DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed レバレッジ・リーディング - 本田 直之 のレビュー全66件 JUGEMブログ

>
[Amazon] レバレッジ・リーディング

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディングで自分のブログにレビューを書く

レバレッジ・リーディング

おすすめ!3.7 [3.7](66件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:2687位
  • Amazon価格:¥ 1,565
  • ユーズド価格:¥ 212
  • ISBN/ASIN:4492042695(東洋経済新報社)
レバレッジ・リーディングのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(66件) 3.7 [3.7]

JUGEMテーマ:読書感想文  当ブログ『本でもって』の主旨は、「自分が読んで良かったもの、☆で言えば3つくらいは最低でもクリアしているもの」をご紹介するという感じです。日々出版される膨大な本の中か… このレビューの続きを見る

年末は本業(外科医の方ね)が忙しく、なかなか日記の更新が出来ませんでした。 早くも一年が経過しようとしております。 今年から始めたブログ、継続性を身につける事を第1に始めた訳ですが、 振り返って見ると… このレビューの続きを見る

------以下は、読後の自分用の要点メモです。☆=筆者の勝手なつぶやき、★=筆者的重要事項です。------・目的を持って読む・本を読んで,そのノウハウを自分流に応用し、実践で活用する・いかにアウトプットするか… このレビューの続きを見る

 こんばんは!あなたの司書です。 3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか? 私は、昨日大学時代の先輩の結婚式2次会に行って参りました。 いいですね♪結婚ってw 受付係として貢献した後、ちゃっかりビン… このレビューの続きを見る

 2007年のベストセラー。この本をきっかけに「レバレッジ」ものがブームになったんだっけ。ワタシもその影響を受けた一人。ちょっと空いた時間に本棚から引っ張り出して、30分くらいでながめてみる。当時はも… このレビューの続きを見る

きょうは夜中にブログ更新です。明日ははじめての朝活読書会です。。課題図書もばっちり読みました。どんな会になるのかすごく楽しみです。興味のある方は、朝活@NGOさんのサイトをご覧ください。20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 それでは先日に引き続 き、最近読んだ本&読みたい本というお題で今日もサクッと行ってみましょう。

確実にリターンが得られる投資は自己投資であるとして、読書は最高の自己投資であると著者の本田直之さんは言います。 本を書くためには、その本の著者はその分野に関する本を60冊以上読まなければいけないと聞い… このレビューの続きを見る

    ビジネスマンと言う忙しい日々の中 仕事に関する本や資料を短期間に 大量に読まなければならない状況に追い込まれている そんな人には すごく必要な一冊だと思います。。 そして・・ 学生の人達にも本… このレビューの続きを見る

レバレッジ・リーディング千葉に来て初めて買った本です。ブログは今までずっと書いてきて、もう書き始めて丸4年になります。自分でもびっくりだ。このブログは3つ目のブログです。今までブログには本のレビューな… このレビューの続きを見る

速度に関しての5冊の本の中で一番私にしっくり来ました。 正直、著者本田さんの「レバレッジ〜」という多数のタイトル本を目にし、 どうも胡散臭い感じをしておりましたが、「読まず嫌い」は良くないと自省しま… このレビューの続きを見る

時間を上手に扱うための知識を得ることが出来た。 シリーズ化されているので他の書籍もご覧になられてはいかがでしょうか?

◆『レバレッジ・リーディング』 帯に「1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法」とある。私は、読書から利益を生み出そうという思いはあまりないが、それでも読書法の本としては参考… このレビューの続きを見る

レバレッジシリーズで有名な本田直之の著書です。本書では、レバレッジリーディングということで、投資としての読書を著者は指摘しています。なんと1500円のビジネス書を読み、そこから得たノウハウを実践してみる… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス ■人気のレバレッジシリーズ■ 本田直之氏の「レバレッジシリーズ」はかなりのベストセラーであることは”言わずもがな”だが、今回はそのシリーズ「レバレッジ・リーディング」だ。2006年の… このレビューの続きを見る

最近読んだ本です。 とても痛いところをつかれた本です。本は読んでいます。では、本で取得した知識やスキル・ノウハウを実際の行動にどのように落とし込んでいますか。 これが、本当に難しい!! でも、… このレビューの続きを見る

・ 1500円の本一冊から得た知識は100倍のレバレッジが聞いておよそ15万円の利益を生むのである。ただ単に読んだのではだめ、本を読んでいた知識をビジネスに生かすことが絶対条件 ・ 本は問題解決のヒントを探すた… このレビューの続きを見る

やっと読み終わった。 やっぱり(なのかな?)就活中のがビジネスに対する意識高いなーと思った。 てか就活終わってからダラダラな気がする…そろそろ気引き締めていかなきゃ。 あ,レビューしんとね。 まぁと… このレビューの続きを見る

ノウハウ本では珍しく一気に読んでしまいました。 この本から言わせると目的をもって読めたからでしょうか。 自分はどうすれば本から得られるものを最大限に生かせるのか、というのを念頭に読みました。 速読… このレビューの続きを見る

速読より多読。 理由は、1冊の本だとその著者の偏見や嗜好に囚われ易い。 そこで、複数の本を読んでいくと、どこかで聞いたようなノウハウや考え方が出てくる。つまり、多くの方が云い使うそれらの手法は原理原則であると解釈していい・・・ ただ、読んだ本のその後の活用方法については・・・違う方法を模索します

本が最強の投資であり、本からどう学ぶと効率がよいかが書いてある 主張は ・インプットしたらアウトプットが必要 私はblogでアウトプットすることにしました。 やっぱり、本を買う資産が学生にはないので… このレビューの続きを見る

レバレッジ・リーディング この本を選んだ理由は、以下の三つだった。 1.勝間和代さんのお勧め著書作品だから。 2.話題のレバレッジ・シリーズに興味があったから。 3.自分の読書法をより効率的に改善さ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス ●ついこの前には、本田直之さんの「レバレッジ人脈術」の記事を投稿しましたが、今回はそのシリーズ「レバレッジ・リーディング」です。 ●まず率直な感想は・・・「これだ!」と思いまし… このレビューの続きを見る

【昨日の7行日記】Powered By 須子はるかさん ・今の目標:キャリアカウンセラーの組織を創る ・昨日挑戦したこと:ホワイトボードの代わりにらくがきちょうを使ってワークを実施 ・一日一善:カウンセリングを… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 あんだけ更新するとか言って全然しててなくてごめんなさい。ほんとひよ子さんはすごいと思う。何より飽き性なもんで続けるってのが苦手。まあ今日はいいやろ→そしてループ。 さてそんな俺… このレビューの続きを見る

レバレッジリーディング(東洋経済新聞社 本田直之著) 多読を薦めるせいなのか?とにかく読みやすいので超速読が可能である。 なるほど朝一番の読書は頭の芯まで沁みこむほど快適だぁ! とにかく最小の労力… このレビューの続きを見る

速読より多読、 読書は他人の成功や失敗、ノウハウを短時間で学べる最高の自己投資。 JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:読書 年末ということで、今年売れた本を読んでみた。 「量」はすべてに勝る! ビジネスで成功したい人のための効率的かつ戦略的な「ビジネス書」読書法 と背表紙に書いてあるように、本書はビジネス書… このレビューの続きを見る

■読書ほど格安の自己投資はありません。  こう言うと必ず、 「読書が大事なことはわかっているけれど、  忙しくて読むヒマがない」    という答えが返ってきます。  しかし、これは私に言わせれ… このレビューの続きを見る

目次 第1章 ビジネス書の多読とは何か?―100倍のリターンをもたらす究極の読書術  ・1500円が15万円になる!  ・ビジネススクールで発見した「多読術」  ・他人の経験を疑似体験する割安な方法 … このレビューの続きを見る

新幹線の時間つぶしに買った本です。 元々ビジネス書を読むのは好きだったのですが、読んでるそばから本は折り目だらけになり、ペンで書き込みを始めていました。 いままでの読み方を覆されたようなそんな本です… このレビューの続きを見る

今日は少しだけ真面目に この本を一言で言うなれば「多読のススメ」 効率的に、そして効果的に本を読む方法を紹介しています。 とは言っても、読み方は人それぞれだと思います 小説には必ずしも当てはまり… このレビューの続きを見る

速読で多読を推奨しています。 プロセスはフォトリーディングと似ている部分が多いです。 相違点は読んだ後のフォローでしょうか。。。 本で得た気づきを記録し、それを実践することとか。 インプット一辺倒だけでなく、アウトプットはやはり大事でしょうか。 でも良く考えるとフォトリーもマインドマップというアウトプット手法がありました。 結局、ほとんど同じですかね。。。

ビジネス書を情報の入力としてとらえて、多読を実施することでパーソナルキャピタルを蓄える。 練習せずに試合に臨むスポーツ選手はいない。読書はビジネスマンの練習であり、仕事は試合の場である。 ■読書は… このレビューの続きを見る

レバレッジシリーズ第1弾の本書。図書館で予約したのはずいぶん前で、もう他の 『レバレッジ時間術』や『レバレッジ・シンキング』を読み終わっていて、(早くレバレッジ・リーディングが読みたい!図書館は諦めて… このレビューの続きを見る

これまた、レバレッジ。

 年間400冊以上を読破しているという本田直之さんが提唱するレバレッジ・リーディングを紹介した本であります。だいぶ前から気になっていた本でありまして、ようやく先日図書館で借りることができました。  … このレビューの続きを見る

実践的ではありますが、内容は深くありません。 筆者が毎年400冊読んでいる、ということを踏まえて読むと 「なるほど」と納得する部分は多いです。 ただ、 ・読書は投資活動 ・ビジネス本は読む前に目的を… このレビューの続きを見る

目的意識をもって、本を読み 余白にも書き込みをして 参考になる部分はメモ書きをして いかに読むことを活用するのか。 そんな技法がかかれています。 読みっぱなしの私にとっては こうしてブログに書き留めるだけで精一杯です。 (;^_^A アセアセ・・・

積読していた本である。 もっと早くから読むべきであった。 読書は、投資活動と思えばこそ、身につくのである。

これまでの読書の "常識" を覆すビジネス読書術。 「時間がないから読書できない」のではなく、「読書をしないから時間がない」 という考え方は、目からウロコもの。 著者の何十年の人生経験が濃縮されてい… このレビューの続きを見る

とにかく、たくさんの本に手を出してみようと思う。 ってことで、この週末に大量購入しすぎた。 ま、読まなくてもストックだな。 使える内容はパクッてやる! レバレッジストラテジー。 他人資本を使えると、かなりスゲーことになるぞ。

なぜ「速読」より「多読」なのか? 1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。 訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。 レバレッジ・シンキングの投資対象のうち、「知識」に関す… このレビューの続きを見る

本の読み方を変える

01:55:By Feed-over

あまりにおもしろくて、今日1日の隙間時間だけで 読みきってしまいました。 移動の電車の中はもちろんのこと、 エレベーターの中とか、 打ち合わせ相手を待つ時間とか、 気合い入れれば、ほんと読む時間な… このレビューの続きを見る

1,500円が15万円になる。 で、始まる本書はたくさんの本を読み、生涯勉強し続けなさいと言っています。 なぜなら、 人間は書物を通じて、人の一生を数時間で疑似体験できる。 他人の経験や知恵が詰まった本… このレビューの続きを見る

生き残りをかけたビジネスマンのための方法論である。 本の読み方には、いろいろある。 精読、乱読、多読、速読、積読… 著者は「多読術=レバレッジ・リーディング」の紹介としているが、 趣旨は「知っている… このレビューの続きを見る

とにかく、読め、読め!!という感じなので、ついスピードアップして飛ばして読んでしまった。でも、同じことが何度も書いてあるので、ひとつやふたつ飛ばしても大丈夫!! 投資活動としての読書のススメなので、万人に受け入れられるものではないけど、読後しばらくは影響されるかも。しかし、ビジネス書ばかりそんなに買いまくって、読みまくってもまだ、新しい発見があるんだなぁ、と感心した。

ああああ

読書をたんなる読書ではなく、経済的行為、つまり投資活動としてとらえています。 本を読んで得た知識をビジネスに生かすことが絶対条件で、「問題解決のヒントを探す」ために本を読む、いらないところは読まない、ポイントのみひろうということです。 常に目的意識を持って、いらないところは思い切って切り捨て、情報の取捨選択をすることにより一日一冊の読書が可能となるのです。

・読んだことを実践に生かすことが大切 ・目的を決めて本を選ぶ ・自分に引き付けて読む ・読む際にはどんどん書き込む ・読書メモを作る ・読書メモは持ち歩き、繰り返し読む

他人の成功体験・ビジネスノウハウをひたすら詰め込むことにより、 自らが経験するために必要な時間軸を圧縮する(スキルアップの速度にレバレッジを効かせる)という方法について書かれた本。 ヒントになりそ… このレビューの続きを見る

「速読」でなく「多読」のすすめ このブログを書くきっかけにもなっています。 ・全部読まなくてもいい。 ・読書は人生への投資

レバレッジとは梃子(てこ)の意味 読書もうまく活用すると、偉大な投資になり、大きな効果ともたらす。 速読でなく多読のすすめ ・ビジネス書1日1冊読みましょう!まずは週1冊からはじめましょう。 ・本… このレビューの続きを見る

 速読系の本で、最近話題の『レバレッジ・リーディング』。  でも実は速読じゃなく多読の本かもしれない。

読書は16%のコアを読破せよ! ちょっとした手間をかけるだけで とっても効率のいい読書ができる。 本を読めば読むほど時間が生まれるが 本を読まない人はいつまでも時間がないと言う。 結果を出すための本の読み方が記してあります。 私にとってかなり革命的な本になりました。 早速、習慣化を心がけて本を読んでいる次第です。

前から気になっていた本。気になったのは本の内容よりも表紙デザインですが。 内容も勉強になる事もあり、一時間程度で読める割には収穫多い本でした。 今まで「大事なところは、メモしよう」と思ってたけどな… このレビューの続きを見る

「多読」のススメってことで手に取った本ですが、それはそれで参考になったのですが、この本を読んでから、毎朝 風呂で読書 を1時間が習慣になりました。 あと、買った本はどんどん汚す、書き込んだり折ったりする、という点も実践しています。

昨年末に本屋の新刊コーナーに置かれていたのを立ち読みして以来、気になっていた本。著者の教えによれば、その時点で本来なら即買って、マーカーを引きながら、一時間くらいで読むと時間を決めて読み、「レバレッジ・メモ」を作って、本が出がらしになるくらいに活用しなければならなかっただろう。

ビジネス書の中では、ずっと健闘している本です。 年末には、こういった本を読もう系の書籍は売れ行きがいいのですが それを過ぎてもずっと好調。評判もいいようですね。 ビジネス書というのは、もともと実用… このレビューの続きを見る

シゴタノ! - 「レバレッジ・リーディング」という方法 いつか読もうと思っていた「レバレッジ・リーディング」がシゴタノ!で紹介されていました。これを読んで思い出したのは受験勉強。

ビジネスに生かすための、ビジネス本の読み方を伝授。読み方というより、利用の仕方、というほうが近いかも。 ・読書を投資活動として捉え、物件(本)を選び、目的を明確にした上で読み、線を引いたり余白にどんどん書き込みをして、読書後のフォロー「レバレッジメモ」作りを定期的に行う。 ・「レバレッジメモ」を常に持ち歩き何度も読み、実践で活用し、条件反射的に行動できるようにする。

本は投資、という考え方に賛成。読書する習慣は自分を助けてくれる。

3.7

投資+読書

16:05:By 八百やちょう

・本をよみっぱにしない ・テーマを持って、リーディングする 自分はちゃんと実践できていなので、 参考になった本 でも、本を全て購入するってのはリスクが高い気が… 立ち読みor図書館で借りた本を斜め読みして、 ”これは!!!”って思う本は、購入したほうが 一般のサラリーマンにはいいな〜って、思う。 人それぞれ

(世界同時株安が止まらない今、あえてこう書いちゃうけど) 投資ブームの真っ只中にありながら、 それでも確実に大きなリターンを得られるのは自己投資だと言われる今日この頃。 一口に「自己投資」… このレビューの続きを見る

最近は図書館で本を借りてばかりだったのですが、 図書館では長期間の「順番待ち」に耐えなければなりません。 しかし、この本はどうしても早く読みたくなって、ついに買ってしまいました。 [ 私が学んだ重要… このレビューの続きを見る

今日からちょこちょこ読んだ本のことでも書こうと思います。 まぁ自分のための備忘録です。 昨年末に読んだ本ですが、一発目ってことで How to reading的な本を載せてみようかと思います。 レバレッジってのは… このレビューの続きを見る

関連する商品