>
手元供養
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

手元供養

このテーマに投稿された記事:174件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c125/12311/
手元供養
このテーマについて
手元供養とは、仏壇や位牌のように、自宅で手を合わせる供養のスタイルです。
遺骨を分骨用のミニ骨壺やペンダントに納めて、いつも故人を身近に感じることができます。

21世紀の今、葬送における選択肢は広がりました。
オリジナル墓石、インテリア仏壇、樹木葬、海洋散骨、桜葬、宇宙葬、永代供養墓、夫婦墓・・・
愛する方を身近で偲びたい想いに、そして身近でできる[ありがとう]の表現の新しい選択肢、それが手元供養です。

[手元供養]=[自宅納骨供養][自宅供養]とも呼ばれ、現代供養の選択肢として、全国に広まっています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「otoriyosefan」さんのブログ
その他のテーマ:「otoriyosefan」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

遺骨の着色

火葬された遺骨の一部が、ピンクやブルーに着色されている場合があります。 この着色の原因は、所説ありますが、未だはっきりしていません。   お棺に収めた生花や、衣類等の副葬品の色が付着しているという説も聞きますし、体内の骨や血液などに含まれる様々な物質の 化学反応とも言われています。   着色しないようにする為には、高温にする必要があり、そうするとほぼ遺骨は残らず灰になるようです。     【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

LifeTogether ブログ | 2018.08.22 Wed 17:15

墓じまいでのトラブル

墓じまいの増加に伴い、離壇トラブルのニュースもよくみるようになりました。 何らかの理由でお寺の墓地から離れること(檀家を辞めること)を離壇と言います。 離壇する際には、寺院に離壇する旨を伝え手続きを進めていきます。 お墓にある遺骨を散骨する為に、墓じまいする場合にも離壇する必要があります。 この時に、寺院と揉めてしまい、高額な離壇料を請求されるケースがあるようです。 住職との感情的なもつれから、トラブルが発生していることが多いと言われています。 離壇の際は、決定事項として一方的に進める...

LifeTogether ブログ | 2018.08.22 Wed 17:09

自治体による終活情報登録サービス

横須賀市では、2018年5月から、「わたしの終活登録」というサービスを開始しています。 事前に、必要な情報を申請用紙に記入し、本人に万が一のことがあったときの為に、 自治体が保管しておくサービスです。   申請用紙に記入する項目は下記です。   ・本人の氏名 ・本籍 ・住所 ・生年月日 ・エンディングノートの保管場所 ・預け先 ・葬儀や散骨業者、遺品整理の生前契約先 ・墓の所在地   など11項目です。 本人に万一のことがあった際、医療機関や消防・警察・福...

LifeTogether ブログ | 2018.08.15 Wed 22:35

夏季休暇

明日から夏季休暇に入ります。 詳細は下記でございます。   夏季休暇期間:8月13日(月)から8月15日(水)まで 休業期間中は、粉骨、散骨業務、各種サポート業務をお休みとさせて頂きます。 各種お問い合わせについても、休暇明けの対応とさせて頂きます。     では宜しくお願い致します。     【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

LifeTogether ブログ | 2018.08.15 Wed 22:19

ご遺体ホテル(ラストホテル)

ご遺体ホテルとは、亡くなられた方を安置するためのホテルのことです。 含まれる主なサービスは下記です。   ・ご遺体の状態をきれいな状態のまま維持する ・一時的な保管が可能 ・故人との面会も可能   これから、火葬場の不足による「待機遺体」の問題が出てくると言われていますので、 さらにニーズが高まってくるサービスですね。   【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

LifeTogether ブログ | 2018.08.08 Wed 22:30

多死社会

現在、約120万人の年間死亡者数が、2025(平成37)年には約160万人と予測されています。 急増する死亡者数を受け入れる医療施設の設備や火葬場が追い付かなくなる可能性がでてきます。   ■火葬場 東京都福祉保健局の統計によると、都内の年間死亡者数は約11万人。 毎日平均300人以上が亡くなっている計算になりますが、都内の火葬場はわずか26か所しかありません。   ■安置スペース 高齢者の死亡場所の約8割は病院で、在宅死はわずか12.7%にすぎません。 病院で亡くなった場合、す...

LifeTogether ブログ | 2018.08.08 Wed 22:23

散骨先進国イギリス

ヨーロッパではまだまだ土葬を選択するケースが多いイメージがありますが、 イギリスでは、約70%が火葬です。 また火葬された遺骨の6割を越える遺灰が散骨されるようです。 公有地や公園での散骨はできませんが、国内にスキャタリング・グラウンドと呼ばれる『散骨場』が、郊外に設けられおり ここで散骨を行うことができます。   イギリスは、ヨーロッパの中でも散骨先進国ですね。   【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 散骨

LifeTogether ブログ | 2018.08.08 Wed 22:17

デジタル遺品

ここ数年、遺族らから寄せられる最も多いトラブルは PCやスマホの「ロックの解除」だそうです。 生前のうちに連絡先や資産状況などのリストを、PCに保存しておいても、 配偶者や家族らがパスワードやIDを知らなければ自力で入手するのは 難しいのが現状です。 専門業者へのパスワード解除や、データ消去の依頼が急増しているようです。 生前のうちに、口頭で伝えたり、紙に書き写しておくなど、 アナログな方法で残しておくのが一番の対策です。   【LifeTogether】自然に還る19,800円の散骨支援サービス 海 ...

LifeTogether ブログ | 2018.07.26 Thu 23:58

増加する無縁仏

最近、無縁仏が増加しているというニュースをみました。 全政令市では、無縁仏の数が10年でほぼ倍増しており、大阪市では9人に1人の割合で 無縁仏になっているようです。 無縁の遺骨は公営の納骨堂などで一定期間保管され、期限が過ぎれば合葬墓に合祀されます。 しかし、遺骨は増え続けており、大阪、札幌の両市は合葬墓の収容量を増やして対応しているとのこと。 人口問題研究所によると、昨年の死者は約130万人ですが、団塊の世代が75歳以上になる、 2025年には、約152万人に達すると言われています。 今後も無縁化...

LifeTogether ブログ | 2018.07.26 Thu 23:52

散骨という選択

核家族化・単身世帯の増加、子のいない夫婦の増加、未婚・非婚化、離婚率の上昇など、家の永続性を保つことが 難しい実情を背景に、供養方法も多様化しています。   散骨を行うことも、手元で供養することも、お墓に納骨することも、全て故人を弔うという作業に変わりません。 LifeTogetherでは、ご遺族の環境に合った、無理のない弔い方をご提案していきたいと考えています。 自然に還ることができる『散骨』という弔いかたも、選択肢の一つとして考えてみては如何でしょうか。   【LifeTogether】自然...

LifeTogether ブログ | 2018.07.26 Thu 23:44

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全174件中 1 - 10 件表示 (1/18 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!