>
自動車産業
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自動車産業

このテーマに投稿された記事:167件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c10/7708/
自動車産業
このテーマについて
世界の自動車産業の動向、自動車ショーや、産業の行く末、ビッグ3の今後、日欧、アジアの自動車メーカーの動きなど。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「newsgiri」さんのブログ
その他のテーマ:「newsgiri」さんが作成したテーマ一覧(20件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ナンバープレートへのカバー装着などを明確に禁止

国土交通省は、道路運送車両法施行規則の一部改正する省令などを改正してナンバープレート(自動車登録番号標、車両番号標)の表示義務を明確化すると発表した。ナンバープレートをカバーなどで被覆することの禁止のほか、一定の位置・方法に表示することを義務付ける道路運送車両法と自動車検査独立行政法人法の一部を改正する法律規定が4月1日に施行される。これに伴ってナンバープレート表示の位置・方法など、詳細について定めるため、道路運送車両法施行規則などの一部を改正するとともに、所要の告示を整備した。現行の道路運送...

自動車の整備あれこれ | 2016.01.17 Sun 21:39

自工会会長、タカタへの共同出資案「まだない」

日本自動車工業会(自工会)の池史彦会長(ホンダ<7267.T>会長)は5日、欠陥エアバッグ部品による大量リコール(回収・無償修理)問題で業績が悪化する製造元のタカタ<7312.T>に対し、国内自動車メーカーが共同で出資するなど支援する可能性について、議論する段階に「まだない」などと述べた。 池会長は「基本的にない。あくまで個社での対応になる」との見解を示した。 池会長は同日開いた業界団体の新春賀詞交歓会で記者団に対し、支援の議論は原因が判明してからになる、との考えを改めて示した。日産自動車<7201....

自動車の整備あれこれ | 2016.01.17 Sun 21:36

タカタ 欠陥エアバッグ問題

タカタの欠陥エアバッグ問題でアメリカ運輸省は タカタが自動車安全法に違反したとして、最大で 2億ドルもの民事制裁金を科した。 2億ドルって、約240億円だねぇ・・・・・ 桁違いすぎます・・・ ◆ 腱鞘炎は手術をしなくても改善可能です! ◆ ええたい ◆ 健康のナットク!豆知識   JUGEMテーマ:自動車産業

織田信長は甘党だった! | 2015.11.07 Sat 12:50

4WDは一般生活で必要なのか

今私は車を購入しようと企てているのですが、その車というのがランクルプラドです。プラドの場合ランクルのような無粋な感じはなく、街乗りをしても十分いけると思うところが私の琴線に触れたのです。街乗りをするには大きすぎるような気もしますが、その存在感が乗っているときの優越感に繋がるような気がするのです。ランクルといえばアウトドア派の人達から多くの支持を受けている車です。海外でもランクルの人気は高く特に、道路が舗装されていないような国においてはランクルは最高の車に位置づけられているようです。そんなラン...

気になることとか | 2015.09.07 Mon 17:21

8月新車販売 軽自動車の減少で8か月連続減少

JUGEMテーマ:自動車産業 8月新車販売 軽自動車の減少で8か月連続減少  先月、国内で販売された新車の台数は軽自動車にかかる税金が引き上げられた影響などで軽自動車の販売の減少が続いていることから、8か月連続で前の年の同じ時期を下回りました。 「日本自動車販売協会連合会」などのまとめによりますと、先月、国内で販売された新車の台数は、合わせて32万7049台で、前の年の同じ月を1.9%下回り、8か月連続の減少となりました。 車種別にみると、軽自動車を除いた乗用車などの販売台数が2.3%増えて2...

えすあい。 | 2015.09.01 Tue 16:34

自動車と「バイク保険」は違う

原付を含むバイクは、自動車損害賠償保障法によって自賠責保険への加入が定められている。これは自動車も同様だ。だが、自賠責保険では、運転者のケガや物損については一切補償されないうえ、被害者への補償も十分とはいえない。そこで役立つのが任意保険だ。任意保険は、自賠責保険ではカバーできない部分を補償するものだが、自動車とバイクでは仕組みが異なることをご存知だろうか?そもそも自賠責保険の大きな目的の一つは、被害者保護を図ること。つまり事故の被害者のための制度であり、被害者が最低限の金銭的補償を受けられる...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.27 Wed 20:34

センチクラスの位置計測が可能

株式会社ZMPは、センチクラスの位置計測が可能な高精度GPS/GNSS RTK(リアルタイムキネマティック)ソリューションの販売を開始した。新製品は、フィールド内に固定する基準局と、車両などに搭載する移動局、アンテナ、補正信号送受信機がセットとなっており、すぐに高精度の位置計測が可能となる。補正データは半径約5km内で共有可能なため、作業フィールド内にある複数の車両・移動体の位置計測も可能。テストコース内での自動車走行実験や、農機・建機など、移動体の高精度位置計測システムなどへの活用を想定している。価格は210...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.24 Sun 10:28

自動車税のクレジット決済導入

県は5月から、インターネットを通じて自動車税をクレジットカードで納付できる方式を導入した。24時間手続きが可能となるなどのメリットがある一方、1件につき324円かかる手数料は利用者の負担となる。茨城県の自動車税の期限内納付率は全国28位と低迷しており、県税務課では「期限内の納付率向上につなげたい」と期待している。クレジット決済はポータルサイト「Yahoo!JAPAN」の公金支払いサイトを利用する。平成26年度には21都府県が導入しており、納付率が1、2%アップする効果があるという。ただ、1件...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.24 Sun 10:11

普及に向けて動き出した「水素」社会

次世代燃料「水素」に対する関心が高まっている。日本政府は国をあげて水素社会の推進に取り組む姿勢を見せており、今年初めには、トヨタ <7203> が世界に先駆けて発売した燃料電池車(FCV)「MIRAI」を首相官邸及び経済産業省、国土交通省、環境省に公用車として導入した。また、4月10日に催された総合科学技術・イノベーション会議では、2020年に開催が予定されている東京オリンピック・パラリンピックまでに国内の水素インフラを整備し、水素エネルギーシステムを構築することで、来るべき「水素社会」の姿を世界に向けて発信す...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.24 Sun 10:07

テレマティクス保険

 自動車保険業界で、欧米を中心に市場が拡大している先端商品が「テレマティクス保険」(以下、テレマ保険)だ。テレマティクスとは、テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)を組み合わせた造語で、自動車などに通信システムを組み込み、リアルタイムな情報サービスを実現するもの。その技術を保険に応用し、自動車に設置した端末機から走行距離や運転速度、急発進・急ブレーキなどの運転情報を保険会社が取得し、個々の事故リスクを分析して保険料を算定するのがテレマ保険だ。走行距離が短いほど保険料が安...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.17 Sun 00:03

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全167件中 21 - 30 件表示 (3/17 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!