DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 - 高野 登 のレビュー全21件 JUGEMブログ

>
[Amazon] リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間
リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間で自分のブログにレビューを書く

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

おすすめ!3.9 [3.9](21件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:8804位
  • Amazon価格:¥ 1,314
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4761262788(かんき出版)
リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(21件) 3.9 [3.9]

随分前に読んだのを思い出して。。。・人格のチェックをおろそかにしていると、教育に多くの時間とエネルギーを費やすことになる。しかも教育やマニュアル研修ですらも、会社側が期待する結果が表れない。・向上心… このレビューの続きを見る

サービスを超えるものの一つに人のつながり(スタッフ+ゲスト)があると思います。この本を読むと今の機械化されたサービスに疑問が生じます。

 土曜日は東日本大地震チャリティー講演会@ニッショーホールへ行ってきました。 そこで、元リッツ・カールトンの高野登さんのお話を聴くことができました。 高野登さんは、ホスピタリティの神様のような… このレビューの続きを見る

 先日父に勧められて読み始めたビジネス書。 著者の方はリッツ・カールトンに20年勤めた方なので(現在は退職されたのかな)、正直言うと「リッツってこんなに素晴らしいホテルなんだよ」って言うお話が書か… このレビューの続きを見る

読んだ本のアウトプットを始めていこうと思います☆1冊目はこれ。「リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間」リッツ・カールトンはアメリカで誕生したホテル。世界中で展開していて、日本には、大阪と… このレビューの続きを見る

3.9

究極のサービスとは!?

08:09:By

JUGEMテーマ:読書サービスの真髄を公開した本です。 ホスピタリティを学ぶことができます。 心の温まるスタッフの話、お客様に対して行った自発的行動。 ステキなおもてなし。 この話を読むだけでも価値がありま… このレビューの続きを見る

リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間

面白かったです。 もともと、サービス業って好きなんです。 人はみな、気付かないうちに誰かに助けてもらっている。 物理的に、思いやり、情緒的、祈り。 クレドは感性の羅針盤 Don't think. Feel. 83冊目♪

ラグジュアリーすぎて、一般人が泊まるには高級なホテルですね。といっても、私は行ったことないのでまぁなんとも言えないんですけども。普通にホテルマンが読む本ではなく、一般の人こそ読むべきほんだと思います… このレビューの続きを見る

CSとESの両立について考えるいい機会になった。 結局のところ、販売とか接客の最大のモチベーションの一つは、 お客様と通じた!!って瞬間だったり、 このお客様のためにできること全部したい!!っていう瞬間だったりするんだよなあ。 っていうのを思い出させてくれる一冊。時間をおいてもう一度読み直したい。

こんにちは、ライフキャリアカウンセラーの太田聖治です。 なんと、朝7時からリッツカールトンで早朝グルメの会に参加しました。 45階の眺めのよい席で朝日をあびながら朝食を食べるだけで 本当に豊かな気… このレビューの続きを見る

この本は素晴らしい! サービス業の人、人に喜んでもらいたい人、そんな人はまず読んでみたら良い。 言葉としてあるかどうかはわからないけど、理念経営というものはこういうものだということも良くわかる。 リーダーシップを必要とする人にも役に立つ本。

 改めて、高野さんって素晴らしい方だなと思うと同時に、リッツ・カールトンって素敵なホテルんだということを知り、いつか、いつか、絶対に泊まってみたいと。いいえ、絶対に泊まってやる〜〜〜!! 仕事・商売に限らず、他者と係り合いを持つときの心構えとしての基本。 帯にもありますが、人との接し方 について、勉強になりました。 9/1に読みました。

JUGEMテーマ:ビジネス サービスや商品の対価としてお金を支払うときに、 惜しいと思うことはあるだろうか。 逆に全く惜しくないと、多めに支払いたくなるようなことは? サービス業というのはどちらかと… このレビューの続きを見る

解りやすい言葉で書かれているので読みやすい。 JAZZのジャムセッションを例に説明している箇所に大きく共感。 自分が何故JAZZに惹かれるを再認識させられた。 それは、まさに「ホスピタリティ」に繋がる。 「目指す年収の5%を自分に投資する」、実践してみよう。

社内スタッフだけではなく社外のサービスに従事している方達と、サービスをテーマに話しをしている際、必ずと言って良いほど次の言葉を伝えています。 We Are Ladies and Gentlemen. Serving Ladies and Gentlemen. 直訳すると、

今週の火曜日から仕事で大阪へ。(今日の夜に岡山へ帰る予定) こういう時に困るのが食事。 (マクドナルドや吉野家は沢山あるのだけれど…) 毎日うどんや定食を食べていたけど、せっかくだし、マクロビオテ… このレビューの続きを見る

コンビニ店人手不足で四苦八苦 15分から勤務OK 求人専用サイト バイトの人員不足が深刻なようですが サービス業に関して言うとほぼどのような業態でも 同じ状態なようですね。 24時間営業は今後縮小していくような気がします。 ちょっと時給が良いくらいでは割に合わなそう。。。 事業を広げたい企業の思惑は叶わないのでした。

044 『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』 高野登著 かんき出版 1575円 2005/09/05発行 神田昌典さんの『成功者の告白』にてリッツ・カールトン社のクレドが話に 出ていたのが気になって… このレビューの続きを見る

4月14日にザ・リッツ・カールトン・ホテル東京に行ってきました。 3月30日にグランドオープンして、まだ1ヶ月たっていません。 私としても、とても楽しみしていたホテルの誕生でした。 と言うのも、ザ… このレビューの続きを見る