>
[Amazon] 地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]
地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]で自分のブログにレビューを書く

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]

おすすめ!3.3 [3.3](41件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:DVD
  • Amazonランキング:30992位
  • 定価:¥ 4,104
  • Amazon価格:¥ 2,824
  • ユーズド価格:¥ 283
  • ISBN/ASIN:B000M330DO(ジェネオン エンタテインメント)
地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(41件) 3.3 [3.3]

地下鉄(メトロ)に乗って(2006) 監督:篠原哲雄 スッキリしない。

 キャストがすごく豪華な印象。主役張れる役者がゴロゴロいるような。タイムスリップの法則が見えないので、そこが気になって話に入り込みづらかったが、途中からは「ああ、特に法則はないんだな。それでいい… このレビューの続きを見る

本日2回目の更新 【地下鉄に乗って(メトロに乗って) 】見ました 親の若い頃って、どんなんだったんでしょうね〜 今日ムスメは、公園で遊んだ後、うちで友達と遊んでいます そのお友達は、元気なんだけど、「肩がいたい〜、暑い〜、寒い〜、」と時々ゴロゴロしていたので、熱を測ってみたら、38.6度 弟の風邪がうつったようです JUGEMテーマ:最近みた映画  アマゾン

せつない(´・ω・`) 徐々に心の奥の真実が近づいてくる感じ そしてみちこの決断… あやまりながら行かないでってなる(T_T)

大好きな新中野が舞台だというので、試写会に応募(自腹じゃ行かない・笑)。見事当選して行ってきました。永田町を始め、赤坂見附など通勤で見慣れた景色満載♪あの永田町の乗り換え道で転んで靱帯を伸ばし、救急車… このレビューの続きを見る

いつもと同じ会社からの帰り道。 地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこはオリンピック開催に沸く昭和39年の東京だった―。 時空を超える旅を続けるうちに明らかになる、父の真実の姿。 そして、驚くべき秘密。そ… このレビューの続きを見る

父親が見ていたのに便乗。一応カウントしてみる。

原作を読んでいなかったのですが。 物語に感情移入ができなくて、感動もできませんでした。 大沢たかおの熱演は良かったのですが。 展開も急すぎて、SFとは言い難いとんでも展開についていけなかった。 映画に罪はないのかもしれないのかな・・・。

■Yahoo!映画 あらすじ 

「地下鉄(メトロ)に乗って」  ★★★ 監督 : 篠原哲雄 脚本 : 石黒尚美 出演 : 堤真一            岡本綾          &nb… このレビューの続きを見る

想像よりも面白かったな。 そういう展開かー、と。 ファンタジーやねー。 JUGEMテーマ:映画 

自分の視点でしか 考えられないって しかたないことだけど 悲しい もっともっとわかっていたら あんなこともこんなことも 言わなかったに 思わなかったのに 地下鉄に乗って、過去に出会う。 地下鉄で時間を移動するときの画面が ちょっとみづらかった みちこの決断が かなしい

地下鉄(メトロ)に乗って

15:56:By *

観ました! ・・・私、ここ1ヶ月くらいで、何年分かの作品を一気に観ている気がします; 今月、何本目だろ? ちなみに。 イチニチに観る最高数は6本です。 1本の時間にも寄りますが、おおよそ、そのくらい。 でも、落ち着いてゆったり観るならやはり1日2,3本が限度。 ちなみに、これを観たあとに『ガリ●オ』を観ました。 2〜5巻まで(笑

「地下鉄(メトロ)に乗って」のDVDをTSUTAYAで借りてきた。 ううん。。なんだか哀しい。。岡本綾の役どころがあまりに切なくて哀しい。浅田次郎の原作を読んでないので何とも言えないが、原作もこんなストーリ… このレビューの続きを見る

3.3

地下鉄(メトロ)に乗って

14:29:By

もう一度見たくなる

『地下鉄に乗って』 2006年公開 主演:堤真一、大沢たかお ●あらすじ。 主人公は40代の会社員。 家族もいて子供もいて、そして普通に中小に勤めている会社員。 仕事帰りに地下鉄に乗るためにホー… このレビューの続きを見る

内容紹介 いつもと同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこはオリンピック開催に沸く昭和39年の東京だった―。真次(堤真一)に突如訪れた、現実とも夢とも信じがたいタイムスリップ。真次は… このレビューの続きを見る

久しぶりにこんなもやもや感が残る映画をみた。 TVでやっていたのを見たんだけど、なんかすっきりしない。 地下鉄の関係ある所で、タイムスリップするのかと思っていたら、 そうでもなかったりして少し残念。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 テレビの感想ですみません。。 ずっと見たかったのですが、ようやく見れました。 こういうお話・・・好きです。 テーマは親子の繋がりというか、愛というか、 父親に反発していた息子が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 テレビでやってたので観ました。公開当時にも気になってたんだった。大沢たかおは好きじゃないけど、堤真一が好きだからよし。そして岡本綾がきれいでした。雰囲気のよい映画。蒸し暑くなってきた日曜の夜にいい感じでリラックスできた。明日からまたがんばります。

岡本綾はなかなか可愛かったけど、不倫で近親相姦で自殺かよ!(ネタばれ) うーむ<(==)>

あんまり、地上波でオンタイムで映画を見ることってないんだけど 今日は珍しく見れました。 引き続き浅田次郎。 ファンタジー、でした。 昔の人は強いなぁ・・・。

先日原作を読んだばかりだったので、テレビでやると知って楽しみにしてました。あれをどうやって映像化したものか。気になってました。 そして、キャストもいけてますよね。 うまいですね。 結構、原作に忠実… このレビューの続きを見る

今日は今日とて、祖母の容態が悪化したり(とりあえず落ち着いたけど…)、パニックになって焼けたお鍋をつかんで火傷したり…と、バタバタな1日でした。   今日はテレビのロードショー「地下鉄に乗って」…か。 あまり興味が無いし手も使えないので、久しぶりにじっくり本を読もう…

今日は何もする事がなかったので、先週に引き続き映画を観に行ってきました。 今日観たのは『地下鉄に乗って』。 台湾では一昨日から公開中です。 堤真一演じる主人公・長谷部が、地下鉄の駅を出たら1964年にタ… このレビューの続きを見る

ほっこりとした温かさ、懐かしさ+感動(感涙)を期待したのですが、 見終えて感じたのは違和感・・・。 ほろりとはできませんでした。 なんというか、砂が少し口に入ったような感じ。 もともと不倫を純愛風… このレビューの続きを見る

東京オリンピックの年、日本で初めて地下鉄が開通した。 同年、兄が事故で亡くなった。 一代で築いた裕福な企業家の父、横暴に耐える母。弟。 次男だった僕は暴力的で理不尽な父親に耐え切れず 離婚した母親と… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画 大人になった主人公たちが地下鉄に乗って 現在と過去を行き来する中で 親の生きざまや考え方を知り 自分の生き方を考える。 ある場面では涙が出ました。 salyuの『プラットホーム』が印象的。

子の起源は父親、父親の起源は子。そして自らの命を過去に遡って消した妹。はかなく切ないストーリー。過去で兄を救えていたら、どうなっていたんだろうか?そんな結末も考えたくなっていく。文句なく★3つ。

松竹/東急・2006年10月・122分 【あらすじ】 直木賞作家、浅田次郎の原点にして頂点、豪華キャスト&一流スタッフで、ついに映画化! いつもと同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこは… このレビューの続きを見る

これ、ずっと前にミュージカルでやったのを観たことがあります(TV放映でだけど)。 なので、映画化が決まったときに「観たいなー」と思ってたんですよ。 ただ、話の内容とか全然覚えてなかったので、初見同様(… このレビューの続きを見る

内容紹介 いつもと同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階段を上がると、そこはオリンピック開催に沸く昭和39年の東京だった―。真次(堤真一)に突如訪れた、現実とも夢とも信じがたいタイムスリップ。真次は恋… このレビューの続きを見る

まずSalyuの生歌が・・・やばかったです。 鳥肌立ちました。。 まじかで見たので余計です! Salyuのこと知らなかった年配の方もすごくいいなって言ってるの聞こえましたw そして本題の映画のほう。 浅田次… このレビューの続きを見る

前から気になっていたのでこのGWにと見ることにした。 昭和の町並みが再現されていたりして 私としては「住まいのミュージアム」的面持ちで なにややら楽しかった。 ストーリー性は悪くはないが、少々解せない点も なくはない。 父と息子 母と娘をタイムスリップ?で描く作品 見る価値はある作品だと思う私だった

ストーリーは、何故かはよくわからないけれども 地下鉄に乗って、過去にタイムスリップしてしまった男女の物語。 ある時は兄の死ぬ直前に、またある時は、父が若いころの戦後時代に、 またある時は父が出兵する… このレビューの続きを見る

地下鉄に乗ってのDVDを観賞しました〜 昭和39年代にタイムスリップしてしまう不思議な体験ものでした〜 大沢たかおさんは、確か堤真一さんより年下だったと思ったけど 父親役を演じていて貫禄がありまし… このレビューの続きを見る

浅田次郎原作の小説を映画化、「地下鉄(メトロ)に乗って」。 この映画には、本当にハマリました。 あまりにもハマッて、映画館へは2回行き、DVDでも何回も見ています。 ファンタジーという枠を超え、昭和から平… このレビューの続きを見る

少し複雑だったけど、不思議で面白かったです

ちょっと想像してたのと話が違いました。 以下ネタばれあり

テレビで見ていた作品と違って何度も現実と過去を行き来していることと、地下鉄に乗ってないのに過去へ行ってしまうことなどちょっと不思議な感じはありました。 更に終わりがけの衝撃の事実!にはビックリ。「罪… このレビューの続きを見る

関連する商品