>
旅情心癒
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

旅情心癒

このテーマに投稿された記事:56件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c147/16511/
旅情心癒
このテーマについて
旅を通して感じた事を、書き綴っていきます。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「1024696969」さんのブログ
その他のテーマ:「1024696969」さんが作成したテーマ一覧(6件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6 >

『早足新潟の巻』 KJ-2012-0316

JUGEMテーマ:旅情心癒用事があり、早足で新潟に出かける。『荒神乃庄』を出たのが午後1時過ぎ。新東名を使い52号線から北上。高速道路を乗り継ぎ、新潟に着いたのは夜の8時を回っていた。とりあえずホテルにチェックインし、部屋に入る事無く、呑んで食べられるお店を探しに出かけた。立ち寄ったのは、「壱勢」。炉端風のお店である。お通しはもづく。私は、卵焼き・タコ差し・カキフライを注文。まずはビールを飲み、それから日本酒。そしてウーロンハイを飲み始める。ほぼ休みなしで7時間ほどの運転、暫く呑んでいると、旅の疲れが...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.11.15 Thu 06:22

『信州・木曽を旅するの巻 DAY3 Part3』 KJ-2012-0287

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/24 「奈良井宿で食麺」この日は、奈良井宿にある越後屋さんで食麺を楽しんだ。昔ながらの作りのお店は、中々の風情を感じる。『遊』は、「すんきそば」を注文。私は、「ざるそば」を注文した。すんきそばは、すんき菜と呼ばれるカブナを材料とした、在来の漬け菜をトッピングしたおそばで、一般には、日干しにて保存しておいた前年のすんき漬を種として、すんき菜に加えて漬けこむ。これが、「すんきそば」。酸味があり、美味しいおそば。お野菜好きの『遊』も満足の様子。勿論、おそば自体もコシがあり...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.04 Thu 07:33

『信州・木曽を旅するの巻 DAY3 Part2』 KJ-2012-0286

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/24 「木曽路」諏訪大社を後にして、一路木曽路に向かう。最初に向かった宿場は、奈良井宿。奈良井宿は、中山道34番目の宿場。現在は長野県塩尻市に位置している。木曽路十一宿の江戸側から2番目、11宿の中では最も標高が高く、。難所の鳥居峠を控え、多くの旅人で栄えた宿場町である。現在も重要伝統的建造物群保存地区として、当時の町並みが保存され、江戸時代から曲げ物、櫛、漆器などの木工業が盛んであった。『遊』とわたしは、漆器のお店を覗きながら、散策をした。『遊』の大好きな箸置き、気に入...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.04 Thu 07:14

『信州・木曽を旅するの巻 DAY3 Part1』 KJ-2012-0285

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/24 「諏訪大社」旅の最終日、まずは出雲大社に向かった。何度かこの近くを通りかかったが、結局寄らず終い。今度こそはと、意気込んで車を走らす。諏訪大社は、我国最古の神社の一つであり、幣拝殿と片拝殿のみで本殿を持たない、諏訪造りという独持の様式。徳川家康が造営寄進したと伝えられる「四脚門」など貴重な建造物が数多く残り、六棟は国の重要文化財に指定されている。これが、かの有名な「御柱」。勇壮さと熱狂的ぶりで、天下の大祭としても全国に知らている御柱祭は、7年目毎の寅と申の年に...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.04 Thu 06:26

『信州・木曽を旅するの巻 DAY2 Part3』 KJ-2012-0284

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/23 「お友達と」お友達とホテルで待ち合わせ。無事に合流後、3人でお食事に出かける。途中、ライトアップした松本城を見に行こうとい事になった。どんな感じなんだろう?と期待しながら歩く私。暗闇に浮かび上がった姿は、決して期待を裏切らなかった。湖面に写る城と、飛んでいる白い鳥。中々見応えがあった。それから、お食事所を探す。しかし、松本は日曜日はお休みのお店が多いらしい。何件かのお店に振られたが、何とかお店に入る事が出来た。お友達と、ROCKの話に花を咲かせながらの宴。楽しいもの...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.03 Wed 06:26

『信州・木曽を旅するの巻 DAY2 Part2』 KJ-2012-0282

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/23 「食麺」旅の楽しみ、食麺の時間である。道すがら探していると、「麺元やまざき」というお店が気になったので立ち寄る事に。昼間は麺所、夜はバーになるというお店。ベルギービールの品揃えは中々のもの。『遊』は、特製味噌ラーメン(150g)600円。私は、汁なし坦々麺 700円を注文する。カウンターの上には、私の大好きなROCKのCDが並ぶ。ZZ・TOPのCDがあったので、『遊』に、「BONESに出てきた人のBANDだよ。」と見せる。「本当だ!」と『遊』は言う。さて、ラーメンの登場。『遊』の注文した特製味...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.03 Wed 06:24

『信州・木曽を旅するの巻 DAY2 Part1』 KJ-2012-0282

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/23 「ワイナリー巡り」上高地と美ケ原に行こうと計画していた『遊』と私。上高地の途中まで行ったが、生憎の雨で断念。方向性を変え、ワイナリー巡りをする事にした。ワイナリーに向かう途中、地酒を売っている「中島屋」というお店があり、覗いてみる事に。色々見て、「大信州」を2本購入した。そして、安曇野のワイナリーに向かう。安曇野ワイナリー店内は広く、色々なワインばかりでなく、食事も出来る。『遊』は早速試飲。色々と飲んで、お店の人のお薦めの、「安曇野 アイス 紅玉 2010」・ 「シャル...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.02 Tue 07:19

『信州・木曽を旅するの巻 DAY1 Part4』 KJ-2012-0281

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/22 「夜の宴」旅の楽しみの一つに、『遊』との宴がある。今回は、ホテルにあったパンフレットに書かれていたお店に行く事にした。一件目は、「和利館」。写真上の左はお通し、「せせりの串焼き」・「さっぱり冷なすときゅうりのたたき」・「くじらのから揚げ」等を注文。お酒はチュウハイ等を呑んだ。『遊』は、地ウイスキーのハイボールを呑んだのだが、不発に終わる。団体さんの入店で、お店はてんやわんや。『遊』もわたしも、お腹が落ち着いたので、ホテルに帰りながら、もう一件寄って行こうとお店...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.01 Mon 07:17

『信州・木曽を旅するの巻 DAY1 Part3』 KJ-2012-0280

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/22 「国宝 松本城と周辺散策」松本城(まつもとじょう)は、長野県松本市にあった城。安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)と言われ、。市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれている。お城といえば白っぽいイメージがある。『遊』と私は、初めての黒っぽいお城は始めてみる。城跡を散策し、武者姿の人と、記念写真を撮ったりと楽しんだ。それから、松本城の中を見る事にした。お城の...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.10.01 Mon 06:45

『信州・木曽を旅するの巻 DAY1 Part2』 KJ-2012-0279

JUGEMテーマ:旅情心癒2012/09/22 「食麺編 其の一」旅の一つの楽しみに、食麺がある。今回は、つけめんのお店を各地に展開している「三ツ矢堂製麺:松本店」で食麺する事にした。『遊』は、具材の豊富な「マル得つけめん:980円」を注文。私は、辛しつけめんの100円増しで、「スーパー辛しつけめん:980円」を注文した。このお店の特徴といえば、何と言っても締め分けが出来る事である。熱もり・ぬめりおとし・冷やもり・氷締めの4段階の麺を食す事が出来る。「マル得つけめん」は、別皿で煮玉子・叉焼・海苔。つけだれは、ねぎたっぷ...

『荒神乃庄、そして麺遊伝』 | 2012.09.28 Fri 06:54

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6 >

全56件中 1 - 10 件表示 (1/6 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!