• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

邦画

このテーマに投稿された記事:9978件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c170/3799/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

映画「火花(2017)」の感想(ネタバレ)

■映画「火花(2017)」の感想(ネタバレ) ■監督:板尾創路 ■出演者:菅田将暉 桐谷健太 木村文乃 川谷修士 三浦誠己 加藤諒 【映画「火花(2017)」のあらすじ】 お笑いコンビ“スパークス”のひとりとしてデビューしたが、なかなか芽が出ない徳永。彼は、営業先の熱海の花火大会で先輩芸人の神谷と出会う。神谷は“あほんだら”というコンビで常識の枠を超えた漫才を披露し、徳永を魅了する。神谷に誘われて飲みに行った徳永は弟子入りを志願し、承諾した神谷は、徳永に自分の伝記を書いてほし...

WOWOW映画・韓国ドラマを録画感想レビュー | 2018.10.20 Sat 18:46

疑惑

JUGEMテーマ:邦画     「疑惑」 監督:野村芳太郎 原作:松本清張 1982年 二本映画 127分 キャスト:岩下志麻      桃井かおり      鹿賀丈史      柄本 明      真野響子   富山新港で、白河福太郎と妻球磨子の乗った車が 海へ転落し、球磨子のみ助かる。福太郎には多額の 保険金が掛けられていたことから、球磨子は保険金 を狙った殺人犯として逮捕されるが..。 <お勧め星>☆☆☆☆ 事件の真相より女同士の バチ...

マープルのつぶやき | 2018.10.19 Fri 14:11

『横道世之介』(映画)

JUGEMテーマ:邦画   面白かった。   原作、吉田修一と聞いて、へえこんなのも書くんだ…と、意外な思い。     シナリオを先に読む機会があり 地味だけど面白かったので映画の方も見る。   横道世之介の キャラクターがいい。   たまに未来から、世之介に関わった 脇の登場人物 が過去のことを振り返る インサート が入るという変わった構成。   最初は、少し戸惑うも、途中から、あーそういうことか、と、違和感なく 見進めることができた。 ...

エコエコ あざらっこ | 2018.10.16 Tue 11:09

『大仏廻国』まさかのリメイク

円谷英二の師・枝正義郎が撮った幻の特撮映画『大佛廻国』(1934)が、自主映画『大仏廻国 The Great Buddha Arrival』としてリメイクだって。 横川寛人監督がクラウドファンディングで資金を集め、枝正監督の遺族にも承諾を得て大物俳優のカメオ出演も実現させた、いちせ会かダイコンフィルムばりの特撮大作だ。 でも予告編の感じだと…うーん、河崎実監督作品程度のユルい出来になりそうですか?…まぁそれはいいけど。 2014年出版の戦前特撮映画について書かれた、高槻真樹氏の本(但し、真鍋新一氏の同人誌から多...

J・KOYAMA LAND 番外地 大吟醸 | 2018.10.13 Sat 14:14

松坂桃李 娼年 感想!見てよかった!

JUGEMテーマ:邦画 松坂桃李の「娼年」の感想に、 つまらない・・・というのがあるようですが、 私はそうは思いませんでした。 今回はそんな、松坂桃李の映画「娼年」の感想やあらすじをご紹介します。   松坂桃李の「娼年」の感想 この映画は、松坂桃李の挑戦を観れた作品でした。 内容がすごすぎて、違う意味で笑うほど・・・。 期待を裏切るほどの、松坂桃李の演技と、演出。 あとは、様々な快楽が観れてよかった・・・。   服を着てるとどこか暗く憂いを帯びてるのに、脱いだら豹変するのがス...

テレビ人間 | 2018.10.10 Wed 15:11

『NHKスペシャル “樹木希林” を生きる』

本放送は中華屋のテレビで観た、『NHKスペシャル  “樹木希林” を生きる』。 地域ドラマ出演時に知り合ったNHKの若手ディレクターに、密着取材を許した2年弱の記録であるが。 この3月、別の取材先にディレクターを呼び、PET検査(陽電子放射断層撮影)のガン転移データを見せて「主治医は保って年内と言った。もっと早いかも」と語り始めるくだりの凄味に唸った。 「これが番組のキモ=目玉になるから」 「私は、そういう風にモノ考えるのよ」 内田裕也もビビるわな、確かに “見事な女性” であった。...

J・KOYAMA LAND 番外地 大吟醸 | 2018.10.01 Mon 16:48

カメラを止めるな!

JUGEMテーマ:邦画     「カメラを止めるな!」 監督:上田慎一郎 2017年 日本映画 96分 キャスト:濱津隆之      真魚      しゅはまはるみ      長屋和彰   人里離れた森の奥の廃施設でゾンビ映画を撮影 していたクルーの前に本物のゾンビが現れる。 しかし監督はリアルを追求するため撮影を強行する のだった..。 <お勧め星>☆☆☆☆ 思いがけない展開とラスト には笑いと涙があふれ...いや、涙は出ませんがジーン ときます。 ...

マープルのつぶやき | 2018.09.17 Mon 08:15

映画 『海街diary』

                                    JUGEMテーマ:邦画        離婚した父親が残した娘を引き取る3姉妹。   父も母もなくし、父の再婚相手は幼い子供。   そんな中で生活するのは、精神的に厳しい。   かといって、父が駆け落ちする前の家族の娘たちと   一緒に暮らすのは、精神的には厳しいはず。...

こみち | 2018.09.16 Sun 12:27

『あゝ同期の桜 』の矢島信男特撮

日本映画専門チャンネルで観た中島貞夫監督『あゝ同期の桜』(1967.6 東映)は、学徒出陣で海兵団に入団した若者たちが、やがて神風特攻で散る事になるまでの物語。 松方弘樹 鶴田浩二 千葉真一 高倉健 天知茂らオールスターキャストだが、公開に先立ちテレビで一部出演者もダブる全26話の東映テレビプロ制作のシリーズが放送されていたという。 珍しい出演者では、蟹江敬三が松方とツーショットで登場。ウィキなどでは最初の映画出演みたいに載ってるが、実際どうなんだろ? 特撮は矢島信男だが...

J・KOYAMA LAND 番外地 大吟醸 | 2018.09.16 Sun 07:52

『恋は緑の風の中』

日本映画専門チャンネルで、『恋は緑の風の中』(1974.11 東宝)を三十数年ぶりに観る。 埼玉の中学2年生のグローイングアップものだが、さすがに直接描写まではいかない。コメディではなく真面目な青春映画。 当時のアイドル・佐藤佑介が性の目覚めに悩まされる主人公を演じる。風呂上がりに父母(福田豊土 水野久美)の前でフリチン姿のカンフーポーズ、自分の恥垢について聞くシーンが意表を突きすぎで最高です。 原田美枝子の本格デビュー作(同年に出演した日活の児童映画が最初という)。当時はまだ高1だが、佐藤の夢のシー...

J・KOYAMA LAND 番外地 大吟醸 | 2018.09.03 Mon 06:39

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!