>
自動車産業
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

自動車産業

このテーマに投稿された記事:167件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c10/7708/
自動車産業
このテーマについて
世界の自動車産業の動向、自動車ショーや、産業の行く末、ビッグ3の今後、日欧、アジアの自動車メーカーの動きなど。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「newsgiri」さんのブログ
その他のテーマ:「newsgiri」さんが作成したテーマ一覧(20件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

国内の販売減を海外でカバーできれば好業績

5月13日、自動車業界の2015年3月期本決算が出揃った。2014年度(4〜3月)の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は6.9%減の529万7110台にとどまり、消費増税の影響が長引いている。大手8社で年度の販売台数がプラスだったのは軽自動車税増税前の駆け込み需要があったスズキだけだった。一方、大手8社の2014年度の世界生産実績速報値は1.4%増の2611万3960台で、海外での生産・販売はおおむね堅調。決算は、トヨタや日産やマツダや富士重工のように国内の販売不振を海外でカバーすることができれば好業績、新興国や小型車の不振の影響が...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.16 Sat 23:53

リコール届け出 予防的措置

自動車部品大手・タカタ製エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題で、トヨタ自動車と日産自動車は13日、新たにカローラやエクストレイルなど延べで計34車種、164万5625台(2003年7月〜08年3月製造、いすゞ自動車ブランドを含む)のリコールを国土交通省に届け出た。一部で不良品が見つかり、原因を調査中のため、予防的措置としてリコール対象とした。不具合の原因が判明している分も含め、タカタ製エアバッグを巡る国内のリコール対象車は、これで約470万台に拡大した。国交省によると、トヨタなどが今回...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.16 Sat 23:46

FCV向け基幹部材製造の新会社

住友理工は5月11日、燃料電池自動車(FCV)に搭載する燃料電池(FC)部材の安定的な供給体制確立を目的に、FC部材製造会社「住理工FCシール株式会社」を設立したと発表した。 新会社は愛知県小牧市に設立。住友理工100%出資で、資本金は4億9500万円。住友理工の矢野勝久執行役員が代表取締役社長を務める。住友理工は、コアコンピタンスである「高分子材料技術」を駆使して、FCスタック向けのゴム製シール部材「セル用ガスケット」を開発し、2014年11月に量産を開始。同製品は、トヨタのFCV『MIRAI』に採用されている。FCVは、低環境...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.12 Tue 00:06

軽貨物から軽乗用へ

軽貨物(4ナンバー)から軽乗用(5ナンバー)へ変更を考えています。軽貨物に登録された車を知人から購入したのですが、 税金の安さよりも任意保険の金額を考えると乗用のほうが維持費が安いと聞きました。車種は商用タイプのスバルサンバーで、簡易ですが4人乗り装備(リアシートなど)もあり、 特に乗用にするには問題なく思うのですが、変更は可能でしょうか?何年式のサンバーかわからないが、まぁ、ここ10年くらいの間の車なら、貨物を乗用にすることはそのままじゃできない。理由は、排気ガスの規制値が、乗用が貨物より...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.10 Sun 11:21

アメリカで新車が"瞬間蒸発"

 造ったそばから車が売れていくーー。「スバル」ブランドの自動車メーカー、富士重工業は絶好調の米国市場で贅沢な”悩み”を抱えている。2014年に新型モデルに刷新した主力のSUV(スポーツ多目的車)の「アウトバック(日本名:レガシィ アウトバック)」は、発売直後から品薄状態が続く人気ぶり。富士重工業の吉永泰之社長によれば、4月の米国販売は約1万2500台(前年同月比17.6%増)だったが、全米のディーラーの在庫は4400台。つまり、たった10日分の在庫しかなかった。スバル全車種の平均在庫日数は20日強だから、アウトバックは極端...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.10 Sun 10:55

商用車・販売金融も対象 トヨタ・マツダ包括提携

トヨタ自動車(7273)とマツダ(7261)が提携を拡大する方向で調整していることが9日、わかった。これまでトヨタがハイブリッド車(HV)の技術をマツダに提供してきたが、燃料電池車(FCV)やエンジンの技術などに広げる。世界的に環境規制が強化され、競争も激しくなる中、お互いの得意分野を活用し、生き残りを図る。トヨタが強みを持つFCVや充電可能なプラグインハイブリッド車(PHV)の技術などをマツダに提供。マツダは「スカイアクティブ」と呼ぶ高出力で低燃費のディーゼルエンジンやガソリンエンジンの技術供与を検討...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.10 Sun 10:52

ファイブスター賞

富士重工業は5月8日、『レガシィ』などスバル車4モデルが、2014年度自動車アセスメント(JNCAP)の新・安全性能総合評価で、最高評価の「ファイブスター賞」を受賞したと発表した。JNCAPは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)による自動車の総合的な安全性能評価で、1995年度より毎年公表している。今回、『レヴォーグ』『WRX』『レガシィ』『フォレスター』の4モデルが最高評価である5つ星を獲得し、「新・安全性能総合評価ファイブスター賞」を受賞した。同賞は、2011年度のレガシィ、2012年度のレガシィ、インプレッサに続い...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.10 Sun 10:47

予備検査・予備車検て何?

え〜 まず、「予備検査(予備車検)」と呼ばれるものには、実は 2種類ほどあるのですが・・・先ず1つ目運輸支局等、又は軽自動車検査協会の近隣にある〜「予備検査場」と呼ばれる民間業者にて、補助的、又は予備的な検査(チェック)や測定&手直しを行う事。まあ この一つ目における 「予備検査」は、ご自分でユーザー車検に行こうかな・・・ といった場合以外では、個人では ほとんど接点の無いモノと思われても良いでしょう。【⇒尚、この場合の予備検査については・・・ 「ユーザー車検・予備検査編」】そして2つ目ナンバ...

自動車の整備あれこれ | 2015.05.05 Tue 09:15

【ニュース】エコカー減税は継続、ただし・・・

エコカー減税、来春以降も延長へ…基準は厳しく(出典:読売新聞) 読売新聞によるとエコカー減税は2015年度も続くようですが、基準が現在よりも厳しくなるとのこと。 現在の基準は、車両重量によって達成すべき燃費が決まっています。 例えば車両重量が703kg以上〜828kg未満の車では1Lあたり18.8kmの燃費を達成しなければなりませんが、 車両重量が重くなると… 車両重量が1,766kg以上〜2,016kg未満の車では1Lあたり8.9kmでOKなのです。 ですので、LEXUSのL...

車の話 | 2014.12.17 Wed 22:28

今回のトヨタのFCV増産

燃料電池車「ミライ」の年産能力を2015年末に現在の3倍に引き上げるため、トヨタは水素と酸素の化学反応で動力源となる電気を起こす「燃料電池スタック」と、水素を貯蔵致すタンクを本社工場(愛知県豊田市)で増産致す。 15年末までにさらに2ラインを加えて年産能力を3倍に増やす。 車両を組み立てる元町工場(同)も設備増強致す。 ミライは国内では15年末までに400台の販売を計画。 米国では17年末までに累計3千台以上、欧州では16年ごろに年50〜100台の販売を見込む。 ZEV規制の強化をにらみ、米国を最大の市場と位置...

優輝のおじゃるぶろぐ | 2014.12.08 Mon 17:25

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全167件中 31 - 40 件表示 (4/17 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!