• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

邦画

このテーマに投稿された記事:9882件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c170/3799/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

『NHK特集 黒澤明の世界』

昨年の2017年12月、『あの日 あのとき あの番組〜NHKアーカイブス〜』で、NHK特集 黒澤明の世界(1979.11)を再放送していた。 中古で買ったビデオソフトで観て以来。 当時、映画公開(1980.4 東宝系)の半年前にメイキング番組を放送したのは凄いが、黒澤の絵コンテ+シナリオ本が講談社から発売されたのと同時期で、タイアップもあったか。 カネもかかっており、野田城に見立てた姫路城をヤグラから撮影中の黒澤を、さらに上空からヘリで撮影するというダイナミックなカットも。 勝新降板時の会見、ノーカットで観たいな。当時...

J・KOYAMA LAND 番外地 大吟醸 | 2017.12.12 Tue 21:14

「DESTINY 鎌倉ものがたり」の感想は?

JUGEMテーマ:邦画 「DESTINY 鎌倉ものがたり」は『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズを、 一躍大ヒットに導いた、山崎貴監督が、 同じく西岸良平が手がけた人気コミックを、堺雅人を主演に迎えて映像化。   怪奇現象が起こる鎌倉を舞台にしたファンタジーを、 特殊な映像技術を駆使して描いています。   あらすじ ミステリー作家の一色正和のもとに嫁いだ年若い亜紀子は、 人間だけでなく、幽霊や魔物、妖怪や神様が住む鎌倉の不思議な土地柄に驚く。   ある日、犯罪研究の腕を買...

テレビ人間 | 2017.12.11 Mon 19:49

邦画『3月のライオン 前編』

<< あらすじ >> 人気漫画家・羽海野チカが将棋という厳しい勝負の世界に身を置く若き天才プロ棋士を主人公に描く大ヒットコミックスを大友啓史監督が前後編で実写映画化した青春ドラマ。東京の下町でひとり暮らしをしている17歳の青年、桐山零。9歳の時に交通事故で家族を失い、父の友人である将棋のプロ棋士、幸田柾近に引き取られた彼は、将棋しか生きるすべはないと強い覚悟で勉強を重ね、史上5人目の中学生棋士としてプロデビューを果たす。しかし一緒にプロを目指していた幸田の実の娘・香子は、実力の世界の厳しい現...

らら子のシネマ雑記帳 | 2017.12.09 Sat 23:54

ナミヤ雑貨店の奇蹟 豪華版(2018年03月23日 発売予定)

JUGEMテーマ:邦画 商品の紹介 それは手紙がつなぐ、たった一夜の優しい奇蹟 全世界1,000万人が涙。「東野圭吾作品史上、最も泣ける感動作」待望の実写化! 時を超えた手紙が届いた――ナミヤ雑貨店で起きる一夜限りの奇蹟。 ★主演はHey! Say! JUMPの山田涼介!国民的俳優の西田敏行と初共演! ★共演にベテラン勢から今最も勢いのある若手俳優陣まで豪華な面々が集結! ★主題歌を担当するのは日本のトップアーティスト・山下達郎! <DVD豪華版仕様> 2017年 日本 16:9LBスコープサイズ カラー / 129分 / 片面2層 / 2...

FANTASTIC倶楽部 | 2017.12.09 Sat 19:26

邦画『22年目の告白 私が殺人犯です』

<< あらすじ >> 2012年の韓国映画「殺人の告白」を入江悠監督、藤原竜也主演でリメイクしたサスペンス・ミステリー。1995年。東京で5人の命が奪われる連続殺人事件が発生、担当刑事・牧村の必死の捜査もむなしく、ついに事件は時効を迎えてしまう。すると突然、曾根崎雅人という男が自分が殺人犯だと名乗り出て、告白本の出版を大々的に発表する。メディアは曾根崎の大胆不敵な一挙手一投足を追い続け、瞬く間に本はベストセラーとなり、日本中に賛否渦巻くセンセーションを巻き起こす。遺族がそんな曾根崎に対して憎悪を剥...

らら子のシネマ雑記帳 | 2017.12.06 Wed 06:25

邦画『人類資金』

<< あらすじ >> 「亡国のイージス」でタッグを組んだ阪本順治監督と作家の福井晴敏が再び手を組み、戦後数々の詐欺話で登場してきた“M資金”を題材に描くエコノミック・サスペンス。2014年。敗戦目前の日本軍が秘かに隠匿したとされる莫大な秘密資産“M資金”。亡き父と同じ道を歩む真舟雄一は、そんなM資金をエサに架空の融資話で詐欺を繰り返すヤリ手の詐欺師。ある日、謎の男Mが真舟に近づき、驚愕の依頼を持ちかける。それは、日米が共同で管理運営する極秘の“財団”によって運用され...

らら子のシネマ雑記帳 | 2017.12.06 Wed 06:20

第2次怪獣ブーム初期の頃の市川崑作品『愛ふたたび』

日本映画専門チャンネルで、市川崑監督『愛ふたたび』(1971.5 東宝)を ようやくチェック。 当時大人気だったフランスの若手スター ルノー・ベルレーを招き、浅丘ルリ子と共演させた恋愛モノだ。 市川監督、CMや万博用映像は作っていたが、劇映画は数年のブランクを経ての仕事である。 今この時代の恋愛映画を観ると、私のような者でも肌にサブイボを生じるだろう…と敬遠していたが、制作当時のパリをはじめ東京や金沢の風景が興味深く、意外や楽しめた。 日本語学校で学ぶガイジンたち、秋葉原にラジカセを買い...

J・KOYAMA LAND 番外地 大吟醸 | 2017.12.05 Tue 08:16

邦画『黒執事』

<< あらすじ >> 枢やなの同名大ヒット・コミックスを「BECK」の水嶋ヒロと「ガッチャマン」の剛力彩芽主演で実写映画化したアクション・ファンタジー。世界が西側勢力と東側勢力に二分された近未来。執事のセバスチャンが仕える主人は、東側の幻蜂伯爵家4代目当主にして巨大企業ファントム社の若き総帥、幻蜂清玄伯爵。しかし本当の名は、汐璃。両親の死後、男として生きる道を選んだ男装の令嬢だった。その幻蜂家には、世界統一を目論む西の女王の密命を帯びて暗躍する“女王の番犬”という裏の顔があった。そ...

らら子のシネマ雑記帳 | 2017.12.02 Sat 20:21

邦画『天の茶助』

<< あらすじ >> SABU監督が沖縄を舞台に贈るハートフル・ファンタジー・コメディ。天界では、数え切れないほど多くの脚本家が下界の人間一人ひとりの“人生のシナリオ”を書いていた。下界の人々はそのシナリオ通りに人生を送っていたのだった。茶助は、そんな脚本家たちに茶を配る天界の茶番頭。ある日、茶助が気に掛けていた口のきけない可憐な女性・新城ユリが、彼の不用意な発言が原因で交通事故死する運命に陥ってしまう。そこで自ら下界に舞い降り、ユリを助けてしまおうと大胆不敵な行動に出る茶助だったが&...

らら子のシネマ雑記帳 | 2017.12.01 Fri 05:03

邦画『謝罪の王様』

<< あらすじ >> 主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再びタッグを組み、架空の職業“謝罪師”を主人公に描く奇想天外ナンセンス・コメディ。ヤクザな男の車相手に追突事故を起こしてしまった帰国子女の倉持典子。欧米の習慣が災いして、うまく謝罪できず泥沼に。そんな彼女が頼ったのは、“謝罪のプロ”を自任する東京謝罪センター所長、黒島譲だった。そして、黒島の見事な“謝罪”でどうにか窮地を脱した典子は、そのまま黒島のアシスタントとして働くハメに。やが...

らら子のシネマ雑記帳 | 2017.12.01 Fri 04:59

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!