DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 人を動かす 新装版 - デール カーネギー, Dale Carnegie, 山口 博 のレビュー全58件 JUGEMブログ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版で自分のブログにレビューを書く

人を動かす 新装版

おすすめ!3.7 [3.7](58件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:508位
  • Amazon価格:¥ 1,314
  • ユーズド価格:¥ 289
  • ISBN/ASIN:4422100513(創元社)
人を動かす 新装版のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(58件) 3.7 [3.7]

人間関係の古典として、あらゆる自己啓発本の原点となったD・カーネギーの名著。常に机上において読み返す本として、重厚で華麗な装丁にあらため、四六判・上製(ハードカバー)とし、本文も読みやすく組み直した. … このレビューの続きを見る

本気でマネジメントについて学びたい人が読むべき名著18冊|ferret [フェレット]  https://ferret-plus.com/1780 糸賀君が送ってくれた、これ!!! 素晴らしいですよね。 リーダーになるための勉強を… このレビューの続きを見る

人を動かす 道は開ける カーネギー話し方入門

野田ッチメルマガより・・・ ↓↓↓ 『2年間他人に   好かれようと努力するよりも、  2ヶ月間他人を   好きになった方が、   ずっと多くの友人が得られるだろ… このレビューの続きを見る

昨日の梶さん、ホント、ありがとうございました。森田君、エネルギー満タン!ホント、ありがとうございます。(^_^)v•••☆梶さんと「カーネギーの`人を動かす`」の本の話で盛り上がった。40年前… このレビューの続きを見る

 この本はやはり凄い!成功を,幸せを志す全ての人に読んで欲しい!そして、もう一度、ボクも読もう。

事例が多くとてもわかりやすい。

 日課となっているのは読書。 周りからはそんな時間があるの?とか聞かれますが、 やはり本を読むことは様々な知識の習得、人の生き方考え方など 参考になることが多く、以前よりペースは落ちたけどそれで… このレビューの続きを見る

10回以上も読んだ本。 経営者の方や自己啓発を志す方にぜひ。 人として当たり前のことが学べる。

 デール・カーネギーの有名な人生啓発書。読んだ感想としては、考えてみればあたりまえだけど、確かになぁって思えるものいっぱいで読んでて非常に参考になったというか、ためになりました◎すべてに一貫してる… このレビューの続きを見る

 若い頃の仕事も辛かったし、不安だったし、今よりも充実してなかったように思う。それでも毎日が楽しかった。今は今日を生きるだけで精一杯だ。それをなんとなく自分では落ち着いただとか、結婚したからだ、… このレビューの続きを見る

人を動かす

12:06:By select book

 人を動かす

2011年 10冊目 やっぱり外国の話題はピンと来ないし、うそ臭いんだよなぁ。 古典的名著とはいえ、話に入り込めないと説得力が減るよね。

人を動かす

13:27:By N's Bookshelf

人を動かす著者:D・カーネギー原題:How to Win Friends and Influence People第1部:人を動かす三原則原則1:批判も非難もしない。苦情も言わない。原則2:率直で、誠実な評価を与える。原則3:強い欲求を起… このレビューの続きを見る

 久々に読書したら、真に素晴らしい本に出会った。原題は"How to win friends and influence people"で、友好的な人間関係と自分の成功を両立する方法が実例と共に紹介されている。Dale Breckenridge Carnegie… このレビューの続きを見る

 人を動かす 人を動かすといっても、人を支配するための悪知恵が記されているわけではない。 人間の本質から行動心理学を考え、人の気持ちを知るという意味が、この本にはある。 『自己の重要感』は、衝… このレビューの続きを見る

 久しぶりに、自己啓発の元祖ともいわれる、デール・カーネギーの「人を動かす」を読んでいる。よく見ると、英語では次のように書いている。How to win friend and influence people.訳すと、「如何に友を得て… このレビューの続きを見る

 おはようございます。今日はなぜだか早起きです。起床4時!!!寝たの1時半。朝からテンション高くブログ更新します。最近読んだ本&読みたい本ということでメモ代わりに。結構有名な本ばかりですので読まれた方もいらっしゃるかと思いますが…。それでは早速行ってみましょうか。

JUGEMテーマ:ビジネス随所で主人公たれ、と禅師である瑞厳和尚は言った。実際の意味は仏心を忘れてはいけない、という意味だが。何かをするときにその中心にいるかいないかでは発するエネルギーがまるで違う。最初… このレビューの続きを見る

  人は同情をほしがる アーサーゲイツ博士の有名な著書、『教育心理学』にこうある。 『人間は一般に、同情をほしがる。 子供は傷口を見せたがる。 ときには同情を求めたいばかりに、自分から傷をつける… このレビューの続きを見る

  自己の重要感〜交渉〜 あるとき社員が、ある事業において共同でやっている会社と今後の事業の 話をしにいってきた。 すると社員は、 『話し合いの結果、有料掲載、先方に”東京”だけ営業してもらうこと… このレビューの続きを見る

3.7

人を動かす

21:16:By

人を動かす デール・カーネギー 満足度 ★★★★★★ 紛れも無く人生の本棚に残る一冊! 人を動かす タイトルからの想像とは違い、決して会社において上司が読むための本、というわけではありません。 … このレビューの続きを見る

自己の重要感 文字通り、自分が重要な存在だと感じたいという感情である。 自己の重要感ということに関して、俺も思い当たる節がある。 人間は、自己の重要感を満たされたいという強い願望があるのだ。 『人… このレビューの続きを見る

  死んだ犬を蹴飛ばす 人は、大物であればあるだけ、それを蹴飛ばして大きな満足を覚える。 当時、小室哲哉が異常なくらい叩かれていたのも、彼が偉大な功績を 残した人物だったからだ。 同じような目に… このレビューの続きを見る

3.7

人を動かす

07:11:By たま誌

 今年、これだけは読んどけビジネスマン、ってことで、ネット上で良本とよく書かれていたので読んでみました。最初は図書館で借りよーって思ってたら、なぜか実家にあった。  でもうち、家族誰も人を動かせそうな… このレビューの続きを見る

3.7

啓蒙書

10:17:By PRISM

 レターサイズの送料がもったいないので金額あわせのものを探していたら この本を見つけました 繰り返し読むことを念頭に図書館で借りるのではなく購入した次第 名著です

※先日予告した通り、自分の別ブログで紹介してた記事を移転させました。初めて読んだのは、確か大学生の時。 その時にはピンときてなかったんですが、今、改めて読み返すと、目からウロコがポロポロ。 現在(前… このレビューの続きを見る

19日 Amazon ¥7325    6個 ヤフオク ¥         個 合計 ¥7325    6個 20日 Amazon ¥1230    1個 ヤフオク ¥7650    3個 合計 ¥8880    4個 21日 Amazon ¥5585    7個 ヤフオク ¥1850    2個 合計 ¥7435    9個

人を動かす超有名なカーネギーの本です。人間関係にきく内容となってます。本を日常的に読んでる人なら、たいていの方は目にしてる本じゃないかな?それくらい昔から有名な本です。簡単に引用すると・・・?人を動かす… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス 余暇を使って、大学のアメフトのコーチをしている。 現監督が私の大学の先輩だったこともあって縁あって誘っていただいたのだ。 練習やミーティングなどにも参加させてもらっているが、 監… このレビューの続きを見る

  紹介者★:モリバ 貸付OK★:○ コメント: 「人間の持つ性情のうちでもっとも強いものは、他人に認められることを渇望する気持である」という。ここでジェームズが、希望とか要望とか待望とかいう、な… このレビューの続きを見る

 初めて読む前に、正確言えば読み始めた段階でレビューを書きます。 今回は「人を動かす」というテーマについて考えています。 ある同期の子に勧められて読みはじめた本でしたが、読みながら自分の過去の行動… このレビューの続きを見る

古典です。古典。 4月から課長補佐に昇格してなんと部下ができます。知らされた日は、認めてもらったという嬉しさと、人を預かる責任と、どう育てようかという楽しさと、いろいろとないまぜでした。子供を持つと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:注目★BOOK  この本は、 世界的にもとても有名な本です。 そして、僕にとって、とても大切な本です。 僕は、今でも少しそうなんですが、 とても人見知りだったんです。 人を寄せ付けないオーラ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 冷静になって物事を見つめなおすのにいい本。

3.7

5分の理を認める

23:54:By

「今更ながら紹介します。」なんてと言えばイヤラしくなる。 「自分が一生をかけて繰り返し読み続けるであろう本を紹介します。」 そんな風に言ってみますね。 最初の章に【盗人にも5分の理を認める】 衝… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 明日は、この本を読みこみます。

3.7

人を動かす 新装版

22:52:By ANESA

JUGEMテーマ:読書 著者はデール・カーネギー(1888年-1955年)。 1937年発売。日本語版の発売は1958年。(Wikipediaより) 世界で1500万部以上、日本だけで430万部も売れた、ロングセラー&ベストセラー。 約7… このレビューの続きを見る

ちょっと他人への応対に際して、「ああ、わかる!」といった感じの 社会で生きていく上での相手の立場に立った接し方や心遣い またそれによって自分自身も気持ちよく生活出来るようになる為のヒントが 著者の体… このレビューの続きを見る

7つの習慣の広告にカーネギーを超えたとかとか書いてあったけど、久しぶりに読んでみても、やっぱりカーネギーの方がいいぞ。 我が母の本棚にもあったけど、わかりやすく、やっぱり人間誠実じゃないとなあと自分… このレビューの続きを見る

ついに読んでしまった。名著と呼ばれるこの本を。 いい本はまとめるのも楽だ。 呼んだ後に目次を見るだけでだいたい思い出せてしまう。 本の内容は目次の項目+実例といった感じなので wikiを見てしまえば買わなくても済むかもしれない。 ただ書いてある事は、なるほどなと真理をついていると思う。 わかっているけど、難しい。 少しずつ心がけて実践していくのみ。

そういえばmixiにレビュー書いてこっちに書き忘れてましたw 情報一元化のために、簡単にメモ。 五十年前に出版された本が、未だにアマゾンのベストセラーに常時ランクインしてるってこと自体がすごいと思いま… このレビューの続きを見る

【昨日の7行日記】Powered By 須子はるかさん ・今の目標:キャリアカウンセラーの組織を創る ・昨日挑戦したこと:東京駅から歩いて帰る ・一日一善:走ることを宣言した ・昨日の学び:人のブランドに寄りか… このレビューの続きを見る

かのカーネギーの名書の新装版。人生の役に立ちます。

1月に買ったのに、さらっと読んで部屋の片隅に放置していました。 最近、人とのコミュニケーションのあり方などについて思うことが 多かったので、思い切って全部しっかりと読んでみました。 まず、「ほめる… このレビューの続きを見る

3.7

人を動かす 新装版

23:26:By at moment

新年を飾るにふさわしい一冊。 2年の冬に一度読んだんですが、戒める?ためにも、再読しました 究極的には、「人を動かすとは、相手をいい気持ちに導く」ことやと思う。 「相手は論理ではなく感情の動物であり、… このレビューの続きを見る

必読の書です。 半世紀をこえて、読み続けられている デール・カーネギーさんの本です。 人は何を考え、行動しているのか。 自分がどの様に行動すべきなのか。 人に協力してもらうには、どうすれば… このレビューの続きを見る

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 常に人に親切を尽くし、友人のような心で接すれば、あなたはそのすばらしい結果に驚くことだろう。      (デール・カーネギー) … このレビューの続きを見る

あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。 『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じよ… このレビューの続きを見る

ざっくりリーディングってことで、いまさらながら読んでみた。 1936年に本書(英語版)が世に出てから、70年以上経っていますが、ここに書いてある内容は色あせていない。 ってか、人類の永遠の悩みなのか???

会社や家族などあらゆる人間関係に悩んでいる人におススメの本。 起業家は必読です。

『人を動かす』 この本は、人を意のままに動かし人生を成功させる方法を書いた、デール・カーネギーの『友をつくり人を動かす法』を訳したものです。 この本は世界各国語による訳書をふくめると、一千五百万部… このレビューの続きを見る

人を動かす 新装版

07:09:By

1937年に初版されて以来、自己啓発本の原点と呼ばれている本。 人を動かす三原則 批判も非難もしない。苦情もいわない。 卒直で、誠実な評価を与える。 強い欲求を起こさせる 人に好かれる六原則 誠… このレビューの続きを見る

時間があるので思わずアマゾンで衝動買いしてしまいました 社長本大好きです

3.7

人を動かす 新装版

17:44:By

人たらし〜ブラック心理術を読んで、あまりのバカバカしさに目が回っていたとき、この本に出会った。本当にすばらしい本ですね。 やっぱりこういう時代を超えて愛される本は、読む価値があるものが多いですね。これは実用書です。しっかりと実用できます。この本を読んでから、周りの人がほんとに動いてくれます。本当にすばらしい本だ。

 飽和流 

20:25:By  Dr.stranger 

どこか頭の中の双子の一部が欠けているかのような そんな錯覚に襲われる 追いつかないけど衝動で生きてる 本能のまま好き勝手に いいのかってくらい 取敢えず今日も相変わらず部屋をピカピカに磨き上げ… このレビューの続きを見る

社会人になりたてのころの私は根拠の無い自信に溢れていた。 何よりも誰よりも自分が正しいと思っていたので 上司にも同僚にも かなりの暴言を吐いたし、 あまりに傍若無人な態度だった。 … このレビューの続きを見る

既に40年の長きに渡って読み続けられており、最近読んだビジネス書でも何度か引用されていた「人間関係の古典書」。 やはり、噂に違わぬ素晴らしい書物! ここに書かれている事全てが実践出来る人間は、本当の“人格者”とも呼ばれる事でしょう。

関連する商品