>
[Amazon] ホテル・アイリス (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ホテル・アイリス (幻冬舎文庫)
ホテル・アイリス (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

ホテル・アイリス

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:169742位
  • Amazon価格:¥ 545
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4877286209(幻冬舎)
ホテル・アイリス (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

読んだらとても怖くなった。 現実と妄想の境目が分からなくなって。 なにを信じたらいいのか。 なにを見ればいいのか。 今日の天気が悪かった。 うだる様な夏を思い起こしてくれた日だった。 夏は嫌いだ。

JUGEMテーマ:読書 海辺の観光地に建つホテル「アイリス」 家業を手伝う少女はある夜、商売女とともに泊まっていた客の初老の男の声に耳を奪われる。 離島に一人で暮らし、ロシア語の翻訳をするその男と少女… このレビューの続きを見る

染みだらけの彼の背中を、私はなめる。腹の皺の間に、汗で湿った脇に、足の裏に、舌を這わせる。私の仕える肉体は醜ければ醜いほどいい。乱暴に操られるただの肉の塊となった時、ようやくその奥から純粋な快感がし… このレビューの続きを見る

母娘で切り盛りするホテルで、夢も希望もなくただひたすら母の支配下の元働くマリ。 ある時、宿泊しに来たことから知り合う初老の男と特殊な関係を築いていく…。 どうしても合いませんでした。 倒錯するような感覚が面白い?のでしょうか… SMっぽいのもあまり好みじゃなかったです。 時間のない空間に閉じ込められるような感覚が苦手でした。

染みだらけの彼の背中を、私はなめる。 腹の皺の間に、汗で湿った脇に、足の裏に、舌を這わせる。 私の仕える肉体は醜ければ醜いほどいい。 乱暴に操られるただの肉の塊となった時、ようやくその奥から純粋な会館がしみ出してくる・・・・・・。 少女と老人が共有したのは滑稽で淫靡な暗闇の密室そのものだった――

関連する商品