>
[Amazon] メルカトル

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

メルカトル
メルカトルで自分のブログにレビューを書く

メルカトル

3.2 [3.2](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:849437位
  • Amazon価格:¥ 8,479
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4479650091(大和書房)
メルカトルのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.2 [3.2]

またしても長野作品メルカトルなんだか久々に異国の、不思議ストーリーででも甘いわけじゃなく前回読んだ『白いひつじ』もそうだったけど主人行にあれやこれや不思議な出来事が起きてそんで最後に仕掛人がタネ明か… このレビューの続きを見る

3.2

メルカトル

23:44:By 書庫4

メルカトル ファンタジック 地図収集館で働く青年リュスの周囲で次々と起こる不可思議な出来事―。長野まゆみの新しい魅力が煌めく、極上のロマンティック・ストーリー。 分類は日本文学。913

3.2

メルカトル

11:41:By Pelog ジキル編

この人の作品の主人公って、中身を見るまでも無く容姿は想像がつく。線の細い美少年なんだよ。他聞にもれず、今作もである。珍しいのは女性を好意的に描き、主人公を「そと」の世界に導くという役割を与えていること。

3.2

メルカトル

10:00:By marshmallo

うん。

地図収集館で働く青年と、彼を取り巻く奇妙な人々。登場人物多いなあ、と思ってたら実はそんなにいなかった。 長野まゆみさんの作品ですが、この作品は女性の登場シーンが多いです。少年同士の恋愛もないので、「… このレビューの続きを見る

メルカトル

22:29:By よそゆき

ミロナの町の地図収集館で働く少年、リュス。 忍耐強くささやかな生活を送っていた彼の元に現れたのは 大女優エルヴィラ・モンド、冴えない同名の女エルヴィラ、 ドラックストアで働く黒髪のダナエ、真珠の髪を… このレビューの続きを見る

メルカトル

20:22:By ぶくわむ

重要なんだか戯れなんだかよう分からん登場人物たちの繋がりが明らかになってくるとおもしろい。 しかし、長野作品の少年たちは無防備だな。何回キスされてんだリュス。 ヴィの母親に愚弄される場面では不覚にも泣きそうになった。白々と振舞ってるその裏をつつかれた瞬間。努力が実らない不条理さと虚しさ。感情移入しちまったい。

大和書房 / 2007年4月25日初版 / 1300円 地図収集館で働く青年リュスの周囲で次々と起こる不可思議な出来事―。 長野まゆみの新しい魅力が煌めく、極上のロマンティック・ストーリー。 長野まゆみとい… このレビューの続きを見る

メルカトル

01:09:By THE RED NOTEBOOK

読了

メルカトル

01:07:By THE RED NOTEBOOK

読み始める

救済院そだちのリュスの働くのは地図収集館で働きながら学費を稼いでいる。職場に訪れるどこか不思議な人々が、何故かリュスの生活にかかわってきて…。 どうしよ、普通に面白かったよ!(笑) 長野さんなのに、… このレビューの続きを見る

ジャンルを何にしようか迷います。 でも、謎解きがあるので、ミステリーでいいのかな。 翻訳小説を読んでいるような気分でした。 主人公は17才の少年リュス。 救済院で育ち、大学へ進む学費を稼ぐために地図… このレビューの続きを見る

3.2

メルカトル

23:01:By *rubytuesday

最近なんだかじっとりと痩せて行ってます。おかしいな。 私は1〜3キロの体重の変動が非常に激しくて、一定の体重を切ると痩せすぎてぐったりしてしまうので、減り始めると気をつけて高カロリーのものを食べるよう… このレビューの続きを見る

メルカトル

23:55:By THE RED NOTEBOOK

図書館貸し出し(→6/10)

3.2

メルカトル

22:38:By ぼちぼち

地図収集館で働く青年リュスの周囲で次々と起こる不可思議な出来事──。長野まゆみの新しい魅力が煌めく極上のロマンティック・ストーリー!大和書房HPより 地図が好きです。見てるだけなら。 重度の方向音痴… このレビューの続きを見る

3.2

メルカトル

13:49:By OKULO

 長野まゆみとの出会いは中学生のころである。細身の、それこそ長野まゆみの小説に出てきそうな容姿をした同級の男子生徒がこの作家を紹介してくれた。それ以後たいていの作品は読んだことと思う。大学生になって… このレビューの続きを見る

メルカトル

18:40:By 紅茶党、猫派。

メルカトル 著者/長野まゆみ 救済院で育ったリュスは、大学に通う学費を稼ぐため、ミロナ地図収集館で働き始めた。 孤児であるため幼い頃から人並み以上に自制心を求められたせいか、自己が希薄な彼。 知り… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品