DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 金持ち父さん貧乏父さん - ロバート キヨサキ, シャロン・レクター(公認会計士) のレビュー全55件 JUGEMブログ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さんで自分のブログにレビューを書く

金持ち父さん貧乏父さん

おすすめ!3.7 [3.7](55件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:536位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 190
  • ISBN/ASIN:4480863303(筑摩書房)
金持ち父さん貧乏父さんのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(55件) 3.7 [3.7]

  【あらすじ】 ロバートには2人の父親がいた。一人は、金持ちな父さん。もう一人は貧乏な父さんであった。片方は、高学歴で頭が良くいつも裕福な暮らしをしていた。一方、もう一人の父さんは、ハイスクール… このレビューの続きを見る

 昨日ある番組で、住宅ローンの破綻の特集がありました。 この番組に出ていた方々は全て35年ローンでしたが、あまり 無理をして組んでいるようには思えませんでした。 1人だけ1億の豪邸を建てた方がいらっ… このレビューの続きを見る

「金持ち父さん 貧乏父さん」で有名な、ロバート・キヨサキ氏。 会社を倒産させてしまったようです。 ソース→【ガジェット通信】 いやー。 どんな本なのか全く知りませんけど、さすがに苦笑いだよなぁ。 一時期、やたらと読め読め言われましたっけ。 私も成功したら本書こうかな。 「金持ちボンさん 貧乏ボンさん」って。

この手の本は信じられない人も多いかと思います。 自分も怪しいかなーと思いつつ読んでいたんですが それでも引き込まれる何かがありました。 それはこの著者さんが一般家庭…よりは裕福そうですが、 それでも… このレビューの続きを見る

手紙を書いていたら一睡もせずに列車に乗り、途中のら猫にお昼ごはんを奪われそうになったり、電車で爆睡していたら優しいおばあちゃんに起こされて、なんとか着きました。実家に。

JUGEMテーマ:ビジネス書  金持ちは資産を買う 貧乏人の家計は支出ばかり 中流の人間は資産と思って負債を買う p120 はい、そのとおりです。(笑) 「〜〜人間には二種類ある。 一つは人生につつきまわ… このレビューの続きを見る

最近読んだ本です。とっても面白かったので、購入することにして最後まで読んでない状況…本田健さんがこの本をおススメしてたので読んでみたけど、勉強になるかな。家に届いたらもう一回読んでみます◎JUGEMテーマ:自分が読んだ本 

3.7

book_2011_023

14:03:By time of life

JUGEMテーマ:読書

といっても、お金じゃなくご主人様のオナカの事ですがね♪冬は寒くて外に出るのが嫌いな梨音でした。にほんブログ村に参加しています いつも応援ありがとうございます♪ JUGEMテーマ:わんこ

図書館にあるお金に関する本を、次々読むようになって ふと目にとまった、この本…。 はじめて読んだのは、約2年前なのですが とても衝撃を受けました。   主人公のロバート(著者)のお父さんと   ロバート… このレビューの続きを見る

 金持ち父さん 貧乏父さん 出会ったのは10年ほど前だが、その時は 『なんだあのタイトルは。これみよがしでいやだなあ。どうせ低俗に違いない。』 と、決めつけていた。 しかし、まさかここまで人生のお… このレビューの続きを見る

  自称カツマーなので、同じような物を読む必要なないと敬遠していた一冊 だったのですが、別の人から勧められ読んでみると実に為になる一冊。  本名が金持ち父さん貧乏父さんとあったので世間の数名をピッ… このレビューの続きを見る

 カテゴリーをお仕事にするのもなんだかなぁ〜と思いながらも ま、仕事に関係あるとこだからなっとな。 今日、友達に貸すので思い出したように書いてみる。 今年の春頃、高校時代の同級生の男の子に勧めら… このレビューの続きを見る

 みなさんはじめまして。 今日からブログはじめました なぜブログをはじめたのか それは、色々と考え、記録していく必要があるとおもったからです。 実は、現在会社をお休みしています。 2年ほど前に、フ… このレビューの続きを見る

マルクス経済学の基本を分かりやすく解説した本。 挿絵っぽい感じで島耕作がマルクスを語ってるのが なんかミスマッチで笑える。 サブプライムローン問題の後に書かれた本で その辺りもマルクスの考え方と重ねて書… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 ロバートには2人の父親がいた。一人は、金持ちな父さん。もう一人は貧乏な父さんであった。片方は、高学歴で頭が良くいつも裕福な暮らしをしていた。一方、もう一人の父さんは、ハイスクール… このレビューの続きを見る

 本当の厳しさ、本当の優しさ 私は社員から、『厳しい』と言われることがあった。 無論今は、その考え方を改めさせたが、本当の厳しさ、そして本当の優しさ とは一体何だろうか。 例えば、『やさしくし… このレビューの続きを見る

金持ち父さん貧乏父さんこの本は大学4年のときに一度読んだことがあったんだけど、内容がほっとんど頭に入ってなかったのでもう一回読んでみました。社会人になって、またこれまでに色々お金や株などの本を読んでい… このレビューの続きを見る

今年に入ってから、成功実現や自己啓発系の本を ほぼ1日1冊のペースで読んでいます。 ←秋のランキングバナー!かわいいですね♪ 以前は育児に忙しく、全く読書する余裕などなかったのですが、 不思議なもので、… このレビューの続きを見る

 この本に出会ったのは数年前で、その頃はまだまだ「人前でお金の話をするのはあまり良いことではない」という様な暗黙の了解的な風潮があった。それは、日本では特に学校でお金に関する授業と言うものが存在… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 急に再読したくなり、昨日近くの書店で購入しました。 本書が発売されてすぐに1度読んでいたのですが、その後再読することもなく、 いつのまにか書棚から無くなっていました。  改めて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:それでも続く日々……の中で。 やはりこの本は、ここにのこさなければ。 ラットレースからいかに抜け出せるかどうか、考えどころである。 もう一回、この本を読み直してみたいと思う。

▽金持ちはお金のためには働かない ▽お金の流れの読み方を学ぶ  ・持ち家は資産でも投資でもなく負債である ▽自分のビジネスを持つ ▽会社を作って節税する  ・支出は経費で落として残りから税金を払う ▽金持… このレビューの続きを見る

 金持ち父さん貧乏父さん、この本はハワイの日系アメリカ人、ロバートキヨサキという方が書いた本です。賛否両論があるようですが、この本は読むべき本だと思います。金持ち父さん貧乏父さんを読んで、ファイ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 このレビューを書こうと思い、かねもちとうさん と入力して変換したら、金持ち倒産と変換されて笑ってしまいました。 相変わらずアマゾンでは売れているようです。 表紙の金持ち倒産、… このレビューの続きを見る

 もう、何年も前に話題になっていた大ベストセラーのこの本を、今更ながら読んでみました。字が小さくてぎっしり書かれてあるし、ページ数も多いので読み始めるのをためらいそうになりますが、一度読み始めた… このレビューの続きを見る

成り上がりという論点ではとても尊敬できる人の一人。ロバート・キヨサキ氏 ただ、この本の捉え方として、「誰でもお金持ちになれる」と書いてある。 お金持ちの観念は置いておくことにして、 ビジネスの世界で… このレビューの続きを見る

成功本50冊「勝ち抜け」案内を読んで「やはり定番は押さえておいた方が良かろう」と思って読みました。

 ■金持ち父さんの6つの教え ?金持ちはお金のためには働かない ?お金の流れの読み方を学ぶ ?自分のビジネスを持つ ?会社を作って節税する ?金持ちはお金を作り出す ?お金のためかたではなくではなく学… このレビューの続きを見る

 億万長者といわず、企業など投資資金を持っているひとは必ず考えているのは 不労所得といわれる「不動産でしょう!!」 金融資産に比べれば換金性はよくないが、急激な下落もすくないといわれている。 私… このレビューの続きを見る

 億万長者になるためには、まずお金持ちの基本的なかんがえかたや、行動、秘訣を知っておきましょう! ただ闇雲に、株をやってみたり、FXをやってみたり、宝くじで1億円あたたとしてもお金といかに向き合うかと… このレビューの続きを見る

最近、mixi(ミクシィ)などのSNS(ソーシャルネットワーク、インターネット上の対象を限定して公開されたネットワーク、コミュニティ)で、ねずみ講まがいのネットワークビジネス、マルチマーケティングビジネ… このレビューの続きを見る

毎日がなんとなく過ぎている時、これ読んでます。 数ページでもいいんで読んでます。 システムはシステムを知らない人にはとても冷たい。 人生はただ一度。 転機のチャンスは無数に転がっていると思うんです。 それに気づくこと。 それに目を向けること。 それが大事な気がします。 でも暴走は注意。

株やろうかな〜と思ったけど、結局わすれてた。

翻訳本見てから原文ヴァージョンを見る!という英語の勉強のために読んだ本。 一言で言ってしまうと どうやってお金持ちになるか、 またそのお金持ちで居続けるにはどうすべきか? ということが書いてあります… このレビューの続きを見る

■金持ち父さんの6つの教え ?金持ちはお金のためには働かない ?お金の流れの読み方を学ぶ ?自分のビジネスを持つ ?会社を作って節税する ?金持ちはお金を作り出す ?お金のためかたではなくではなく学ぶため… このレビューの続きを見る

金持ち父さん貧乏父さん

お金の哲学

14:14:By CO STYLE BOOK

不景気だと言われている中でも富裕層向けのビジネスが景気いいのは何故?とか、いい会社に入って一生懸命働いて定年退職した人がカツカツの生活しているのは何故?といった疑問や、戦争やテロで世界情勢が不安定に… このレビューの続きを見る

お金に関する書籍の中では、ビジネスや経済の本なんて、ほとんど読んだことがない僕でも知ってるぐらい有名な本です。 前回読んだ、ビジネス・スクールの本と比べると、 けっこう言い回しが回りくどかったりする… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ここ最近頭を悩ましていることを、 だいぶ整理してくれた1冊である。 私が大嫌いだったお金の話の中に、 私の大好きな「Nobless Oblige」や 「Pay it forward」の精神性が多々あることが、 つくづく最近面白いと思う次第である。

JUGEMテーマ:読書 ロバートキヨサキ氏の金持ち父さん 貧乏父さん。 この本は久しく「胡散臭い題名の本」として私の頭のすみにありました。 いやだってキャッチーすぎるんですもの(笑)。 とはいえ先輩… このレビューの続きを見る

会計と投資についてきちんと学ぶ。 そのために自分に投資して、ファイナンシャルIQを高める努力をする。 まず、自分に支払いをしてから、そのほかのものを買うという お金の流れが目からウロコでした。 現… このレビューの続きを見る

※上のリンク先は勢いでつけただけです。本文とはあまり関係ありません。 ---- 寝る前にうっかりTVをつけたら、こんな商品を紹介してました。 ファイナンシャル・インテリジェンス おお。こういうのまでTVショ… このレビューの続きを見る

あまりにも有名すぎる、この本を 今更読みました。 どんなすごいことが書いてあるのだろうか?と。 しかし、そこに書かれていたことは あまりにも当たり前すぎて拍子抜けしました。 でも、そのあまりに… このレビューの続きを見る

いまさらながら読みました。なんでもっと早く読まなかったのだろうと後悔したことが一番の感想。表紙にもありますが「この本を若い時に読んでおいたらよかったのに、でなければせめて私の両親が読んでいてくれたら… このレビューの続きを見る

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ このブログは、管理人Debbyが個人的に「面白いな!」「役に立つな!」と思ったブログを紹介するためのブログです。 記念すべき第一弾は、「家庭防衛軍の良子さん外面日記」… このレビューの続きを見る

金持ちになれそうな気持ちになるけれど、この一冊だけでは実は完結しないちょっとヤラシイ本。ただ、金持ちになるためには何を知るべきか、何を学ばなければならないかを指摘してはくれる。具体的な投資手法や会計の知識は別の本で学ぶ必要あり。金持ちへの道は遠くて長いわけです。

「お金持ちになるにはどうすればよいのですか?」 キヨサキはこう答える。 「学ぶことです。お金以外の何かについて学ぶのと同じ様に、お金について学べばいいのです。」 数年前のベストセラーをいまさらレビ… このレビューの続きを見る

ロバート・キヨサキとシャロン・レクタ−の共著である この書が日本で発売されてからもう6年以上になるでしょうか。 いまだによく売れています。 できたら若いときに読んでおきたい本ですね。 子供を持つ… このレビューの続きを見る

昨日で9連勤終わったと思ったら、今日から4夜勤!!! 練習に加えてフットサルの公式試合が4つ入りーの 体調を崩し、喉が痛み出し てんで、ネットに接続orマイ投資する余裕がない 自分のプアーさに幻滅… このレビューの続きを見る

とりあえず読んでおけ、って前の上司より。全部読み切ってないんだよね、じつは。よもうかな。

3.7

金持ち父さん貧乏父さん

03:43:By

2発目なので、まぁ無難にベストセラーを。 一回目に読んだのは、一年半くらい前の夏でした。 就活を意識しだしたときのことです。 実はこれを読んで金融関係の会社に進もうと思ったりしたわけですが。 そ… このレビューの続きを見る

以前から気になってたけど、いまいち手がのびずいたこの本。 ようやく読んでみた。読書があまり得意ではない私でも、サクっと読める文章・内容で、あっというまに読み終わった。 読み終わった後、「何かしないとなぁ・・・」って気分になる本でした。