>
[Amazon] チーム・バチスタの栄光

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光で自分のブログにレビューを書く

チーム・バチスタの栄光

おすすめ!3.7 [3.7](85件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:77073位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4796650792(宝島社)
チーム・バチスタの栄光のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(85件) 3.7 [3.7]

JUGEMテーマ:読書 ​ 今年6冊目。

東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review 「チームバチスタの栄光」(宝島社):;海堂尊 最近、読書の量に比べて更新の回数が減っているんで、沢山の更新を待っています。 生多くに曖昧な部分もあると思うのでなんとも言えませんが、一気に読み干すことができました。 医療問題に興味の無い方にも楽しく読める本なのでないかと思います。

JUGEMテーマ:小説全般  妻が睡眠時間を削ってまで本を読むなんてめずらしかったので、借りて読んだら私は、仕事時間すら削りたくなった。(笑) ちなみに「このミステリーがすごい!」大賞の選評会でも、… このレビューの続きを見る

いよーし下巻げっとー! ついでにナイチンゲールの沈黙とジェネラル・ルージュの凱旋もあったので一緒に購入。 やっと白鳥さん出てきた。 確かにドラマと原作との相違は小さくないけど… なんともまぁベシャリがう… このレビューの続きを見る

本日2回目の更新 【チーム・バチスタの栄光】見ました JUGEMテーマ:最近みた映画  アマゾン

 【あらすじ】 東城大学医学部付属病院で、通称愚痴外来と呼ばれる不定愁訴外来で働く田口は、ある日、高階院長に呼び出された。一体何事かと思った田口であったが、院長の話によると、難関手術であるバチス… このレビューの続きを見る

いまさらですが、読んでみました。 さすがに面白いです。 特に、後半からのテンポはすごい。 重要人物の追加、作戦(?)の追加が 分厚い本を一気に読ませます。 二転三転する展開も、深いです。 医療用語もたくさん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  内容紹介 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術である、 バチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。 ところが今、三例続けて術中死が発… このレビューの続きを見る

2006年春読了  ラストを覚えとかないとね 「このミステリーがすごい大賞」といって、 新人のミステリー作家に送られる賞を取っていたので読んでみた。 導入部分がなかなか入りにくかったんだけど、 ちょっと一… このレビューの続きを見る

あり得ん!!

20:58:By Tutto bene

予想はしてたけど… なんかヒドイ(泣) 昨日の夜、眠い中頑張って日記書いて 最後に投稿ボタン押したら なぜか管理者ページにアクセスできませんでした なんて出てきて結局そのままログインできなかったんです。 … このレビューの続きを見る

田口&白鳥

14:19:By Scrapblog

見てます 『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』 前回の『チーム・バチスタの栄光』を再放送で見ちゃって その流れで見始めました。 なので映画は観てません。 仲村トオルくん、ビーバップの時か… このレビューの続きを見る

[ネタバレあり]術中死の原因を探ることを依頼された神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口が主人公。田口は原因追求のため手術スタッフを次々と尋問していく。主人公が少しアウトローなとこがあって… このレビューの続きを見る

3.7

田口・白鳥シリーズ

08:00:By B*C

一歩踏み入れるととんでもない。チーム・バチスタをきっかけに、田口・白鳥シリーズはもちろん、あっという間に海堂尊を読破してしまうことになる。とっかかりはチーム・バチスタを気に入るかどうか。そこをクリアすればすんなり。 『イノセント・ゲリラの祝祭』、作者は実はこういうものをてっとりばやくやりたかったのかな。

JUGEMテーマ:テレビ全般 スペシャルドラマ(フジテレビ)で 「チーム・バチスタの栄光」今夜復活! 昨年、大きな話題を呼んだメディカルエンターテインメント ドラマ『チーム・バチスタの栄光』の特別編。 出演… このレビューの続きを見る

〈あらすじ〉 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招いた。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の、通称“チ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★☆(4.5/5) あらすじ 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。 彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替… このレビューの続きを見る

3.7

8冊目。

22:32:By ただの日記

 

3.7

ジェネラル・ルージュ

14:39:By

現役医師・海堂尊が原作を書いた映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」を見てきた。 「チーム・バチスタの栄光」が出たとき文庫本を買って早速読み始めたのだけれど、 始めの文章がなんとなくとっつきにくくてそのま… このレビューの続きを見る

今更ながらに読んでみたもうドラマも終っちゃって久しい本。 面白かったですよ、もちろん。 結末も以外でしたし、キャラは立ってるし。 話は心臓手術の一つのバチスタ手術を驚異的な成功率で行うチーム。 そ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ミステリとしては一本道で地味なんだが、おもしろがるポイントは医学界に我々が抱く窃視的好奇心を満たす描写の細かさと、変人奇人各種取りそろえた登場人物の言動だろうなぁ。田口公平視点で書かれているから故意にそうしているのかどうかわからないが、文体が結構クド目で修辞的なので、ここで好みが分かれそう。白鳥視点だとどうなるんだか想像もつかん。

JUGEMテーマ:読書  なぜこのタイミングで・・・って感じですが読んじゃいました。 途中の「悼む人」を差し置いて。 そうこうするうちに「悼む人」は直木賞。 早く読了してそっちのことも書きたい。 チーム… このレビューの続きを見る

今更ですが、『チーム・バチスタの栄光』を読み、 そのおもしろさにはまりました 1週間で4冊。 海堂尊さんの本を読みまくってます。 キャラの立ち方もおもしろいし、 東城大学医学部を中心とした世界を、色ん… このレビューの続きを見る

 チーム・バチスタの栄光東城大学医学部付属病院では心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り次々に成功を収めていたところが今、三例続けて手術死が発生しているしかも… このレビューの続きを見る

授業中に(ひまな学校なんで 汗)ドラマ、バチスタの話でもちきりなので。ええ、簡単に影響される性格なんですよ。悪かったですよ。 で、おもしろい!前半は主人公の田口がいい観察眼をおおっぴらに披露しているけ… このレビューの続きを見る

 ドラマを見てるんですが、これからどうなっちゃうのかしら〜? 犯人は誰なのかしら? 原作買って読んじゃいたい…なんて…ね〜 ドラマと原作は違うのかなぁ~ 気になるのでドラマが終わったら原作読もうかと思います

3.7

何か早くね?

23:12:By

たった今、「チーム・バチスタの栄光」の第5話を見終わったところです。 ストーリーはあえて書きませんが、次回予告を見たら、もう犯人がわかるらしいですね。原作ではもうちょっと引っ張っていたと思うんですが、手元に原… このレビューの続きを見る

チーム・バチスタの栄光 著者/海堂尊 東城大学医学部付属病院には、拡張型心筋症の治療手段であるバチスタ手術の専門チームがある。いったん患者の心臓を止めて、肥大した心臓を切り取り縫い合わせて縮小する… このレビューの続きを見る

3.7

2週間ぶり!!

23:53:By Mokky Smile

  先々週、火曜日には、日記を更新すると言って早速ブッチしました。 本当に何も書くことがなかったんです。すいません。 んで、『チームバチスタの栄光』がTVで始まったね。 バチスタ手術中の死亡が医療ミスか?殺人か?ってストーリーなんだけど原作とまた違う雰囲気でやってるけど、なかなか面白そうだね。

  医療ミステリーて想像つかなかったけど、読んでみたら惹きこまれました。 前半と後半で印象が違って面白かったです。それぞれのキャラの濃さが、内容の重さや医療用語の難しさをカバーしていて、楽しく読め… このレビューの続きを見る

最近すっかり、読書というものから離れてました。 お友達が貸してくれたので、読んでみたのですが すっかりハマッて、一挙に読破しちゃいました。 おかげで寝不足。。。まだまだ本はどっさりあるので しばら… このレビューの続きを見る

タイトルだけ見たときは、スポーツ物と思ってました。 他の方の感想を見て医療物だと知って読もうと思ったものの、今度は、とある医療チームが紆余曲折の末に成功を収める的な話だと……。(タイトルまんま。) …… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 いあやー インザプールの伊良部よりもすごい奴が現れた! なんとも言い難い人物像ですが・・・ とても面白楽しく、そしてミステリーな世界 読むべし!

(読んだのは文庫) おもしろかった。 読み終わってから、「あ、そういえばこれミステリだった」って思った作品。 今まで読んできた本とはひと味違った切り口だったなぁ。 続編も読みたい。 映画もそろそろレンタル始まるみたいなんで借りよーっと。

とにかくおもしろい。 出てくる人が魅力的。 主人公の思考がリアルすぎ。

文句無し!星五つですっっ!! すんごくおもしろかったですYO!! 映画になったので映画を先に観た人もいるかもしれません。 私は映画を観てから原作を読む派なんですが映画が封切りされた頃全然興味なかっ… このレビューの続きを見る

最近はめっきり小説を読むことがなくなってしまい、どうしても仕事中心になっている。そんな中で、嫁さんが買ってきた本がピアノの上にあったので読んでみた。 なかなか面白かったといえる。主人公といい、嫌み… このレビューの続きを見る

gremzキーワード:植林 出版社 / 著者からの内容紹介 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続… このレビューの続きを見る

白鳥に魅力を感じるかどうかが 評価の分かれ目な気がする。

一気に読んじゃいました。 【チーム・バチスタの栄光】 バチスタチームの手術の失敗から  原因究明を依頼された主人公の、悩みつつも問題を解決していく姿が上手に描かれています。 バチスタってのが、なんだか分からなかったんですが この小説を読んでよくわかりました。 JUGEMテーマ:趣味

JUGEMテーマ:読書  海堂尊著『チーム・バチスタの栄光』を一昨日読了。  2006年「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。映画化もされていますね(あまり評判が良くないようだが)。  奇跡といわれるほど… このレビューの続きを見る

「チーム・バチスタの栄光」(海堂尊) 「バチスタ手術」というのはよく知らなかったのですが、心臓移植の代替療法として実際にある手術のことなんですね。 「バチスタ手術」を専門的に行う精鋭たち「チーム・バ… このレビューの続きを見る

最近読んだ中で、一番面白いと思った本。 退屈せずに、続きがどんどん気になる感じで最後まで一気に読めました。 展開も人物もしっかり書かれていて飽きません。 ちなみにこの本を読んでいる時、まさに入院中だ… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;チーム・バチスタの栄光 海道 尊 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。 ところが今、三例続け… このレビューの続きを見る

海堂尊『チームバチスタの栄光』(宝島社)

読書

19:54:By Sica×Blog

ブルータワー チーム・バチスタの栄光 死神の精度

映画版のこの作品の存在を知って、小説を手に取りました。 バチスタ、バチスタという言葉は聞いたことありましたが、 その意味を知らなかったので気になっていました。 しかし、著者も医師であるため、医学系… このレビューの続きを見る

映画化された小説の 『チームバチスタの栄光』 映画を観にいきたいと思いつつ 機会を逃してしまったので、 やはり原作を読んでしまいました(^^; 阿部 寛が演じたお役人白鳥役が 気になっていて先に映… このレビューの続きを見る

肥大した心臓を切除する手術の権威桐生が率いる ”チーム・バチスタ”が原因不明の術中死を3連続で引き起こした。 病院長から依頼された愚痴外来の田口は 変人官僚の白鳥と共に原因を探るべく調査に乗り出す。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 んーむ、これは本だったのかもしれないです。 なかなかセンスよく面白いのだけど、だけど、ミステリーではないのです。 《公開時のコピー》 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。

手術室で一体なにが起こっているのか?! 気になってどんどん読み進めてしまった。 白鳥が登場してからの展開の早さが素晴らしい。

映画観てきました。

読み終えた。 面白いです。 映画観たいです。 というか、ある人からものすごく嫌われている気がする。 というか、私自身もそっけなくしてしまう。 心と行動が矛盾してしまうのが私。 素直じゃない、という… このレビューの続きを見る

最近医療ドラマにハマっているせいもあり、鹿男が面白かったせいもあり、立て続けに小説を手に取ってみました。これも映画化されている作品。「このミステリーがすごい」大賞に満場一致で即決された作品だそうです… このレビューの続きを見る

久しぶりに映画を観てきました。 今日はレディースデイなので 「チーム・バチスタの栄光」 まだ、原作は読んでないのですが、面白そうだし、安部さんも竹内さんも好きだし、他の俳優さんも好きな人だらけなので… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 映画観てきましたー 思っていたより笑いがある作品でした (かと言ってそればかりではないですよ。抑える所は抑えていると思います) 犯人がーー。犯人がーーーー(叫)

最近読んだ本そのに

さっぱり読んではいないが、映画の配役から犯人を予想(-ω-)/ 阿部ちゃん竹内は解決側と言う事で白。 バチスタチームの中に犯人がいると言う事から推理・・・ どいつもこいつも犯人が演じられそうな配役… このレビューの続きを見る

最初、劇画チックな文章に慣れなかったが 中盤以降 一気に読めた。 変人「白鳥」のキャラが際立って引き込まれる。 「解説」にもあったけど 「イン・ザ・プール」の伊良部を彷彿とさせる。 伊良部よりもっと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 映画が始まる前に読んでおこうかなぁ、と思い。 面白かった。久しぶりに無理して一気に読んでしまった作品。 キャラクターが面白いし、何よりグッチー可愛い。待 専門用語は素人なので解ら… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これも「このミス大賞」好きな旦那様お奨めの一冊。 「バチスタ手術」の名称はドラマなどでよく耳にする機会があったので 心臓手術の中でも最近流行のやり方で、かつ わりと一般的なもの… このレビューの続きを見る

このミス大賞受賞作。 コレが新人の作品か?というほど、オリジナリティがあって、かつ緻密な展開。 難しい心臓外科手術を連続して成功させてきた大学病院の外科手術チーム「チーム・バチスタ」。 ところが連続… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:エンターテイメント JUGEMテーマ:ミステリ チーム・バチスタの栄光を読了。 発売当初はあんまり興味がなかったのですが、最近、講談社ブルーバックスから出版された『死因不明社会』を読んで… このレビューの続きを見る

あのね、この前映画館に行って知ってから本を読んだんだけど。 映画はね〜2月の初旬に公開なの! んで、竹内結子と阿部寛が主演〜 でさ〜なんと!吉川晃司が出演するの! びっくりではないですか? ウち… このレビューの続きを見る

瀬名さん(いつの話だ!)に続く久々の医療関係・推理モノ。 これってこのミスだったんだよね、それで名前を覚えていて、 たまたま図書館にあったので読んでしまいました。映画かもあるらしい・・・。 感想は辛… このレビューの続きを見る

あらすじ(出版社 / 著者からの内容紹介) 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が… このレビューの続きを見る

本をよむ。 休日だし、2冊くらいは読めるだろうと考えていたけど無理だった。 このはなしは、大学病院が舞台で、医療ミスとか殺人とかたぶんミステリー。 専門用語みたいなのがしょっちゅう出てきて、そこで時間がかかったんだと思う 理解するのに。(できてはいないけど)

ここ最近読んだミステリの中でも一番面白かった 医療ミスの有無をあばくミステリなのだが、やはり現役の医師が書いているだけあってリアリティーがあるし、医療の専門的な話も、平易な言葉で書いてくれているので… このレビューの続きを見る

< 第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作 > 東城大学医学部付属病院は、 米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を 臓器制御外科助教授として招聘した。 彼が構築した外科チームは、… このレビューの続きを見る

よかった!おもしろかった!続編が早く読みたい。 図書館で調べたら、続編2巻ともすごい予約待ちの数。 買って読もうかな〜?

《あらすじ》 東城大学医学部付属病院で行われる桐生助教授を中心とした外科チーム、通称チーム・バチスタ。驚異の手術成功率を誇っていたが、3例続けて術中死が発生した。術中死そのものは不審な点はなかったが、… このレビューの続きを見る

東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威 桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。 彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の 通称“チーム・バ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチス… このレビューの続きを見る

 最初は医療事故を見せかけた殺人の話かと思ってたんだけど、まあ結局はそれが大筋になっているんだけど、中盤から探偵役の白鳥にすべて持ってかれました。きちんと病院内部のことを描ききっていて、なおかつキャ… このレビューの続きを見る

東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチス… このレビューの続きを見る

東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチス… このレビューの続きを見る

このミス大賞の本。 ずっと気になっていた話題の本ですが、ここ何回かこのミス大賞には何度か期待して裏切られてきたので、読むのが遅れてしまいました。 が! 面白かったです。主人公が、アウトローチックな… このレビューの続きを見る

やー面白かった! これがデビュー作なんて、すごいね。 人間が生き生き描かれてて、長くても読むの全然飽きなかった。 ただ、ミステリ自体はあんまり深くなかったのが残念といえば残念。 本筋以外の謎が面白すぎた。

3.7

チーム・バチスタの栄光

17:35:By

第4回このミス大賞受賞作。 前々から気にはなっていたけど、医療モノということで敬遠してた作品。 でも、ちょっと気が向いたので読んでみた。 面白かった。 全然ドロドロしていないし、キャラが立っていてgood… このレビューの続きを見る

村田文庫からピックアップした1冊。 「このミステリーが読みたい!」 に選ばれていることもあり、期待できる作品であり、 読後感としても、その期待は裏切られることはない。 原因不明の術中死、その裏にあった歯車のずれ、 その展開の巧妙さは、見事だと思います。

3.7

チーム・バチスタの栄光

11:39:By

インターンで疲れていても、相変わらず本を読み読み。 活字中毒なんでしょうね 色々な種類のものを読み漁り、いつも通りブログに書こう!と思っていたの。 そうしたら、ジュゲムさんにレビュー投稿なんて新た… このレビューの続きを見る

出世欲のない万年講師、不定愁訴外来医師の田口が依頼されたのは、術中死の監査役だった。嫌々ながらも調査を進めるうちに、ただの術中死ではないのではないかと、奇妙な違和感を覚え…。 第4回『このミステリー… このレビューの続きを見る

3.7

チーム・バチスタの栄光

01:11:By

面白い。 文章が「読ませる」ことに慣れている、と感じさせるものだ。 先が読めないのは私が悪いのか、作者が悪いのか、ま、乗って読ませられたのは作者の腕でしょう。 久しぶりに時間を忘れて読むことができました。

関連する商品