>
[Amazon] ラットマン

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ラットマン
ラットマンで自分のブログにレビューを書く

ラットマン

おすすめ!3.3 [3.3](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:544331位
  • 定価:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334925936(光文社)
ラットマンのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.3 [3.3]

結成14年のアマチュアロックバンドのギタリスト・姫川亮は、ある日、練習中のスタジオで不可解な事件に遭遇する。次々に浮かび上がるバンドメンバーの隠された素顔。事件の真相が判明したとき、亮が秘めてきた過去… このレビューの続きを見る

(ラットマン)結成14年のアマチュアロックバンドが練習中のスタジオで遭遇した不可解な事件。浮かび上がるメンバーの過去と現在、そして未来。亡くすということ。失うということ。胸に迫る鋭利なロマンティシズム… このレビューの続きを見る

ラットマン

22:44:By 日々

恋人との妹との関係を持った姫川亮は、昔遭遇した現場と同じような環境におかれ、なくなる直前に言っていた父の言葉が脳裏をよぎる。『俺は正しいことをした。』そして言われてもいない言葉さえ。『お前も俺と同じ… このレビューの続きを見る

長編。図書館にて。 『結成14年のアマチュアロックバンドが練習中のスタジオで遭遇した不可解な事件。  浮かび上がるメンバーの過去と現在、そして未来。亡くすということ。失うということ』 これまた一気読み。面白かった。切なかった。 図書館においてある道尾さんの作品、ほとんど読みつくしつつある。がーん。

*あらすじ* 結成14年のアマチュアバンドがスタジオで練習している時、別部屋のスタジオで元メンバーが死んだ。 一見事故死の様に見えたが… 事件の真相を突き詰めてゆく中で、浮かび上がるメンバー(姫川)の過去… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 高校時代から共にバンド活動をしてきた、姫川、竹内、谷尾、そして、ひかりとその妹の桂の5人。彼らは、愛用していたスタジオが閉鎖されることを知り、最後の練習を行っていたのだったが、そ… このレビューの続きを見る

ラットマン

11:39:By 受賞本

 ラットマン  著者 : 道尾秀介  受賞歴 : 2009年このミステリーがすごい! 10位         第21回山本周五郎賞 ノミネート         2009年ミステリが読みたい! 6位         2009年本格ミステリ・ベスト10 2位         2008年傑作ミステリーベスト10 4位

[ミステリー作品] ブログ村キーワード 内容(「BOOK」データベースより) 結成14年のアマチュアロックバンドが練習中のスタジオで遭遇した不可解な事件。浮かび上がるメンバーの過去と現在、そして未来。亡くすということ。失うということ。胸に迫る鋭利なロマンティシズム。注目の俊英・道尾秀介の、鮮烈なるマスターピース。

 結局、テスト前日に一気読みしてしまった。 そのせいか今日のテストはぼろぼろ。ははは…。 ずっと気になっていた本だったけど、 なかなか手が出なかった「ラットマン」。 「こんな騙し方があったのか!」と… このレビューの続きを見る

3.3

ラットマン

14:32:By 染赤Shadow

JUGEMテーマ:ミステリ 道尾秀介作品二作目。 やはり作風としては伊坂に近い感じを覚える。 ありがちな作品なきもしないでもないが、うぅん、おもしろいのでは。という感じ。 ★あらすじ★  川はアマチュアバン… このレビューの続きを見る

「ラットマン」道尾 秀介 290p光文社 高校時代からやっていた、アマチュアバンドSoundownerが 練習中のスタジオで 遭遇した 不可解な事件。 なんだか騙されまい 引っ掛かるまいと 身構えてたんだけどなぁ・・・

ラットマン

09:49:By Z i z z

 北海道中読んできました。旅には本がつきものどんでん返し×2ぐらい登場人物。30前後のバンドマン4人。うち一人女ライブハウスのおっさんと元バンドメンバーの女性スタッフ('ω`)(別にバンドマンじゃなくても… このレビューの続きを見る

今頃やっと道尾作品デビューしました。(^^;ゞ 前々から気にはなっていたのですが、デビュー作がホラーサスペンス大賞特別賞ということで、超ビビリでホラーが大の苦手な私はずっと避けていたのです。けれども最近… このレビューの続きを見る

ミステリー、でいいのかな。ジャンル的には。 あーだまされたゼ、ってのが好きな人には、いいかも。 どんでん返し系です。 ミステリーって伏線張っといて、最後にひっくり返わけですが。 推理する楽しみが、ひと… このレビューの続きを見る

予備知識ゼロで読んでよかった〜!    ほんとにラスト一歩手前までは「あぁ、こんな傾向の話ね。うんうん。」って先が読めたぞって思い込んでいたのですが、怒涛のどんでん返しにやられました。 この読後感は「神様ゲーム」に近いものがあったな。。。 ちょっとズルイと思いつつもうならされた。 ラットマン。その通りです。完敗。    JUGEMテーマ:小説全般 

読みやすさ: のんびり読んで3時間もあれば。先が気になる系なのでわりかしサクサク。 内容: ドンデンミステリ。それ以外に書くことないって。 感想: ドンデン好きだけども、読んでて暗い気分になるのはマイ… このレビューの続きを見る

3.3

ラットマン

18:08:By 71

「カラスの親指」が出てあわてて読みました。 中国新聞の書評ですごく評価が高かったので、期待していたんですが、期待の9割くらいの満足度。 確かにおもしろかったんだけど、なんだろうなー物足りなく感じま… このレビューの続きを見る

3.3

ラットマン

12:08:By ほんのひとこと

高校の頃からエアロスミスのコピーバンドを続ける姫川たちももうじき三十。 その間ドラムだけひかりから妹の桂にチェンジした。 姫川はひかりと付き合っていたが桂に心を惹かれている。 そんな中行きつけのスタ… このレビューの続きを見る

3.3

ラットマン

00:45:By The Samantha Times

あらすじ 姫川はアマチュアバンドのギタリストだ。高校時代に同級生3人とともに結成、デビューを目指すでもなく、解散するでもなく、細々と続けて14年になり、メンバーのほとんどは30歳を超え、姫川の恋人・ひかり… このレビューの続きを見る

ようこそ。ここが、青春の終わりだ。 結成14年のアマチュアロックバンドが練習中のスタジオで遭遇した不可解な事件。 浮かび上がるメンバーの過去と現在、そして未来。 (帯より引用) 久方ぶりに本の感想でも… このレビューの続きを見る

「何か、思い違いをしていたんじゃないのかい?」(本文より)  ええもう、道尾作品ではいつでもそうですけど、今回もうまくミスリードされて思い違いしながら読んでましたよ。  アマチュアバンド内で起こった… このレビューの続きを見る

3.3

ラットマン

19:00:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 姫川はアマチュアバンドのギタリストだ。高校時代に同級生3人とともに結成、デビューを目指すでもなく、解散するでもなく、細々と続けて14年になり、メンバーのほとんどは30歳を超え、姫川の恋… このレビューの続きを見る

3.3

ラットマン

20:26:By 7話目

面白かったです! 中盤あたりからのあたかも○○○が犯人だと思わせる展開に「もしかして□の方が犯人じゃないの」とは薄々思ってたのですが、ネタが判ってからも怒涛のどんでん返しの展開に圧倒されました!あの人が犯人だったのかー。 そして過去の事件の真相が判明した時は切ない気持ちになりました。 主人公に感情移入しつつ読んでいたのでドキドキでした。

 コピーバンドでギターを担当している姫川。高校のときから同じメンバーで活動してきたが、2年前にドラムのひかりが妹の桂に交代した。それ以来、恋人でもあるひかりとの関係はギクシャクしている。いつも使ってい… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品