イタリアに関する本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

イタリアに関する本

このテーマに投稿された記事:5件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c151/4078/
イタリアに関する本
このテーマについて
イタリアに関する本ならなんでも。紀行文や随筆、ガイドブックに限らず、イタリアを舞台にした小説やイタリア人作家の本の紹介、感想など。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「invia」さんのブログ
その他のテーマ:「invia」さんが作成したテーマ一覧(5件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1

イタリア グルメ

イタリアグルメが代官山に。 うまそうですね。 イタリアのピザとか。 美味しいイタリアグルメbook JUGEMテーマ:イタリアに関する本

ワロタ日記 | 2009.05.19 Tue 23:20

『65歳イタリア遊学記』が本になりました!

当ブログ内でイタリア遊学記を連載してくださった大井さんが、『65歳イタリア遊学記』と言うタイトルで、90日間にわたるイタリア滞在を本にまとめた。ブログにも紹介されたエピソードもさらに詳しく、ディープなイタリアの日々が日記形式で記されていて、さながら著者と一緒に”遊学”を体験しているような気分になれる。

piazza invia | 2008.09.02 Tue 17:46

「オペラ 愛の名曲20+4選」---初心者に最適の入門書

イタリア旅行のプランニングの際、本場のオペラを体験したいというリクエストを受けることがある。オペラのシーズン(秋から春にかけて)と、旅行の滞在時期のタイミングがあえばおすすめだが、この本はそんなオペラ初心者の方に最適の入門書だ。

piazza invia | 2008.06.08 Sun 00:52

「ゲーテ『イタリア紀行』を旅する」(牧野宣彦:著)--甦る「ミニヨン」のあこがれ

イタリア紀行というのは不思議な本だ。決して読みやすくはない。私自身手元にある岩波文庫の全てを読んでいないと思う。この本はすこしほおってくとどこまで読んだかがわからなくなる本で、だからたぶん最後までは読んでいないだろう、としか言えない。読みにくいのは日記のような(叶わなかった恋の相手への手紙ということだが)、一般読者を対象にしていない文章のためだ。初版が1942年!だから訳文のせいもあるかもしれない。

piazza invia | 2008.04.29 Tue 23:45

『美しい夏の行方』 ---辻邦生が愛したイタリア

辻邦生はたくさん紀行文を書いているけれど、88年のこのイタリアへの旅で「初めて素直にのなかに自分を解き放つことができた」という。それはたとえばこんなふうだ。 ローマの露天市の、果物が山盛りに並ぶ光景に「豊穣」を、「生きていることの歓喜の爆発」を感じたり、シエナのカンポ広場で「最初の妻と別れて、三冊目の小説を書いている」38歳の自分が広場を横切るのを見たりする。

piazza invia | 2008.04.14 Mon 14:13

このテーマに記事を投稿する"

1

全5件中 1 - 5 件表示 (1/1 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!