>
[Amazon] 帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて (ちくま新...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて (ちくま新書 (546))
帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて (ちくま新書 (546))で自分のブログにレビューを書く

帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて)

3 [3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:307647位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4480062467(筑摩書房)
帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて (ちくま新書 (546))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3 [3]

 帰ってきたもてない男 女性嫌悪を超えて  著者 : 小谷野敦

「モテ・非モテ」に関して、こういう抽象的&疑似文学的な議論ができた時代、ある意味平和だったのかなぁ、と思わされました。今だったら、経済問題と結びつけられて、「非モテと貧困」とかになりそう。本日は、朝… このレビューの続きを見る

すべての子供に無限の可能性がある、といった能力差を認めない考え方は、スターリンのものだった。 社会思想のほうでは、何をするかは個人の自由、売春するのも自由、麻薬をやるのも自由、といった考え方を、リバ… このレビューの続きを見る

これ続編だったのですね。 そんなこと知らずに読みました。 これはこれでまぁいいかと・・・ もっと軽いバカ本かと思いきや、し・・失礼いたしました。 きちんと色々分析された、もてない論でした。 最… このレビューの続きを見る

関連する商品