>
京極夏彦
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

京極夏彦

このテーマに投稿された記事:42件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c222/4679/
京極夏彦
このテーマについて
作家、京極夏彦氏について。
作品の情報、感想など。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「clostrawche」さんのブログ
その他のテーマ:「clostrawche」さんが作成したテーマ一覧(6件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5 >

The Misandrists Kostenfreier Download keine Anmeldung Ganzer Film Gomovies Jetzt online PutLocker

⬇↓⇩▼⇩⬇▼⬇⇓⇩⇓↡▼⇓⬇⇩↓⟱⇓▼⬇⇓⇩⬇⟱⬇⇩⇓▼⬇⟱↓ ➠➡ ANSCHAUEN / RUNTERLADEN The Misandrists ◀⟸ ⬆↑▲⇧⇑⇪⟰⇧↑⬆⇑↟↑↑↟⟰⟰⇑↟↟⟰↟↟⟰⇧⬆⬆↟⇧⇪↑⬆       ...

Jim | 2018.06.24 Sun 22:18

虚言の星

京極夏彦『虚言少年』(集英社,2011/07) 小学6年生の話である。時代は「昭和という時代の何処か」「ライダーといっても、一号二号V3の頃」である。一人称の僕こと内本健吾は「面白ければ笑うし悲しければ泣くし好きなことはやりたいし嫌いなことはやりたくなくて、学校も好きも嫌いでもないという、まあべたっとしたどうでもいい子供」であり、クラスメイトの京野達彦、矢島誉とともに「凡庸な一般の生徒達」を構成している。みずから凡庸と称する点でかなり非凡と思われるこの3人に共通する属性はというと、オモシロいことが好...

更・ぅれしぃがらし日記 | 2011.09.16 Fri 06:35

京極夏彦

京極夏彦さんの新刊が複数の形態で発売するそうです。新刊のタイトルは「ルー=ガルー2」単行本、ノベルス版、文庫版、電子書籍の4形態で10月、同時発売 【送料無料】平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!宮部みゆきさんも「おまえさん」を9月22日に同社から単行本、文庫が同時発売だそうです。普通は単行本が発売されてしばらくして文庫本というスタイルでしたけど面白い試みですね。もっとチェック>>京極夏彦

らんらん日記 | 2011.08.26 Fri 17:31

「塗仏の宴 宴の始末」

“言葉に人情はないのだ。嘘も真もない。過去も未来もない。言葉は言葉として完結している。言葉は現実とは乖離していて、それでいて現実を左右する。真実をも凌駕する。言葉はある意味で最強の武器である。だから――。拠り所は彼の人柄だけなのだ。” どんなにつまらない本でも、読み始めたからには読了してやろうとおもいます。たぶん、世界の本好きに共通する意識ではないでしょうか。 べつに、つまらなかったわけではありません。とても読み応えのある作品だったのに変わりはないのです。けれどこの、違和感がすさまじいのに正体が...

少年は跳ぶ | 2011.07.29 Fri 21:39

「塗仏の宴 宴の支度」

「――略――君達は今、ここで何をしているのかと僕は尋いているのだ」「見れば判るだろうに。懐中時計で温度が測れるかい。時間を測っていたのだ」「何の?」「煩瑣いなあ。唄だよ。いいじゃないか」「良くはないよ。君が呼んだんだろうが」「呼ばなきゃ良かったよ。考えてみれば君なんか呼んだってちっとも役に立たないんだ。弥次馬な君の性質を考えて、親切心を出したのが悪かった。頼むから温柔しくしていてくれ」京極堂は私の顔も見ずにそう云った後、駄目押しでもするように、それから今日は当分茶も茶請けも出ないぞ――と云った。 ...

少年は跳ぶ | 2011.07.07 Thu 18:35

「絡新婦の理」

「ただ、人間と云うのは小賢しい生き物だから、それでは納得できないのだ。そこで人は朧げな偶然と偶然の点と点を線で結んで、蜘蛛が巣を張るように明瞭とした像を造りたがる。綺麗な像になった場合を必然と呼び、歪な像になった場合を蓋然と呼ぶ。ただそれだけのことだ。その蜘蛛の糸――理を外してしまえば、世界は渾沌とした偶然の集積に他ならないのだよ」※好き放題書いていたらいつにもましてまとまりがない感想になりました。 いま、ドはまりしている百鬼夜行シリーズ(「姑獲鳥の夏」、「魍魎の匣」、「狂骨の夢」、「鉄鼠の檻」...

少年は跳ぶ | 2011.06.13 Mon 23:02

京極夏彦さん、電子書籍が1万ダウンロード突破

JUGEMテーマ:京極夏彦京極夏彦さんの小説「死ねばいいのに」の電子書籍が、先月28日の発売から5日間で1万ダウンロードを超えたんだとか・・・  【同時購入ポイント3倍】死ねばいいのに京極夏彦←関連商品♪

検索ワードランキングNEWS | 2010.06.10 Thu 23:37

魍魎の匣

予告編がすごく印象的だったので借りてみました。

ななこごとひとことにっき | 2010.04.20 Tue 09:45

前巷説百物語

正直言って、巷説シリーズの中身をほとんど忘れかけている状態で読みました← 正直言って、これも読み終わるのに1ヶ月くらいかかりました← っていうかね。テスト前に本を買うのは止めようね。自分。 しかも今回はテスト後に検定、というスケジュール。本読む暇あったら勉強しろ、っていう雰囲気でしたね。 んでまあ、前巷説です。 表紙は猫を食べる?かじる?ねずみ。と、取り巻きの猫。 『旧鼠』という短編が入っていることからも、これはつまり『窮鼠猫をかむ』を現している……のかと思えば、違ったりする。うまく出来てるな...

The Foolish Person's Nonsense | 2010.03.21 Sun 14:01

小説【姑獲鳥の夏】京極夏彦

 JUGEMテーマ:京極夏彦 京極夏彦さんの書籍は、もう何年も気になりながらその難解で崇高そうな雰囲気からいつも読むに到らずだったのですが、熱心な京極作品読者である友人の勧めにより、ついに手にとる次第になりました。友人から『京極さんシリーズは登場人物が何作にも渡って登場するので、ぜひデビュー作から読んだほうが良い』と言うアドバイスをうけていたので、著者処女作である「姑獲鳥(うぶめ)の夏」を迷わず買いました。 読み出すと、何ともスラスラと頁が運び何てこたないとても解り易く難しい科学論から精神論、...

ラブコズカルチア | 2010.02.14 Sun 06:25

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5 >

全42件中 1 - 10 件表示 (1/5 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!