• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

アジア

このテーマに投稿された記事:1486件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c149/478/
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

インドでの両替事情

今回のインド到着後 初めて味わった経験をお伝えします。 もうすぐインドに渡る皆様のために その事情を伝えた方が何かのためになると思って投稿します。   インドでは中心都市以外は 殆どの店は現金での取引です。ですから政府はブラックマネーが充満しているこの国を制御する為も一つの対策になったのだろうと思います。そして、民間に 電子マネー、クレジットカードの利用を増やしたいというもくろみもあると思います。  現地でインド人も皆そう言ってるのです。 今月、 突然数時間後にインド政府が...

PADMIN アーユルヴェーダ&ヨガ | 2016.12.20 Tue 16:50

パキスタンから神戸まで 13

9.そして神戸 鄭州行きの切符を1等軟臥(寝台)473元(15600円)で買わされる。1等軟臥の乗客は特権階級の人たちである。中国人は年齢制限・収入制限・パスポート所持などの条件がそろわないとと乗れない。外国人に対しては、他の切符はないといい、一等軟臥に乗せる方針であるらしい。おまけに外国人料金は中国人の2倍である。 庶民の利用する2等硬座(座席)は一年前までは、その乗車率が200−300%であったという。中国では列車の旅は大変なのである。 柳園発15時50分特快北京行きの一等軟臥は4人1室である。洛陽大学の日本人...

地平線をさがして | 2016.12.05 Mon 13:22

パキスタンから神戸まで 12

12.敦煌の飛天たち 敦煌は甘粛省のオアシス都市である。ここもシルクロードの交差点である。 敦煌の入口に立つとき、今にも押し寄せる砂漠に埋もれて消えそうな、莫高窟の姿に人間の力強い意志の力を感じる。中には、五世紀から十五世紀にかけての、北涼期・北魏・随・唐・五代・元と紡がれてきた、仏や菩薩像が浮かびあがり、飛天たちの舞う姿がある。空間を滑るように落ちてくる飛天は一瞬動きを停める。その天衣が翻える。そして体をよじると別の空間をめざして飛翔する。  もうすぐ、陽が落ちようとしている鳴沙山に...

地平線をさがして | 2016.12.05 Mon 13:14

パキスタンから神戸まで 9

JUGEMテーマ:放浪記 JUGEMテーマ:アジア 9.タクラマカン砂漠の手打ち麺 北京を中心に決められる中国標準時間(北京時間)は、この中国西端の土地にも適用される。人々は彼らの実生活と合わない北京時間に対し、自分達の新疆時間を使う。北京時間の正午12時は、ここではまだ昼には程遠い。そこで新疆時間午前10時としている。 クチャ行きバスの出発時刻7時半と書いてある。これは2時間早い5時半 (新疆時間)のことなのだろうか。それとも新疆時間の7時半なのだろうか。大事を取って、未明の町をバス停へ行った...

地平線をさがして | 2016.11.23 Wed 06:36

パキスタンから神戸まで 7

JUGEMテーマ:アジア 7.クンジュラフ峠越え   静かな国境の町の夜が明け、朝5時カテドラル・ピークの先端に陽光があたる。 朝からよく晴れて気温もどんどん上がる。今日、中国へクンジュラフ峠を越えるのは1人の日本人と約30人のパキスタン商人である。 広場を囲んで待つほどに、やがて時間になり、出国審査の役人がやって来た。助手が大きな部厚いノートを抱えている。役人は椅子に座ると、最初に「日本人」を呼んだ。「ここから先へ行くと、二度と引きかえすことは出来ない。それでよいか?」。審査はそれ...

地平線をさがして | 2016.11.20 Sun 07:32

パキスタンから神戸まで 4

JUGEMテーマ:アジア 4.タキシラのセドラちゃん 宿に取ったタキシラモーテルは博物館の向かいにある。ここのセドラちゃんという小学2年生と友達になる。おかっぱの女の子である。「せっせっせ。セドラちゃん」と言うとうれしそうな顔になってニコッと笑う。 彼女はまず、挨拶を教えてくれた。「アッサラーム アライクム」。 これに対しては「ワーライク マッサラーム」である。 学校の授業は英語であるらしい。彼女は英会話練習の相手に最適だ。 セドラちゃん「Your eyes are beautiful」 僕「Your e...

地平線をさがして | 2016.11.12 Sat 05:03

パキスタンから神戸まで 3

JUGEMテーマ:アジア   3.「日本人を二人知っている」   仏教遺跡があるタキシラへ行ってみる。駅で切符を買うと4ルピー(28円)である。改札の男に尋ねる。 「タキシラへ行く列車はどれか」 「わからん。中央口で聞け」 中央口がどこにあるのかわからないので、別の改札で聞いてみる。 「知らん。インフォメーションへ行け」 インフォメーションなんてどこにあるんだ。 駅長室があるので入ると、駅長はただいま電話中。隣に座る男に聞く。自分のノートを開いて調べていたが「ウーン・・・困っ...

地平線をさがして | 2016.11.11 Fri 05:06

パキスタンから神戸まで 2

JUGEMテーマ:アジア   2.男。男。男。ラワルピンディーの町 荷物のチェックを受けないまま空港の外へ出てしまう。むっとする熱気。暗闇の中にたくさんの人がいる。白い服を着ている。日本で予約したHotel Holidayを知らないかと尋ねるとHoliday Innと勘違いしている。俺のホテルはそんな高級じゃない。とにかくやっとのこと迎えに来ていた旅行代理店の男に会う。ジッダから戻った人たちで空港は溢れかえっていると言う。整理する警官もいない広場を我がちに出ようとする車で身動きができない。やがて車は深夜の町...

地平線をさがして | 2016.11.09 Wed 05:38

チベット1987年夏 5

JUGEMテーマ:アジア 5.ラサ  バスは快適に走り続け、やがて樹木が現れ始めると菜の花と青い麦穂の向こうにラサの街が見えてきた。バスの左手前には写真で見たポタラ宮殿が迫る。 ラサは思ったより小さな街である。壁を白く塗った人家が並んでいる。バスを降りるとおじさんがいて1人1元で、荷物を運んでくれるという。おじさんのがらがら曳く大八車についてYak Hotelへ行く。宿泊客の大部分は白人バックパッカ―である。花に溢れた中庭で昼寝をしたりビールを飲んだり話したりとラサの5日間を過ごした。 ラサの人々に...

地平線をさがして | 2016.11.05 Sat 05:58

チベット1987年夏 4

JUGEMテーマ:アジア 4.西寧からゴルムドへ 西寧賓館の同室は桜井君(東京)と東京外大の女子学生二人である。桜井君は長身のやさしい青年である。みんなラサからのカトマンズ入りを目指している。 長距離バスターミナルでゴルムド行きの切符を買った。783km。料金21.3元(850円)である。途中都蘭で一泊し二日間かかる。「日本人か?」と聞くので「そうだ」と答えると、最前列の2番の座席をくれた。眺めの良い特等席だ。 西寧は青海省の省都である。「パンダの青海省」という知識しかないのだが、ここまで来るともう漢人...

地平線をさがして | 2016.11.05 Sat 05:57

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 21 - 30 件表示 (3/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!