• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

このテーマに投稿された記事:78件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c2/6188/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8 >

きれいな水を世界に届けよう!

世界を良くするためにアクションを起こす方法はいろいろあります。今回ご紹介するのは、清潔な水を世界に届けるために募金活動を行ったカナダの学校の取り組みです。(清田) https://www.we.org/stories/students-walk-around-british-columbia-legislature-to-raise-money-for-clean-water/   大事な用事(例えば期末試験、重要な会議、カナダの寒い冬から逃れるためのハワイへの早朝のフライトなど)の日に寝過ごすことを心配したことのない人はいないでしょう。 そんな悪夢が現実のものになるところでした。ブリ...

ニュース・レポート | 2019.04.19 Fri 20:22

世界にきれいな水を届けるために、レッツダンシング!!

世界を良くするためにアクションを起こす方法はいろいろあります。今回ご紹介するのは、清潔な水を世界に届けるためにチャリティーダンスを主催したトロントの学校の取り組みです。(清田)  https://www.we.org/stories/dancing-clean-water/   毎年ある冬の日になると、トロントにあるブライスウッド公立小学校の体育館は、全くご縁のなさそうなダンスクラブへと変わります。 蛍光灯の明かりは落とされ、教師の指示のもとDJが音楽を回します。イベントの支援者はほとんど未成年で、プロムや上級学生の公式行事...

ニュース・レポート | 2019.04.17 Wed 19:52

希望の源となる水

作物を育てるための水が安定的に確保するのが困難だったインドの農地。 この地に水をもたらしたのは、ちょっと驚くようなアイディアでした。(清田) https://www.we.org/stories/new-wells-benefit-farmers-in-rural-india/       まるでアニメに出てくるような青い空。無邪気に仮面をかぶったこの空が、地上で暮らす者を支配する威力を秘めているのです。 カールタ・ラマは、井戸、と言っても地面の下から草の上の高さまで突き出ている石の円形物の縁に腰をかけています。 85歳の今、...

ニュース・レポート | 2018.12.21 Fri 20:17

水あるところに、元気な人と地域あり!

水の仕事は、乾いた喉を潤わせてくれるだけではありませ ん。水は、日々の私たちの生活、そして地域を元気にしてく れます。ケニアのイルカアト村に住むジェーン・キクワイも、 水で元気になる村を見て喜んでいます。(清田)   https://www.we.org/stories/life-of-the-party/     ジェーン・キクワイがケニアのマサイラマ地方にあるイルカア ト村にやって来たのは16歳の時でした。彼女は初々しい花嫁、 夫と暮らす嫁ぎ先の家に向っていました。夫が所有する僅かば かりの土地...

ニュース・レポート | 2018.11.08 Thu 20:26

きれいな水が家族4世代にもたらす変化

日本ではきれいな水が当たり前のように飲めますが、それ 故に水の有難みが感じにくいのも確か。しかし、エクアドル には、99年生きてきた人生で初めて、その有難みを噛みし めている女性がいます。(清田)   https://www.we.org/stories/we-villages-helps-bring-clean-water-to-amazon-community-in-ecuador/       ローサ・グランハは今年で99歳になります。99回太陽の周りを回 ったことになり、99年間で家族もたくさん増えました。「子どもがこ こにも、あそこにも、あ...

ニュース・レポート | 2018.06.26 Tue 20:19

活躍の舞台は、オリンピックのプールからケニアのマラ川へ

2016年のリオ・オリンピックで、競泳選手として金メダルを 獲得したペニー・オレクシアク。水にはずっと親しんできたペ ニーですが、ケニアでのスタディーツアーで、水の大切さをよ り深く知ることができたようです。(清田)   https://www.we.org/stories/olympic-medal-winning-swimmer-penny-oleksiak-gains-perspective-on-water-consumption-during-me-to-we-trip-to-kenya-with-her-family/     リチャード・オレクシアクは、オリンピックの競泳で一躍有名 となったペニーの...

ニュース・レポート | 2018.05.11 Fri 20:40

ケニアに行ってきました!事業地域訪問だより?

JUGEMテーマ:水   ケニアに行ってきました!事業地域訪問だより?   こんにちは、フリー・ザ・チルドレンの中島早苗です。ケニアに2月〜3月にかけて訪問し、現地で行っているマサイ族のコミュニティでの国際協力活動のモニタリングや、事業地域で暮らす子どもや村人たちの声を聞いてきましたので、ご報告します。   *** 過去のケニア訪問記はこちらから ・ケニアに行ってきました!事業地域訪問だより? http://ftcj.jugem.jp/?eid=1874   ・ケニアに行ってきました!事業...

ニュース・レポート | 2018.04.26 Thu 17:30

「水が無くなる日」がやってきたら、私たちの暮らしはどうなる?

クレイグとマークのコラムの紹介です。   https://www.we.org/we-schools/columns/global-voices/happens-day-zero-comes/   ついにやってきた待望の春!しかし、気分ルンルンな気持 ちにそう簡単になれないのも現実かもしれません。ようやく 寒さが去ってくれたかと思えば、急に暑くなるし、春の嵐は 吹き荒れるし、そうかと思えば雨もそんなに降らないので、 野菜や植物も元気よく育たない。梅雨には雨も降らず、夏 には取水制限が発生!そしてそんな中でずっと干ばつが 続いて9月にはダ...

ニュース・レポート | 2018.04.21 Sat 19:21

学校に牛がやってきた!:ケニアの村で行われているユニークな干ばつ対策とは?

今回は、深刻な干ばつに悩みながらも、ユニークな方法で 家畜の牛に水を提供しているケニアのシラキール村の取り 組みをご紹介します!(清田) https://www.we.org/stories/drought-drives-cows-school/   今年もシキラール村には雨が降らない時期がありました。 そんな時サムソン・モロンピは家畜の牛たちを学校に連れ て行くようになりました。    中央ケニアでは何か月も続く干ばつのあと、マサイ族の牛 飼いたちは何百頭もの牛が死ぬのを見てきました。モロン ピは、この危機的状況...

ニュース・レポート | 2017.12.17 Sun 19:42

「水道管で安全な水を飲む!」:長年の悲願を実現させた夫婦のストーリー

今回は、最愛の娘を失うという悲劇に襲われながらも、安 全な飲み水を求めて闘い続けた、エクアドルのモンダナ村 に住むバルカス夫妻のストーリをご紹介します。(清田)   https://www.we.org/stories/parents-confront-tragedy-with-action-for-access-to-clean-water/   ナポ川は、アマゾンの熱帯雨林領域を流れる、全長 1,000km以上の川です。ナポ川は、アマゾン熱帯雨 林地域の経済活動や日常生活を加速化させるため の拠点にもなっています。電動のカヌーが積み荷を 運搬し、人々がフェリ...

ニュース・レポート | 2017.12.12 Tue 19:38

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8 >

全78件中 1 - 10 件表示 (1/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!