• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

震災関連

このテーマに投稿された記事:77件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c258/18840/
震災関連
このテーマについて
震災に備えて安心生活!
このテーマの作成者
作者のブログへ:「home110」さんのブログ
その他のテーマ:「home110」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8 >

復興ぞうきん

素敵なぞうきんを買いました。ひとつ300円です。200円が被災された縫い手さんに渡るそうです。縫われた方の名前と出身地が書かれています。 こちらは大槌ご出身の方が縫われたぞうきん。大槌町は甚大な被害を受けた町のひとつで、津波と火災もあった場所だ。もりおか歴史文化館1Fの売店で買えます。 SAVE IWATEの、復興ぞうきんに関する記事の一部。[復興ぞうきん]キーワードは「楽しい」!復興ぞうきん・秋復興ぞうきん* 糸*切実大募集勝正さんの復興ぞうきん糸と針 ご協力ください【追記】現在は、盛岡駅やカワトクデパート...

つぐみのひげの王様 | 2011.11.17 Thu 20:15

電気代

ゆうちょ銀行へ行く途中、雪がチラチラと降ってきました。どうりで寒いと思った。今年の5月に契約アンペア数を30から20にしましたがなんにも困ってなかったりします。 寒冷地は電気代より灯油代やガス代がかさむので 冬だからってさほど特別なことはないだろう。うっかり電球を使っていた部分や、よく使う照明をLEDに交換したり洗濯物の乾燥、アイロン、炊飯を、夜の安い時間帯に利用するくらいしかやってないけど、電気代が去年より毎月千円くらい安くなってます。掃除機も全然使ってない。もういらないかも。収納場所もないしこん...

つぐみのひげの王様 | 2011.11.16 Wed 19:17

被災漁船が漂流か、東北から3100キロの太平洋上で発見

JUGEMテーマ:震災関連 被災地から3100キロ離れた太平洋上を漂流ってすごいですな。しかも、大破せずに無事でってことですよね。まぁ海の上なので、上手く波に乗れていれば障害物なんかは無いに等しいのかもしれないですけど、やっぱりすごいです。漁船は全長20フィート(約6メートル)ほどで被災地の福島県の船とみられており、パラダでは所有者を探している。 パラダ乗員は「テレビや冷蔵庫、その他の家電製品も見かけた」と述べ、「木の板やペットボトル、漁網のブイ、洗面器のようなもの、ブーツなどが浮いてるのを繰り返し...

JUGEM!とメディアニュースのブログ | 2011.10.16 Sun 21:46

NYS Sister Cities Conference

On September 24th, New York State Sister Cities Conference took place in Buffalo, New York. The purpose of the conference was to bring together those who are actively involved in international sister cities programs in New York State, and to share their experiences and resources so the participants can mutually benefit and enhance their activities in the near future. At the conference, there was a time frame where three representatives of which organizations collaborate with Japanese cit...

IWATE YUICCO | English | 2011.10.10 Mon 05:43

東京直下大地震 生き残り地図―あなたは震度6強を生き抜くことができるか?!

東京直下大地震 生き残り地図』は、東京23区で地震が起こった場合の想定被害状況を、東京都が発表した【火災危険度】【建物倒壊危険度】【避難危険度】の調査データをもとに見やすく地図化しました。各区ごとの火災と建物倒壊の危険エリアは、町丁目ごとにひと目で識別してもらえるよう、ピンクと黄色の濃淡を組み合わせて示し・・・続きをどうぞ!! JUGEMテーマ:震災関連

話題の新着商品を紹介 | 2011.10.09 Sun 21:34

Reporter's Spirit of an Italian Journalist

  “At first I couldn’t understand what their smiles meant. Now I feel that it shows their will of taking a step forward with putting their minds to the future,” said Italian free journalist Ms. Alessia Cerantola, telling of her impression from meeting victims in the town of Otsuchi hit by the devastating damage of the Great East Japan Earthquake. After the earthquake, an Italian news story reporting the disastrous scene of the city of Ishinomaki was awarded a  prestigious prize. H...

IWATE YUICCO | English | 2011.10.08 Sat 06:37

The Life at the Temporary House Began

 I visited temporary housing in several places.  In Otsuchi, since most of the shore was struck and damaged by the tsunami, provincial government had to go all the way up along the river near the mountain to build the temporary housing.  The elderly and physically disabled live in an area where it takes more than 20 minutes to walk to the closest bus stop. It takes all day just to go to the hospital.  And many people are having a hard time buying groceries. There are so...

IWATE YUICCO | English | 2011.10.08 Sat 06:07

Shelter story 1 - In Otsuchi

JUGEMテーマ:英語日記JUGEMテーマ:震災関連 Ms. Kurasawa  (Left) and Ms. Iwasaki (Right) at the 9th shelter in Otsuki town There is the 9th shelter that is in the rice fields, which are behind the mountain.  Ms. Tome Kurasawa (91 years old, Left) started living in the shelter on July 15th.  It is 15 minutes away from the city.  There are 18 single rooms out of 62 rooms, and the residents are mostly single old people. “I was the first resident and nobody had lived here ex...

IWATE YUICCO | English | 2011.10.08 Sat 05:59

回収までには早すぎるだろうけど……

 JUGEMテーマ:震災関連はじめに参照した記事『東日本大震災:半年経過で債権回収再開 被災者悲鳴』いきなり再開するってのは、いかがなものなんだろうか。再開する期日を決めて「この時点からふたたび再開します!」と言うべきなんじゃ……。「〜の時点から債権をふたたび回収いたします キリッ」現時点では、せめてそれくらいに抑えておくべきじゃないだろうか。期限さえ決まっていれば、被災者の方たちもその日までの計画を立てられるだろうし。住居や仕事なんかの問題がいまだに残っているわけだから、もう少し現状をわきまえたほ...

気になるニュースと記事のアーカイブ | 2011.10.01 Sat 20:11

東日本大震災:半年経過で債権回収再開 被災者悲鳴

JUGEMテーマ:震災関連 東日本大震災の被災地で、金融機関やクレジット会社が半年間見合わせていた被災者に対する債権回収を再開させた。「半年も猶予したのだから」と一括返済を求める業者もいる。相談機関には、仮設住宅で自立生活を始めた人から「仕事を失い、生活するだけで精いっぱい。どうすればいいのか」との相談が寄せられている。債務を抱えた被災者に二重の苦しみがのしかかっている。 被災者からの債権回収について、全国銀行協会は震災発生翌日の3月12日、加盟銀行に「柔軟に対応する」よう通達。日本貸金業協会と日...

気になるニュースと記事のアーカイブ | 2011.10.01 Sat 20:03

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8 >

全77件中 61 - 70 件表示 (7/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!