[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""][pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] JUGEM レビュー 新着 | ブログ作成ならJUGEM(ジュゲム)

ホーム > JUGEMを楽しむ > JUGEM レビュー > 新着レビュー一覧
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

レビュー検索

新着レビュー一覧

葬儀屋で働く人たちを軸に そこから派生する人間模様。   「死」と密接するゆえ 必ず 必要なのに ある意味 疎まれる仕事。   町田ワールドは 初っ端 ドーンと重いけれど 物語が進むにつれ 人の心の体温が注入され 慈悲深くなる。   これも例外ではなく いろんな形の愛が描かれてい...【レビューの続きを見る

女性皇族として初めて海外で博士号を取得された彬子女王殿下による英国留学記・・・ 【あらすじ】 ドアを閉めた瞬間に涙がこぼれた。思えば、あれが留学生活最初で最後の「帰りたい」と思った瞬間だった。本書は2004年から5年間、英国のオックスフォード大学に留学し、女性皇族として初めて海外で博士号を取得して帰国された彬子女王...【レビューの続きを見る

縄文土偶が誘う黄金伝説の壮大な謎・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ! ⇒ 人気ブログランキングへ 【あらすじ】 莫大な富で防衛庁を操り、首相も怯む“闇の巨人”を追っていた新聞記者が、怪光を発して飛び立つ円盤と、縄文土偶とも見える宇宙人を目撃する。縄文土偶の謎に誘われ古代黄金の眠る伝説...【レビューの続きを見る

道ならぬ二つの恋のお話。 からりと明るい関西弁に救われるも 着地点が厳しい…。   幸福と不幸が 日替わりで訪れる毎日は 身体的にも気持ち的にも 体力のある年齢じゃないと 続かないだろうな。   強い 女子二人。 それからの二人、を読みたい。 【レビューの続きを見る

中山作品。 本当に何年ぶりかで拝読。   不幸な生い立ちの 孤独な二人の女性。 運命的な出会いをし 恋に落ち 本人たちはもちろん 周り中が大波に飲まれていく。   スピード感があるのに 心情の揺れや 温度が 細かに描かれていており いつも通り 安定の中山ワールドでした。   ...【レビューの続きを見る

自分を出産中に脳出血を起こし 以来 植物状態になった母。   25年、それを見ながら成長し 成人し 結婚し、自分も母になる。 やがてその母を見送る。   「もし自分だったら」   考えながら読むも 重い状態で 仮説できない。   「その瞬間瞬間、ただ呼吸をして、そして、とうとう...【レビューの続きを見る

初めての作家さん。   ある人物に関して いろいろ 多方面の証言で構築される物語。 このパターンは大抵グイグイ系で 一気読みになる。 これもまさにそう。   自己啓発系 サロン主催者 且つ 売れっ子エッセイ作家 ファン 多し。 信奉者 多し。 でも 自己愛性パーソナリティ障害。 その被害...【レビューの続きを見る

諸葛亮 彼には父:諸葛珪、兄:諸葛瑾 弟:諸葛均 ほかに姉がいる この諸葛家があるのは徐州琅邪国の陽都県  この頃、兄は 父の弟の諸葛玄の世話で留学することになった。 そんなある日 兄は洛陽で就学は順調であったが  翌年に洛陽で皇帝霊帝が崩御 長男の即位に異を唱え  何皇后の兄 何進が強権をふるい  果...【レビューの続きを見る

牧野千穂さんの絵が好きで購入。   おはなしも 絵も 優しくて 可愛い。   「物事はすべて表裏一体」   可愛いだけじゃなくて 生きていく知恵も織り込まれており うれしい気持ちになる。     【レビューの続きを見る

京都の小さな病院を舞台に 実は敏腕  でも 地位にも名誉にも まるで無関心で温和な マチ先生のお話。   実はかなり重く 深刻なテーマなのに 登場人物たちのキャラで あたたかく おっとりとした展開。   誠実でスーパーマンみたいなドクター。 ドラマになったら 人気者になること 間違い...【レビューの続きを見る

ほとほとツイてない のろまな中年主婦と いい加減で強引な 年増キャバ嬢。   二人の波乱万丈 ほんとはミステリーだけど 結局は ドタバタ展開劇。   ストーリーが加速してくるまでは 中年おばちゃんの鈍臭さにうんざりで 少々 辛抱が要る。   後半 瞬きする間もないほど 話はビュンビュン...【レビューの続きを見る

図書館本。   かなしみを 実物大で そのまま受け止めよう、という本。   かなしみを恐れるあまり 見えないジャンボお化けを 創り出さぬよう そのまま 黙って寄り添っていればいい… と。   優しいようで 実は深い話。 子供達が読んだら どういう反応をするんだろうな。 【レビューの続きを見る

「傷」にまつわる短編集。   グロテスクな モノクロ写真を見ているような 千早ワールド健在。 エグいというより 痛く哀しい感触。   程度の差はあるにしろ 人には誰でもいくつかの傷跡がある。 そこに何かしらの物語があり 傷跡自体の呟きがある。   転んで作ったもの 犬に噛まれ...【レビューの続きを見る

長い とにかく 長い。 前半 ググッと引き寄せられるけれど その後の堂々巡り感が苦しい。   婚活の果て恋愛にフェードインした男女。 やがて 婚約するも 突如女子が消え 男子の彼女捜索が始まって。。。   恋愛・婚活・結婚・幸福 安定・将来・承認欲求 自己評価・他己評価 ・・・・・・ &...【レビューの続きを見る

町には義理や人情が渦巻いている・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ! ⇒ 人気ブログランキングへ 【あらすじ】 心地よい風の吹く、大阪南部の海辺の町。妻子に逃げられた50オトコが元カノに拾われた先は「喫茶テンノット」。男は、店に来る顔馴染みや町の人々と、再び人生に向き直っていく。身内を亡くしたイ...【レビューの続きを見る

  梅雨時、通勤時の傘の持ち運びは意外と悩みどころです。雨に濡れないようにしたいけれど、かさばる傘を持ち歩くのは荷物になり、特に満員電車では邪魔になってしまいますよね。 そこで今回は、梅雨時の通勤を快適にする、傘の持ち運び方法をご紹介します。   1. 軽量でコンパクトな傘を選ぶ まず、持ち運びやすいよ...【レビューの続きを見る

宇佐美ワールドにしては 少し 強引さは否めない。   でも このところ続けて 宇佐美作品を読んで思うけれども 解説で触れられている通り 書いて 書いて 書かずにはいられない人なんだなあ…と 腑に落ちた感じ。   最後の最後 オセロがひっくり返るような展開も 宇佐美らしい。  ...【レビューの続きを見る

図書館本。   先日読み終えた 前田隆弘「 死なれちゃったあとで 」で 故・雨宮さんについて多く触れられていた。 特に本書が圧巻だそうで拝読。   自分の狡さを見過ごせない 誤魔化せない 厳しくて繊細で人。 真っ黒な 真っ暗なことを 軽妙 なおかつユーモアまで含めて 書いてのけてる。 &...【レビューの続きを見る

ワぁ、ゴッホになるッ!   まずは来訪記念にどうかひとつ! ⇒ 人気ブログランキングへ 【あらすじ】 1924年、画家への憧れを胸に裸一貫で青森から上京した棟方志功。しかし、絵を教えてくれる師もおらず、画材を買うお金もなく、弱視のせいでモデルの身体の線を捉えられない棟方は、展覧会に出品するも落選し続ける...【レビューの続きを見る