好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神の使者
神の使者で自分のブログにレビューを書く

神の使者

おすすめ!4.7 [4.7](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:91235位
  • ユーズド価格:¥ 2,995
  • ISBN/ASIN:4309230784(河出書房新社)
神の使者のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4.7 [4.7]

奇跡のコース

21:48:By MORPHO WAVE∞

 ついに☆奇跡のコース日本語版が出版されるようです。正式には、ナチュラルスピリット社からの大内博訳版ということになるのでしょうか。個人的に、発売日が里帰り日だというのも象徴的に思われて、実家に配送… このレビューの続きを見る

ネットで見つけた『神の使者』読者たち。 風のトポスノート605 グノーシス的 ちゃんと読んでるなーって感じ。 (うんうん、たしかに『神の使者』っていうタイトルは敬遠ポイント高い) 『トマスの福音書』、… このレビューの続きを見る

『神の使者』のP.151を読んでいたときに 余白に下のような2つの図を描いてました。 【従来の図式】 アーテンいわく だが恐怖の代わりに愛を選べと人に言ったら、その人たちは君が「彼らの」愛を指している… このレビューの続きを見る

またもやこの前のログに自己レス。 【まだ残ってる疑問】で、 「幻想ならサッサと吹き飛ばしてよ」 と非難っぽく言ってみた。 で、『神の使者』の11章最後のページのゲイリーのコメント。 分離という考え… このレビューの続きを見る

再度この前の続き。 【宇宙を創ったのは神じゃない】 というのは今までとあまりにギャップのある考え方だったから もうちょっと整理してみないとなぁ。 まず、ACIMの思考システムの根本原理は 神は全て… このレビューの続きを見る

アンカテさんのACIMという不思議なテキストについてというエントリーを読んで、興味をそそられたので、同エントリでACIM入門書として掲げられているゲイリー R.レナードの「神の使者」を手に入れました。 まだ4章… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想