>
[Amazon] 話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)で自分のブログにレビューを書く

話すチカラをつくる本

おすすめ!3.9 [3.9](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:37854位
  • Amazon価格:¥ 514
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4837976263(三笠書房)
話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.9 [3.9]

話すことについて知りたくて読書。 他書の上手に話すと少し違った視点で説明されている。 意見+論拠の基本は疎かになりやすい。 相手の共感を得るとはどんな話し方か。 正論を言い過ぎるとなぜ理解されなく… このレビューの続きを見る

 友人に勧められて読みました。山田ズニーさんのことはそれまでまったく知らなかったです。進研ゼミで小論文の編集長をしていたそうです。書くことが苦手な息子に役に立つと思い、勧めました。わかりやすい文… このレビューの続きを見る

 この本も割と上位やな。Amazonランキング。 意見がない文章は、読んでもよくわからん。 理由がない文章は、読んでもよくわからん。 例文で示されると、それがよく分かった。 そして、意外と自分がそういう類の文章を作ることがあることも。 気をつけよう。

 久しぶりに本のレビューでも。同じような事を言っているのに、信頼される人もいればされない人もいます。では信頼されるにはどんな事に気をつけたらいいか、についての本です。薄くて図や絵が多いのですぐに読めます。励まそうとしてるのにいつも落ち込ませてしまう、とか謝ってるのに逆に怒らせてしまってばかり、とかそういう人はパラパラっと読むといい事あるかも?

山田ズーニーさんの本は言葉がやわらかくて、肩肘はらずにすとんとハラに落ちます。 話す以前に、「自分はこう思っている!」というのを 相手に発信するのがあんまり得意でない上に、 それでもいっかーと思っていたのですが、 言わなくても相手はわかってくれている! と思うのはとても傲慢なことだと反省しました。 でも、なんでもかんでも言ったらいいというわけでもない。 コミュニケーションってむずかしいなぁ。

この本の購入のきっかけを失念してしまった。 エリエスブックコンサルティングの土居さんのメルマガの紹介か、あるいはアマゾンのリコメンドのどっちかだとは思うが、いいっ!と思った本。 サイズは文庫本サイズ… このレビューの続きを見る

売り文句のとおりほんとに30分で読めました! このくらい軽い感じが通勤時間を使って読むのにはぴったりですね。 しかし、内容はしっかり詰まってます。 Amazonの紹介にも載っている↓が本書のポイントになって… このレビューの続きを見る

またまたズーニーさんの本. 文庫サイズだし、薄いし..さっと読めます(1時間ちょっとぐらい.) てっとりばやいズーニーさんのアーカイブ本という感じです. ここのお勧めに載せている『あなたの話はなぜ「通… このレビューの続きを見る

関連する商品