>
手元供養
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

手元供養

このテーマに投稿された記事:164件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c125/12311/
手元供養
このテーマについて
手元供養とは、仏壇や位牌のように、自宅で手を合わせる供養のスタイルです。
遺骨を分骨用のミニ骨壺やペンダントに納めて、いつも故人を身近に感じることができます。

21世紀の今、葬送における選択肢は広がりました。
オリジナル墓石、インテリア仏壇、樹木葬、海洋散骨、桜葬、宇宙葬、永代供養墓、夫婦墓・・・
愛する方を身近で偲びたい想いに、そして身近でできる[ありがとう]の表現の新しい選択肢、それが手元供養です。

[手元供養]=[自宅納骨供養][自宅供養]とも呼ばれ、現代供養の選択肢として、全国に広まっています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「otoriyosefan」さんのブログ
その他のテーマ:「otoriyosefan」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

ロシアの葬儀

モスクワにある公立墓地は、既にいっぱいで空きがないようです。 市内中心の墓地は、マンションが買えてしまう価格まで高騰しているとのこと。 どの国でも墓不足は深刻化していますね。 日本と違うのは、お墓の生前予約はできず亡くなったタイミングで申し込みを行います。 場所は選べず、機械的に割り振られるようです。 しかし、埋葬費用は安く、土葬で約4万3000円で火葬だと最低料金は3万8000円とのこと。 別途、教会で葬儀を行う場合は、プラス1万円程度で可能みたいです。   ロシアでは散骨や樹木葬などはまだ...

LifeTogether ブログ | 2018.07.19 Thu 18:42

散骨と遺言

遺産相続に関連する改正民法が、可決成立しました。 今回の改正では、遺産をめぐる紛争の回避などにも重点が置かれています。 その一つが、自筆証書遺言制度の改正。 自筆証書遺言は手軽に利用できますが、問題点もありました。 今回の改正により、問題点が改善され、使い勝手がよくなります。   ・改正前 1:自宅に保管することが多く紛失のリスクが高い 2:日付と全文を自筆で書き、署名・押印しなければならず、形式が不備だと無効になる 3:偽造・変造を防止するために家庭裁判所で検認という手続き...

LifeTogether ブログ | 2018.07.19 Thu 18:34

『LifeTogether Prime(お急ぎ便)』のサービスを開始します

2018年7月16日より、自然に還る19,800円の散骨支援サービス【Life Together】は、『LifeTogether Prime(お急ぎ便)』のサービスを開始します。 ご遺骨受け取りから散骨実施までの期間を、最短3日に短縮させたサービスです。 ■サービス概要■ ◇名称:LifeTogether Prime(お急ぎ便) ◇サービス料金:29,800円(税抜) ◇サービス内容:ご遺骨受け取りから散骨実施までの期間を、最短3日で行う ◇スケジュール 自然粉骨:ご遺骨受け取りから2日以内に自然粉骨を行う 自然散骨:ご遺骨受け取りから3日以内に自然...

LifeTogether ブログ | 2018.07.19 Thu 18:25

散骨実施期間を30日から7日に短縮します。

2018年7月13日より、散骨実施期間を30日から7日に短縮します。 ご遺骨お預かりから散骨を実施する期間を短縮することで、ご遺族様の心理的ストレスを軽減致します。   ■2018年7月12日まで 自然粉骨:ご遺骨受け取りから20日以内に自然粉骨を行う 自然散骨:ご遺骨受け取りから30日以内に自然散骨を行う ↓ ■2018年7月13日以降 自然粉骨:ご遺骨受け取りから5日以内に自然粉骨を行う 自然散骨:ご遺骨受け取りから7日以内に自然散骨を行う ================ 【19,800円(税別)LifeTogether...

LifeTogether ブログ | 2018.07.19 Thu 18:05

2018年 第八回 自社所有船による東京湾散骨 実施致しました。

第八回自社所有船による東京湾散骨を実施致しました。 波が少し高かったですが、天候には恵まれました。     【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

LifeTogether ブログ | 2018.07.11 Wed 20:20

ポスト火葬の時代

ヨーロッパやアメリカでは、燃焼排ガスを出し過ぎる火葬や、場所を取り過ぎる土葬の代用できる葬法として、 2つの葬送が注目されているようです。 =================== ■レゾメーション(Resomation) アルカリ加水分解(身体がほぐれて解体しやすくなる)を利用し、遺体を150度で2時間ほど加熱する葬法。 その結果は、リサイクル可能な液体と白い遺骨になる。液体には、糖分・塩分・アミノ酸などが含まれており、下水に流してもよいが、家に持ち帰って、庭に肥料として撒いてもいい。 遺骨はシェイクすれば、遺灰になる。 ...

LifeTogether ブログ | 2018.07.11 Wed 20:02

人気競技ボルダリング選手になるために休みの日に考えたこと

最近テレビでよく取り上げられているボルダリングが面白そう。 この前休みの日にボーっとテレビを見ていたら、あのNHKがテレビ中継をやっていて、人気・注目度はやはり上がっているんだなと改めて思いました。 2020の東京オリンピックでも正式種目になったから、この世界の第一人者になりたいと皆考えているんだろうな。 そうなればオリンピック選手になれるチャンスが出てくるし、間違ってメダルでも獲ってしまおうものなら、それ一本で今後食っていけるから人生の逆転を賭けて取り組んでいる人も多いのではないかと想像しますね。...

一彩の読みもの | 2018.07.11 Wed 16:50

墓じまいかかる費用

散骨や手元供養を行う為、墓じまいを検討されている方も多いと思います。 墓じまいする際に、発生する費用を調べてみました。   墓じまいにかかる費用の相場:17万円〜53万円 内訳) 〇お布施(お寺) 2〜5万円 〇離檀料(お寺) 3〜15万円 〇 魂抜き費用 2〜3万円 〇お墓の撤去作業 10〜30万円 ※お墓の設置場所や施行条件が悪ければ、金額は上がります。   単純にお墓の撤去費用だけではなく、その他お寺に払う費用が 発生します。 お布施や離檀料は、...

LifeTogether ブログ | 2018.06.28 Thu 07:18

レンタル墓

比較的低予算で一定期間だけ利用できる「レンタル墓」が、現れ始めているようです。 通常、お墓をもつには、永代使用料と墓石代で約200万ほどかかります。 レンタル墓だと、貸与期間の多くは5〜10年前後と設定され、費用は 期間や墓石の種類で数十万程度に抑えられるようです。 墓じまいで、空いている墓を有効活用したい寺側と、負の遺産にはしたくない が、自分の墓は欲しい顧客側のニーズが合致したサービスですね。 ほとんどの場合、貸与期間終了後、遺骨は有料で一般的な墓や永代供養墓に移されるようです。 ...

LifeTogether ブログ | 2018.06.28 Thu 07:06

地域によって異なる葬送文化

■骨壺の大きさ 骨壷のサイズが、関東と関西で異なります。 関東では火葬したあとは骨壷に全ての骨を拾骨する為、骨壺は6寸以上が標準です。 一方、関西では、のど仏を中心に収容な箇所の骨のみを拾骨する為、骨壺は2から5寸が標準です。   ■通夜振る舞い 関東では、遺族だけでなく参列者、弔問客にも振る舞います。 関西では、通夜振る舞いはなく、近親者のみで食事をとります。   今回、関東と関西での違いをあげましたが、その他まだまだ地域によって 独特な慣習が残っているところがあると思われ...

LifeTogether ブログ | 2018.06.21 Thu 00:28

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全164件中 1 - 10 件表示 (1/17 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!