小… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度 伊坂幸太郎

01:02:By

  初なる伊坂作品。 なんとなくとっかかりにくかったけど、友人に薦められて読みました。 いやぁ、読みやすかった! 短編が5本、、って言ってかな? 死神が共通の主人公で、5つのストーリー。 なんとも言え… このレビューの続きを見る

3.6

死神の仕事紹介

01:04:By HoliHoliday

  死を間近にした人に、生か死か、最後の判断を下す「死神」の話。 知らずに近づく死期に対し、生きることの諦めや、死ぬことの安堵感など 人それぞれの死へのパターンを紡ぐオムニバス。 よくできているからこそ、まとまりすぎてて。 面白いけど軽すぎて。

4TEEN読了。次は死神の精度。将来のことなんてまだわからないから、就職活動は頑張って、働きながら何したいか決めようかなーって思うのは完全に出遅れてる?ただ外国で日系の会社でのんびり〜なんてことがそうそうないと分かり、就職活動が迫ってきた今日、焦ってます。あんまり深く考えるのはやめよう・・・

 誰が死のうと、私には関係もなければ興味もない。けれど、私は今日も、人の死を見定める為にわざわざ出向いてくる。なぜか? 仕事だからだ。クールでちょっとズレてる死神、千葉が出会った6つの物語。伊坂作… このレビューの続きを見る

死神の精度

01:22:By うみとてがみ

JUGEMテーマ:伊坂幸太郎死神の仕事がわかる一冊。この話では死神の千葉さん(仮)にスポットを当てた密着取材のようで死神は様々な仕事をしているのだ。探偵業や居候、名探偵やお悩み相談、客引き、果ては人質まで… このレビューの続きを見る

連作短編集。 『クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生』 登場人物が絞られているので読みやすかった。まぁまぁ好き。 金城武さんで映画化されたんでしたっけ。未見ですが。 金城さんといえば『天使の涙』。 『傷だらけの男たち(傷城)』は見るの忘れてる。

死神の精度

23:39:By Sucre-Livre

 <あらすじ>?CDショップに入りびたり?苗字が町や市の名前であり?受け答えが微妙にずれていて?素手で他人に触ろうとしない――そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査の後、対象者の死… このレビューの続きを見る

 ということで毎度おなじみの伊坂幸太郎作品なんだけど、これは映画化もしてるし伊坂作品の中でもかなり有名なほうだろう!「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの… このレビューの続きを見る

死神の精度

02:01:By passage

JUGEMテーマ:読書感想文 久々に読んだ本(+α)の感想を軽く。 っていっても、去年読んだのとかも含まれるので、思い出しつつだけど。ていうか本当は読み直せばいいんだけど、なんか次から次へと読みたい本が増えて… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

19:27:By KEY OF LIFE

「チルドレン」「終末のフール」に続いて読んだ伊坂幸太郎作品は、この「死神の精度」。この物語の主人公は、調査員の死神・千葉。死神って、FFの呪文「デス」のように持っているカマでジャキーンって切りつけるっ… このレビューの続きを見る

3.6

57冊目

15:57:By ただの日記

 

JUGEMテーマ:日記・一般JUGEMテーマ:日記・一般 恋愛で死神がとても好き. 伊坂ワールドって感じですね. コミュニティーで絶賛されてましたが本当に良かった. 死んだ牛はうまいか 笑いました. ミュー… このレビューの続きを見る

うー、どの話も面白い。 ドラマになっているらしいので、見てみようかな。 十和田湖や奥入瀬は、安心する スプレーくん(「旅路を死神」)が言っていたことに共感する 去年、ychと渓流沿いを下流から歩いたときのことを思い出した よかったなア。奥入瀬も十和田湖も。蔦温泉も 行ったことがある人とはあの良さについて話したいし、行ったことがない人にはおすすめしたい! また行きたい!

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をく… このレビューの続きを見る

今月はのんびり読む時間がない。とかいうのは言い訳だよなー。時間は作るものだ。死神の精度、映画化されてたらしい。今度見てみよう。主人公は「千葉」と名乗る死神で、選ばれた人物が、一週間後に死ぬにふさわし… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度+病院

15:14:By スピカ

今日は有給とって耳鼻科と胃腸科に行ってきました。 保険証があるうちに完治させんと後が辛い…!と悟り。 前の会社の時は仕事辞めてから通おうっと、とか阿呆な事を考えていて…。。。 仕事辞めて、なんの手続きも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:最近読んでる本  内容(「BOOK」データベースより) CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、 受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない― そんな人物が身近に現れた… このレビューの続きを見る

死神の精度

23:59:By

重力ピエロに引き続き、またまた伊坂作品。7日間の調査後に対象者の死を見定める、クールで少しずれている死神を取り巻く6つの人生の物語。(Wikipediaより)死神のキャラクターが愛おし過ぎる。それだけでこの小… このレビューの続きを見る

いやぁ、空がギラギラ光ってます… 関西に大雨洪水警報、出ましたそうで。 音はそれほどでもないけど、ほんっとにギラギラ光りっぱなし やっぱり、怖くないことはない… さて、気を取り直して。 この本、非常によ… このレビューの続きを見る

3.6

構成が好き

19:39:By HOME 

 引っ越し先の人そうじしてくれていっても、いいんじゃないか?というか、礼儀だろう。

死神の精度

21:25:By 受賞本

 死神の精度               映画化  著者 : 伊坂幸太郎  受賞歴 : 第134回芥川賞 ノミネート         2006年本屋大賞 3位         2005年傑作ミステリーベスト10 4位

35周年の文春文庫。 なんだか目のつけどころがいいんじゃない? 小説に登場する「いい男」。 当然いろんなタイプがいるけれど、きゅん!とくる「いい男」感想文を毎月募集しているみたいです。 リーフレットも素敵… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

23:51:By remark

 CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。

弟に借りて読んでみた、初伊坂幸太郎。 おもしろい・・・!! この死神のたんたんとしたキャラがすごくいい! 軽く楽しく読めて、元気が出る。

時間軸が 思いのほか長くって きっとわざとやろうけど 触れとらん箇所が多くて 想像の余地がいっぱいあって 面白かった

伊坂熱は冷めておらず、現在、「死神の精度」を読破中。 短編集なのでゆっくり読んでいます。 喉がお疲れ気味なので、今日は歌うの休息。

JUGEMテーマ:読書  内容(「BOOK」データベースより) CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かも… このレビューの続きを見る

 この本をくれた友達の情報によると、この伊坂幸太郎という人も最近流行の作家らしい。まあまあ面白いかな、と思って読んだ。でも「これは面白いんかな?」と思いながら読んでる時点で微妙ってことか?と思っ… このレビューの続きを見る

   一週間の調査ののち、「可」か「見送り」か判断を下す死の調査員・死神。 クールでちょっとズレている死神が出会った6つの物語。 人間離れしているのに人間身を感じてしまうのは何故だろう?? こんな死神なら会ってみたい気がしちゃう(笑) 映画のほうも観たくなった。 伊坂さんの世界観がとにかく好きだ!!

3.6

死神の精度

00:29:By かたくりこ

前の本が読み終わって4日・・・ もう次の読み終わってしまった! 死神の精度 伊坂幸太郎さんの著書 伊坂さんのは読みやすいし、 おもしろいし、 あっという間に読み終わるわ〜 逆にそれ困るんですけど ではでは… このレビューの続きを見る

 渋い……。【粗筋】CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の… このレビューの続きを見る

3.6

死神っているのかな。

00:22:By

休憩時間にさくっと読めました。先輩に本読むのはやすぎるといわれました。 内容は、ざっくり言ってしまえば死神の話です。(ざっくりしすぎ) 死神が「可」か「見送り」と判断することにより、人は死んだり死ななか… このレビューの続きを見る

今回読んだのは、文春文庫、伊坂幸太郎さんの「死神の精度」です。 ジャンルはミステリー、ページ数は350ページほどです。 □ こんなあらすじ 死神である主人公、千葉はこれから死ぬかもしれない人間を調査する… このレビューの続きを見る

チルドレン。

00:13:By alley

こんばんは。 今日は新規スタッフの採用面接だったんだけど撃沈です。 あと一人ほしいな。 あと一人いれば来月の長期休暇とれる…。 『死神の精度』先輩からかりて読んだけど、話の展開がけっこう好きで自分用に… このレビューの続きを見る

死神の精度

10:43:By 通勤読書の日々

ちょっと続けて伊坂幸太郎を書こうと思います。 この「死神の精度」も連作短編なのですが、 ちょっと前に金城 武主演で映画にもなった 伊坂作品の中ではかなりメジャーな一冊です。 タイトルの通り主人公は死… このレビューの続きを見る

死神の精度

20:37:By Searchvision

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断を… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度 (文春文庫)

02:13:By

あの「死神の精度」です。 「おれが仕事をすると雨が降るんだ」ってね。 映画は見たことありません。この著者、伊坂幸太郎さんの本は「重力ピエロ」を読んでますが、まったく覚えていません。それくらい印象に無… このレビューの続きを見る

金城武主演で映画化された原作です。 死の七日前に、対象者のところに派遣される死神が 本人の行動や生活を確認し 死んでもいいものかどうかを判断する・・というのがベースで、その対象者によってお話がいろ… このレビューの続きを見る

今日の1冊は、伊坂幸太郎の 『死神の精度』です。 千葉は、死神。 死の候補として情報部から指定された人間のもとへ行き そばで一週間観察して 「可」 つまり死ぬことになるか、「見送り」 にするのかを判… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説/詩 死神の精度 伊坂幸太郎:作 前回、伊坂幸太郎さんの「オーデュホンの祈り」が面白かったことと、 映画化された小説(私はその映画は見ていませんが)であったので、読んでみた。 やはりこ… このレビューの続きを見る

3.6

全部演技!

06:10:By knock ; lucK

+ 『死神の精度』ふと読みたくなって、再読。死神・千葉のとぼけた(いたって本人大真面目)なところ、そのせいで漂うシュールな雰囲気がやっぱり好き。差異化、ってことばが出ていたけれど、当たり前にフォーカス… このレビューの続きを見る

(2005/07/10) 11ヶ月振りの伊坂幸太郎、待望の新作。 まず、そのスタイリッシュな装丁に度肝を抜かれた読者も多いことだろう。 本作の内容からして梅雨の時期に発売されたことも憎らしい演出である。 ちょうど雨の降った日にじっくり読まれたあなたは死神になった気分を満喫できるのであるから・・・

JUGEMテーマ:読書 またまた、伊坂ワールド話になってしまいますが、やっぱりこの人の作品は、 飽きないで最後まで一気に読めるものが ほとんどだなと思いました。 【死神の精度】も その1冊です。 内容は、死… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

23:52:By Muji-Mojo

ずいぶん前に買ったのに、なかなか本を読まない時期に突入してしまって、ずっと本棚に飾られてたのを引っ張り出して読んだ。 確かこれ、映画になったんだよね? 最初の話の「藤木一恵」を小西真奈美が演じて、確か… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  伊坂幸太郎著『死神の精度』を読了。  人の死を可とするか不可とするか判定するために派遣される死神の千葉が関わった六つの物語。短編連作だけど、全体像を考えた構成にもなっている。スゴイや。  以下、ネタバレ若干ありの感想。

 死神の目線からみた人間世界。面白かったです。先日読んだ「その日のまえに」も「死」を扱っていたけれども、この作品もまた死神だけあって「死」がテーマです。全然アプローチは違うんだけれどもね。こちらも短編ながらも、最後にうまい具合に繋がっている。死神のまじめさがまたどこか面白く、彼の"人間観察"もなんだか頷けてしまう。個人的には「死神と藤田」と「恋愛と死神」からの残りの章までが印象的。

JUGEMテーマ:読書感想文 搗梟から初投稿、 感想/★☆★☆ 死神からみた、六人の人生物語 千葉と名乗る死神は、 情報部からの指示で一人の人間に接触し、 7日間の調査をする。 結果、「可」なら、死亡     「見送り」なら、生きる それが、死神としての仕事だった。

死神の精度

20:49:By あひるのきもち

微妙にズレてる死神のおはなしです。 個人的には「老女」、「藤田」がおすすめ。 念頭の誓い、「一年で20冊は読む」 は到底達成できそうにありません。 何せ、これで10冊目。 あと5日しかありませんがなんとか12冊はいきたいな、と。

3.6

死神の精度

14:11:By 36. 5°

映画化のイメージが強くてなかなか読む気にならなかったんだけど、やっぱり読んだら面白かった。やるな、伊坂氏。 死神が人間にとっては当たり前で口にするのも戸惑うような質問を時折するのとか、「人間は〜」みたいな格言を言うのがなんだかクールな死神が主人公なのにドキッとさせられたり、ハッとさせられたり、ほっこりしたりする。

[目次](「BOOK」データベースより ) 死神の精度/死神と藤田/吹雪に死神/恋愛で死神/旅路を死神/死神対老女

死神の精度 (文春文庫)

20:43:By

誕生日にもらった本です。 中々、人から本を貰うって事が少ない私なので、 慎重に読み進めました。 映画化された事は知ってたんだけど、 「死神」が主人公っていう事で、 結構、人間リアリズム好きの私にとっ… このレビューの続きを見る

伊坂作品の中でも異色作じゃないだろうか。 そして、傑作。 死神を主人公にした短編が6編。 彼は死を決定されようとしている人間が 本当に死んでいい=「可」なのか、 それとも見送り生かしておく=「不可」な… このレビューの続きを見る

Song of Joy

20:03:By おるそふぃす

結局、伊坂幸太郎を読んで過ごす。 古本屋で格安にて購入したためです。 死神の精度。 これで何冊目でしょうか、伊坂幸太郎を読むのは。 これはね、かなり好きですね。 一般的にはどうかは知りませんがね… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 久しぶりに伊坂作品読みました。 ずっと前にamazonで買ったのに放置してあった 『死神の精度』。 これまた主人公は一緒だけど短編が繋いでいく形式の作品だったので、 非常に読みやすか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 コレは死に神ネタなんだが、煉獄 (という名の待合室) で、さて天国に行くべきか地獄に行くべきか、死んだ人間の法廷劇やるってネタもいいかもなぁ。陪審員は天使か神か。

「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。伊坂さんその5。 カテゴリーを「ハードボイルド」にしましたが、ま、間… このレビューの続きを見る

伊坂作品として期待していたがイマイチだった。 期待度が高すぎたせいもあると思うが主人公にあまりバリっとした魅力がなかったことが要因か。(おもしろいキャラクターではあるけれども。死神だからあんな態度… このレビューの続きを見る

(あらすじ) ?CDショップに入り浸り ?苗字が町や市の名前であり ?受け答えが微妙にずれていて ?素手で他人を触ろうとしない−−−− 久しぶりの更新です。 最近、映画(週1)漫画ε3□ヽ(′∀`●)(毎日)と、 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:気になる書籍 短編集なんだけど、でも繋がってる。 絶対に最後まで読んで欲しいです。 こんな死神なら自分が死ぬ時はぜひ出会いたいと思っちゃいます。 人間の死がテーマなんだけど、でもなぜかほんわかします。 映画の方も見てみたい。

ほとんど通勤時間を使って読んだ作品です。 題名からしてずっと気になっていました。 映画化されていたのがDVDになったので、ご存じの方もいらっしゃると思います。 そこで、DVDを借りる前に原作を読もうと思い… このレビューの続きを見る

いかん笑。ミュージック!ていうのが耳から離れない笑。もー映画は見にいけなかったので、レンタル待ちだー笑。読みやすい。おもしろい。気がする。音楽が聞きたくなるー。 最後になってようやく時間が経っていることに気がついて、はっとした。そのはっとした感じがおもしろかったー。

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 >内容(「BOOK」データベースより) CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れ… このレビューの続きを見る

ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、ある時は本格推理風に……様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。 「死神の精度」 「死神と藤田」 「吹雪に死神」 「恋愛で死神」 「旅路を死神」 「死神対老女」 短編だし面白かった。人間を理解する時の行動分析が面白い。 本当は日常が一番貴重であることの物語だと思った。 JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:読書 死神と言うと黒いマントを羽織って大鎌を持った 姿を想像してしまうけれど、 ここに登場する死神はまるっきり人間と変らない! まるでサラリーマンみたい! 上からの命令で指定された人… このレビューの続きを見る

ハードカバーの時から気になってて 文庫になったら読もうと思って、やっと読めた! だいたいそうやって文庫になるまで待ってると 文庫になったころには忘れちゃって結局読まなかったりするんだけど てか、今回も文庫で出たの知らなくて たまたまブックオフでなんか読む本ないかなーって探してたら見つけて うおーっとなって即買いでした。

coming soon...

JUGEMテーマ:読書 人外ものの短編集で、アンソロジーで読んで面白かったので 購入はしたんですが、なんかいい加減な死神・千葉のスットンキョーな処が 何となく好みでした。 一番短編で面白かったのは「死… このレビューの続きを見る

死神の精度

00:39:By nobiののび日記

死神の精度。 伊坂 幸太郎著のミステリー小説です。図書館派としてはようやく借りれた伊坂先生の小説です。本自体最近読んでませんでしたが、この本と貴志 祐介先生の硝子のハンマーとで定期的にやってくる本読みたい衝動を満たしてくれました。死神の精度はクールでちょっとズレた死神の言動がぷっと笑えて良い感じでした。 JUGEMテーマ:読書

以前、伊坂幸太郎で何の本を読もうかと呟いた際、 オススメのコメントいただいた「死神の精度」。 読んでみましたー! 面白かったです! 最近は、私的ヒットな短編集になかなか出会えなかったんですが、これ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 死神を主人公にした物語で、設定は面白いだけど 面白みが足りない。

1週間の調査を行い、「可」と判断された人間は8日目に死ぬ。 そんな調査を行う死神の千葉が出会った人々の物語を綴った短編集。 人間の持つ愚かさや愛おしさなど様々な側面を 人間とは違う感性を持つ死神から… このレビューの続きを見る

最近読んだ本。 伊坂幸太郎の「死神の精度」。 伊坂幸太郎は好きだ。 なんだかんだ言って、結局、 最後には気持ち良くさせられることが多い。 そこに清涼感があって好き。 死神なんて、人間の人生を客… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 短編集だが、これも繋がってた。 「ミュージック」いいよね、死神さん。

金城武主演で映画化されたため、それにあわせて発売された文庫の売れ行きがよかったらしい。 ということで、映画は未見だが、本だけ読んでみた。

『死神の精度』読み終えましたわ〜♪ 個人的にめっちゃ好き 本屋大賞を取った『ゴールデンスランバー』より好きでした。こちらも相当面白かったけど。 A型ちっくな死神が、人間の生死を遠目で客観的に見て… このレビューの続きを見る

?CDショップに入りびたり?苗字が町や市の名前であり?受け答えが微妙にずれていて?素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだ… このレビューの続きを見る

死神の精度  久しぶりの読書。電車の中の暇つぶしにと思って、本屋で見つけたのがこの本。映画のCMを何度か見ていて、気になってたのもあって購入。その時はじめて、「重力ピエロ」の作者だということを知っ… このレビューの続きを見る

読み始める

図書館貸し出し(→4/3)

JUGEMテーマ:読書 映画化もされた作品。 映画の方は観ていませんが、多分少しストーリーは異なるでしょうね。 個人的感想としては、 これまで読んだ伊坂作品と比較すると、 ちょっと私の好みのツボから外れた感じ。

流行っているから、という理由で買った本なのですが オムニバス調になっていて、やたら読みやすかったです。 死神というから、最初は少しホラーチックなお話なのかな と思ったのですが、そんなこともなく、さらさらと読めて しまい驚きでした。伊坂さんの本もあたしは初めてだった のですがとても流れの良い文体ですぐに頭の中に 入ってくる感じがとても良かったです。

短編ですが、短編をひとつひとつ読んでいる間にも、 本の中で時間が流れていて、各編の登場人物が異なる時間軸に ちらりと現れたり、全体をとおしてひとつの作品になっている ところがやはりすばらしいです。 … このレビューの続きを見る

最近本読んでもupせずほったらかしです。 ていうか三月に至っては本読んでません。 という訳で、昨日駅構内のbook 1stに寄ってみたところ、 ずっと気になってた映画の原作が文庫化してるではありませんか。 東… このレビューの続きを見る

死神の精度

02:01:By i love ・・・.

文庫落ちしたら絶対に読む!と決めていたほど評判の良かったこの本。 映画化と同時に文庫落ちだったので、 天の邪鬼な私はあえて避けてたんだけどねぇ。 やっぱり読んでしまった。 うん。面白かったです! … このレビューの続きを見る

?CDショップに入りびたり?苗字が町や市の名前であり?受け答えが微妙にずれていて?素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をく… このレビューの続きを見る

死神の精度  死神と藤田  吹雪に死神  恋愛で死神  旅路を死神  死神対老女 1つ1つが「こんな短編で出しちゃっていいのかな?勿体無い」と思うほど充実した内容で、またストーリを展開させていく手法… このレビューの続きを見る

3.6

025 死神の精度

09:31:By 1800円

の映画を観た。 主演、金城武って聞いたときは「う〜んっ」って思ってたけど、 なんのなんのです。 金城武で正解というか、ぴったりというか、かっこいいです、普通に。 内容はユーモアが織り交ぜられて… このレビューの続きを見る

これは文句なしの星5つ。過去の記事を見れば一目瞭然ですが、伊坂幸太郎の作品を読むたびに「今まで読んだ伊坂作品の中で最高だ!!」と思っていますが、これこそが傑作ですよ!!映像化もされましたが、とりあえず小説… このレビューの続きを見る

長編作品は本の世界にのめりこみすぎて 途中で読むのをやめることができず、 一気に読んでしまうことが多いんですが 短編集だったので何回かに分けてゆっくり読みました。 短編は長編と違い盛り上がる前に終… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 映画化されているらしい。気にはなるが、未だ映画は観ていない。 主人公は死神である。 死神であるが、死神らしくない死神だ。 死神の管轄は決まっているらしく、「情報部」から指示を受け… このレビューの続きを見る

 文庫になった本は大体読んでいるかなと思っていた伊坂幸太郎ですが、調べてみたら『アヒルと鴨のコインロッカー』と『チルドレン』が文庫化されているにもかかわらず未読でした。今回読んだ『死神の精度』も結構… このレビューの続きを見る

『死神の精度』 一番最近に読んだ本です。 今、映画もやってますよね、コレ。 忙しさにかまけて、このところ本なんてずっと読んでなかったんですが・・・ 移動時間の合間合間に読みました。 い… このレビューの続きを見る

3.6

好き嫌い

22:24:By .uoo*blog

そこそこ。

3.6

死神の精度

21:40:By うさぎ日和

俺が仕事をすると雨が降るんだ。 死神である彼の仕事は、死にゆく運命の人間が そうなるべき人間である『可』の人間か、そうでない『見送り』の人間か それを判断するためにターゲットと接触する。 まさに『… このレビューの続きを見る

今年4冊目、はい、伊坂氏の小説でございます。 仕事をするときはいつも雨、ミュージックを愛する死神・千葉と、彼が「可」もしくは「見送り」を決め、見届ける6人の人間の物語。 短編集ってのがまたいい。で… このレビューの続きを見る

死神の精度

23:11:By booklog

死神の精度 伊坂 幸太郎 伊坂さんの本はどれも大好きなんだってばー!笑 映画化おめでとうございます!コニたんコニたん!

 サア、謳エ。  声在る限り。  生在る限り。  空が涙を零す頃、死神は静かに動き出す。 *あらすじ*  対象者に対して、一週間の調査をしてその者が生きるべきか死ぬべきかの判定を下す死神の千葉が… このレビューの続きを見る

3月22日より公開された金城武主演Sweet Rain死神の精度の原作本です。 文庫本のオビの「俺が仕事をすると、いつも降るんだ。」に惹かれて買ってきました。 私が籠もって仕事をしている時、具合が悪いときは晴… このレビューの続きを見る

おひさしぶりです。 本日の書評は「死神の精度」伊坂幸太郎。 さいきん映画化されて人気の出ているお話なので、ちょっと書評ってみようかな、と思いまして。 ぼくは伊坂作品は「重力ピエロ」「オーデュポンの… このレビューの続きを見る

死神の精度

22:02:By Ch33ky

死神たちはミュージックに夢中だが、 もちろん人間には興味がない。 だが、今日も人の死を見定めにやってくる。 なぜか。 それが彼らの仕事だからだ。 一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、 翌八日目に死は実行される。 クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。

千葉と人間

19:30:By 千話

「死神の精度」(文春文庫/伊坂幸太郎)を読んだ。 伊坂幸太郎の作品はどれも結構好きだけど、「アヒルと鴨のコインロッカー」以来の衝撃。おもしろかった。 死を冷静な視点で見ているところが好き。すべての登場… このレビューの続きを見る

こういう話好きー! おすすめですっ!

3.6

ミュージック知らず

15:16:By 明滅堂

JUGEMテーマ:小説全般  映画化で話題の本作。ヒネた私は「話題作や売れ筋は、わざわざ私が読んであげなくても読む人はゴマンといるから」というヘリクツで、少しマイナーなものが好き。メジャー品を手に取るとし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 最近伊坂幸太郎作品がどんどん映画化されますね。 しかしこの人の本はハズレがない。 恐ろしいほどに。 人が寿命と病気、天災以外のもので死ぬ時、 実はそれは神様の裁量で決められてい… このレビューの続きを見る

 主人公が死神という一風変ったお話。 死神といえばデスノートのリュークやハリーポッターに出てきたのとかを想像する。 しかしここに出てくる死神は外見は全く人間とかわらない。 彼らの仕事は対象の人間を1… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

19:45:By ぬらりひょん

☆☆☆☆☆ スキです。 ほんと、どうしてこんなアイディアがでてくるんだろう。。 うらやましい限り。 そして、情景描写。才能ですねー。 全体的にそうきたかーー!!って感じです。 『吹雪に死神』が一番そうくるかーってなりました。 とても素敵なお話達です☆

伊坂氏の作品で、主人公が「クールでちょっとズレてる死神」という 面白そうな設定だったら、この時点で100%間違いない。 この人の作品は、何も事件が起こらなくても会話だけで楽しめる。 このミス大賞とかよ… このレビューの続きを見る

待望の文庫版『死神の精度』が発売されたのでさっそく購入。いつ出るか今出るかと待ちわびていた本作、わくわくしながらページを開いて思った。ハードカバー版を買えばよかった、と。 京極夏彦の京極堂シリーズは… このレビューの続きを見る

?CDショップに入りびたり?名字が町や市の名前であり?受け答えが微妙にずれていて?素手で他人に触ろうとしない――そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断を… このレビューの続きを見る

伊坂らしいキャラ作りとストーリだけど、それ程衝撃はなかった。原因の一つに死神に食傷気味というのもあるのかもしれないけど(これは伊坂が悪いわけではない)。

「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。 音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。 -------------------------------- 最近本を読むペースが遅い… このレビューの続きを見る

以前、美容院で雑誌をめくったときにでくわして、ああ、読みたいなと思っていたことに最近気づいて読みました。 不思議な空気をまとった男性千葉は、死神。 ひとりの対象につき7日間の調査で、死の判定「可」or… このレビューの続きを見る

最近読んだ本。 正直タイトルだけで選んだモノだったけれど、読み始めてすぐにその世界観にはまってしまった。 死神の、人間とは違った観点から描かれる世界。 端的に、でも色鮮やかに描かれる人物。 隅々に… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

20:09:By 身の丈日記

これ、映画になるそうで。 どんな風になるんだろう、想像つかんな。 ぜひラストの一篇は、草笛光子にお願いしたい。 本のレビューでも何でもないですな。いつもそうだけど。 人の死を扱っているのに、非常に淡々としたお話。 だからこそ、かな。 人の“生”が染み出ます。 JUGEMテーマ:読書

この本すごい好き(´・ω・`) 伊坂幸太郎さんワールドにハマった 映画も見たい・・ とにかくおすすめ。

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/3/2〜2008/3/4 [BOOKデータベースより] CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

01:42:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介あらすじ 「千葉」という名を名乗ることを指示された死神が、姿を人間に変え、不慮の死を迎える人間が死にふさわしいか調査に訪れる。1週間ほど対象の人間に接触し、どんな人間か、死をどう捉… このレビューの続きを見る

物語構築の手腕という点で、今の文学界において伊坂の右に出る者はいないだろう。ただ今作での主人公が「死神」というメルヘンな存在であることで、何か薄っぺらいような、誰にでも書けるような、当たり障りのないエンターテインメントという印象がある。もちろんメルヘンがリアルに変化する精緻な文体ではあるのだが、それだけではカヴァーしきれない凡庸さがある。

1、CDショップに入り浸り 2、苗字が町や市の名前であり 3、受け答えが微妙にずれていて 4、素手で他人に触れようとしない そんな人物が身近に現れたら、死神かも知れません。 うわあああああか… このレビューの続きを見る

死神と藤田と旅路を死神が良かった。ゴダール『女と男のいる舗道』の台詞を引用しているらしいが、無教養なぼくにはまったくわからなかった。

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断を… このレビューの続きを見る

選出された人間の死を、「可」か「見送り」か判断する職業。それが死神の役割である。彼らの苗字は町や市の名前から取られ、容姿は仕事の担当者に合わせてその都度変更されていく。正確や仕事への姿勢は様々だが、… このレビューの続きを見る

レビュー欄があるので使ってみる実験 やらしい感じになったらやめます 待望の文庫化。待ってました!(貧乏なので) 死について考えますね 話の流れはさすがだなぁと思いました。 じんわりくるお話でした。

まずは映画化おめでとうございます。 なぜ『死神の精度』がサブタイトル扱いなのかは分かりかねますがね!Sweet Rainってなんじゃい… 一週間、人間を調査してその人間の死は可か見送りかを判定する、と言う事を… このレビューの続きを見る

死神がいろんな人を殺すか殺さないか選ぶお話。 あ、ちょっと違うね。 アマゾンさんが何も書いてなかったから今回は自分で書きました 短編だから読みやすい この人の本、間あくと本当によみずらい。 が今回… このレビューの続きを見る

?CDショップに入りびたり?名字が町や市の名前であり?受け答えが微妙にずれていて?素手で他人に触ろうとしない――そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。 一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「天使は図書館に集まる」が、伊坂氏によれば、「死神はCDショップに集まる」。らしい。今回も独特の伊坂ワールドによって、「死神」という、その響きからは一見おそろしいものを、いとも身… このレビューの続きを見る

3.6

死神の精度

21:32:By +4.5

を、読み途中。

面白い。 死神から見た人間って本当にこんな感じなのでしょうね。 「死」に対しての感覚、考えなどこんな客観的に捉えてしまう なんて意外でした。 「人間」の表現が絶妙でこれまた客観的死神的意見が 読んでいてはまります。 ストーリー自体もやっぱり面白くて、 扁桃腺が腫れ過ぎて悶え苦しんでる僕は 読んでいる間だけは痛みを忘れてました。

「俺が仕事をすると、いつも雨が降るんだ。」 文庫化した本の帯にはそう書かれています。 伊坂氏を知ったのはこの本の書評で、 ハードカバーを買う勇気のない私は、図書館でかりて読みました。 ついに文庫に… このレビューの続きを見る

「アヒルと鴨のコインロッカー」がおもしろかったので 読みました。 読み始めはそんなに面白いっておもわなかったんだけど、 偶然にも「陰日向に咲く」とつくりが一緒、 と言ってしまっていいのか(ーー;) 最後まで読んで「あぁ〜」ってカンジ どちらも時を経て、あの時の少女だったのか〜 みたいな、ね。 そしてこちらも3月22日全国ロードショーだそうな。

ひさびさの伊坂さん。 読んでいると本当の現実世界のように感じてしまうのが不思議です。 さすがです。

JUGEMテーマ:読書 人の死の8日前に現れ、その人物が死に相応しい??かどうか、人間になりすまし近づいて審査をする死神達。音楽を愛し、人間達の行動を不可思議に思いながらも仕事をこなしていく。 その中… このレビューの続きを見る

文庫化を待っていた作品。 伊坂幸太郎さんはこおりの好きな作家さんのうちの1人。 が、死神の精度は短編集だった…(ノД`) なぜか、伊坂作品の短編集はあまり好きではない。 「チルドレン」も最初の2,3作品… このレビューの続きを見る

死神の精度

00:18:By samstag

CDショップによく現れ、少し変わったことばかり発言する。 そんな人を見かけたら、その人は死神かもしれません。 人が死ぬ一週間前から死神は調査を始める。 その対象と接触をすることによって、「可」にする… このレビューの続きを見る

文庫落ちを待って居た作品なのですが、案の定に泣けました…(´`) 連作短編だと甘く見て居ると、最後まで一気に読みきる羽目になります。 主人公の死神もクールボケな性格で素敵だったのですが、主役は矢っ張り人… このレビューの続きを見る

朝起きたら風邪をひいてました。だから昨日あんなにだるかったのか! それにしても、もう笑いしか出ません さすが風邪プロですよ!外泊するとすぐコレですよ!あはは… すいません。思わず自虐ネタに走ってしま… このレビューの続きを見る

祝!映画化!!! 映画化が決まった時からずっと出ると確信して待ってた文庫がとうとう出ました これはハードカバーで借りて読んだことがあったのですが、伊坂作品はやはり本棚に並べたいので即行買ってしまい… このレビューの続きを見る

その人は死神。いつも雨。 人の不慮の事故などの予測不能の「死」に直面した人を1週間調査し、 その人の死を「可」にするか「不可」を決めるのが仕事。 死神・千葉が調査した6人の話。 一応短編。一応ね… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品