>
[Amazon] ハル、ハル、ハル

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ハル、ハル、ハル
ハル、ハル、ハルで自分のブログにレビューを書く

ハル、ハル、ハル

おすすめ!3.3 [3.3](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1339661位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4309018289(河出書房新社)
ハル、ハル、ハルのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.3 [3.3]

四本以下のオールと女子には、絶対に、どんな種目だろうと、どんなレートだろうと、どのチームだろうと、簡単に抜かれるな。強く行け。大きく行け。多少レートあがってもいい。一本の諦めが、一歩ずつ目標からお前を遠ざけるスカルを漕いでいる選手たちへ。以上。今日の一冊↓

ハル、ハル、ハル

13:52:By 肺レモン

  ぐはあ スローモーションはゴッドスターな感じがしたー よかったおもしろい

  爆笑問題の太田光は読書家として大変有名であるが、帯で最高傑作!とほめている。そして古川といえばモンキービジネスで春樹と対談。いつかのダヴィンチで成海璃子もこれを推薦していた。  ハルという名前のつく3人の逃避行・・・のような・・・・話。大変申し訳ありませんが、私はこの話のどこがおもしろいのかさっぱりわかりませんでした。今後一切読むことは無いと思います。

今日は手話講座4回目。手話のテキストはGW明けにならないと配布されない様子なので、今日もろうあの先生の手話を見ながらのレッスンです。メモを取ってると、先生の手話を見逃してしまうので、授業についていくの… このレビューの続きを見る

 うーん、すごい。何だろう、この疾走感。道を歩いていたらいきなり腕をつかまれてスポーツカーに乗せられ、一気にトップスピードで街を失踪するような。うまく言えないけど、言葉にするのももどかしいような… このレビューの続きを見る

この物語は君が読んできた物語の続編だ。ノワールでもいい。家族小説でもいい。ただただ疾走しているロード・ノベルでも。いいか。もしも物語がこの現実ってやつを映し出すとしたら。かりにそうだとしたら。そこに… このレビューの続きを見る

疾走感あり。 こういう、『出てってやるぜ』的なエッヂの効いた青春小説は久しぶりに読む。 女の子の潔さが格好イイ。 同書収録 「スローモーション」 最後、わやわやになってゆくが、これも好きだ。 「8ドッグス」

古川ワールド炸裂の一冊。 だから、古川さんの世界観というか古川さんそのものが嫌いな人には、全く面白くもない作品だと受け取られるかもしれない。だけど僕は好きだ。大好きだ。

この物語は全ての物語の続編だ。暴走する世界、疾走する少年と少女。3人のハルよ、世界を乗っ取れ! 乱暴で純粋な人間たちの圧倒的ないまを描いた、古川日出男の最高傑作。 ※ネタばれちゅうい これも、図… このレビューの続きを見る

ハル、ハル、ハル

23:20:By 溺書録

 読む前にうっかり後ろの方をパラパラ見てしまい、初出表示の「文藝○月号掲載」に萎縮。えー、純文なのー。中間小説誌がよかったわあ。「小すば」とか「小説現代」とか「別册文春」とか。「文藝」やら「群像」やら… このレビューの続きを見る

本日はこちら。古川さんの作品を読むのは初めてでした。 先日行った図書館で、装丁とタイトルにつられて借りてきました。 いわゆる「ジャケ借り」ですね(笑) 3つのお話が入った短編集でした。 個人的な好み… このレビューの続きを見る

母に捨てられたノワールの続編のハル、 母親の再婚に振り回される家族小説の続編のハル、 リストラされ転職を重ねるロード・ノベル続編のハル。 3人のハルが全部の物語の続編を始める「ハル、ハル、ハル」 大… このレビューの続きを見る

ハル、ハル、ハル

21:09:By Bokunanote

JUGEMテーマ:読書 あっちゅうまに読み終えた。中編三編が収められた作品... 疾走感あふれる文体.....独特の語り口で物語は進む 脳内の口には出さない内言語を全部言葉にした感じ(意味不明?) つまり、思っ… このレビューの続きを見る

 評価は1800円。  暴力と音楽の非日常を描く短編週。  古川日出夫の文体は、それ自体が暴力的であり、音楽的だと思います。特に今作はその傾向が顕著。小説と距離をおいて安全な場所で胡坐をかいてい… このレビューの続きを見る

 評価は1800円。  暴力と音楽の非日常を描く短編週。  古川日出夫の文体は、それ自体が暴力的であり、音楽的だと思います。特に今作はその傾向が顕著。小説と距離をおいて安全な場所で胡坐をかいてい… このレビューの続きを見る

3.3

ハル、ハル、ハル

23:28:By 5han

疾走感というより暴走車でどんどんどんどん突き進んでくので、 振り落とされないように読むという…。 私のアタマではちょっとついていけない。 面白い文章の展開の仕方だなとは思うけど、 表現が抽象的でイマイチ分からないという部分あり。

3.3

ハル、ハル、ハル

20:40:By andante

何となく気になって手に取ってみて、読み始めたら‥ 一気に最後まで読んでしまいました。 すごく惹き付けられた!!!* スピード感がある気がしますね^^ 読みやすくて良いと思います♪

ただ、走っている。突っ走っている。 古川日出男の言葉は、鋭利な凶器そのものだ。 20世紀の哲学が言語についての論考を中心に 展開されてきた事に、僕は若干の不満もあるけれど それでもなお「言葉が世界をつくる」という単純なテーゼは 強い説得力を持つことを改めて感じさせる。 阿部和重がかわいく思えてきたよ、なんだか。

今朝一気に読み終えました。アジカンのゴッチがこの本を読んだ感想が「!!!」です。まさにそのとおりだと思った。もともと読書が好きで色々な本を読んできたつもりでいたけど、こんなのはほんとに初めてです。なんだ… このレビューの続きを見る

古川日出男の最新作。 さて。この作品については、作者である古川さんご本人が「オレの新しい創作ステージ」の1作目にあたる的なことを述べていらしてまして、それは一体どういうことなんだろう、と思いながら読… このレビューの続きを見る

2007年新刊本ベストへのエントリです。 GREENFIELDSの美結さんからのエントリです。 読まれた方、トラックバックやコメントをいただけると嬉しいです。

JUGEM編集部おすすめ商品