>
DV- ドメスティックバイオレンス-
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

DV- ドメスティックバイオレンス-

このテーマに投稿された記事:107件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c261/6152/
DV- ドメスティックバイオレンス-
このテーマについて
重いコトバでごめんなさい。

恋人や夫婦同士なのに、これって異常だよって思うほど、傷つけたり、傷つけられたりすることがある。
そんな経験、ありませんか?

ブログを書くことで、少しずつ、前に進めていけたらと思います。
傷つけてしまうひと、傷つけられてしまうひと、どちらでもいいです。
そのことについて、書いてみてください。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「saxi」さんのブログ
その他のテーマ:「saxi」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

息子の携帯

JUGEMテーマ:DV- ドメスティックバイオレンス-長男は携帯をもっています。そのことは前にも書きました。週末、またしても私がついつい失敗したことがあったのでここで書いておきます。自分を責めるのはよくありませんが、 ナルとつきあわざるをいけないので、これは学ばなくてはいけないということはあります。ナルのせい どうして私がこんな目に!!と頭にくるのは簡単ですが、つきあっていかなくてはいけない以上、決して変わらないむこうのことを気にしたってしょうがないのですから、自分が賢く変わっていくしかありません...

アメリカで働く −ワーキングママ | 2010.03.23 Tue 04:19

子供の虐待 日本のケース

JUGEMテーマ:DV- ドメスティックバイオレンス- 朝日新聞にこんな記事がのっていました。日本の状況は私にはわかりません。想像しかつきません。もう17年もアメリカにいるので。それでもこの厚生省の方のコメントにはびっくりしました。  厚生労働省虐待防止対策室の杉上春彦室長は「児童相談所には、最悪の事態を想定して安全確保を最優先してほしい、と言っている」という。「要支援家庭で子どもに会えない状態が続く場合、様々な手だてで子どもの姿を確認する努力が必要だ」と話す。

アメリカで働く −ワーキングママ | 2010.03.05 Fri 06:34

痛み

前にも書きましたが、共依存だと自分の感じていることがわかりません。人の痛みはわかるけど、自分の心の痛みはまったくわかりません。今回のDCFS騒ぎで、どうして私は普通にみても虐待なのがわからないのか考えてみました。カウンセラーには、きっと虐待が普通に家庭にあったからそれが私にとっては普通だった。それも確かに。そうかもしれない。でもそれよりも、まず自分が虐待にあって、傷ついても、自分のことより、相手のことしか心配しない。これが根本じゃないかなあと思うのです。そんな中、記憶にあるのがある出来事です。多...

アメリカで働く −ワーキングママ | 2010.02.19 Fri 07:03

子供たちのこと その後

JUGEMテーマ:DV- ドメスティックバイオレンス-DCFSが早速やってきました。24時間以内に子供に面談して安全かどうかを確認するのです。 私と、 息子たちと3人で一緒にいたので、息子たちも私と一緒にソーシャルワーカーに会いました。結局、この日は子供が私といる限りは安全ということで、終わりました。この後は、アメリカは月曜が休みなのでそれを待って、正式な調査のファイルをオープンするということになるようです。ナルはことの大きさをまったく実感していないようです。それは私にとってはいいことなのかもしれません。...

アメリカで働く −ワーキングママ | 2010.02.16 Tue 00:45

今一番のチャレンジ

 子供のことが心配なのは何回も書いてきましたが、私はいつも自分の幸せより子供の幸せを第一に考えてしまいます。子供を喜ばすためには何でもしてしまう。これが本当はいけないことなんですよね。私みたいな共依存な人間は、人を喜ばすことで、自分を満たそうとします。今、結婚生活から抜け出して、もうだんなだった人間を喜ばすことがなくなりました。それが子供という対象に変わってしまっています。それがクリスマスに大変な事態となりました。

アメリカで働く −ワーキングママ | 2010.01.26 Tue 14:11

なぜ男は暴力を選ぶのか―ドメスティック・バイオレンス理解の初歩

知人に勧められて、この本を買いました。 ブックレットゆえのページの少なさに物足りなさを感じたものの、ページを開いてみてビックリ。 本に出てくる、典型的なDV男(ドメスティックバイオレンス加害者)が、私の扱った案件とそっくりそのままなのです。マニュアル通りの、暴力夫って、なんじゃこれ? 逆転することもありますが、身体的な優位さが圧倒的なため、男が加害者、女が被害者というのは一般的だと思いますが、何となくそのメカニズムがわかってきました。 ちなみに私の扱った案件というのは、加害者が義兄、...

プロ作家 松本肇 のブログ \(^◇^)/ ★★★★★★★★☆☆☆△△ | 2010.01.04 Mon 16:13

DVで逮捕されたチャーリーシーン、妻にナイフを突きつけた疑い

JUGEMテーマ:DV- ドメスティックバイオレンス- どこかのサイトで見たんですが「DVで逮捕されたチャーリーシーン、妻にナイフを突きつけた疑い」なんだってね。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000412-reu-entこのあとのことが気になっちゃいます事件の真相!

ちょっと気になるニュース集 | 2009.12.31 Thu 19:38

カウンセリングのこと

 12月も最後の週になって、まとめではないのですが、なんとなく今年を振り返ってます。カウンセリングは前も書いたとおり、もうそろそろやめるつもり。いかなくても平気になってきました。そんな私がカウンセリングにかかることに決めた時のことを思い出しました。

アメリカで働く −ワーキングママ | 2009.12.25 Fri 03:42

復讐のこと 再び

JUGEMテーマ:DV- ドメスティックバイオレンス-久しぶりに以前何度もお世話になっていた、英語のサポートグループの掲示板を除いてみました。そこで、目に付いたのが、まだ虐待生活から逃れたばかりの方。どうしても納得がいかない。自分がどうしてこんな目にあわなくちゃいけないのか。不公平。復讐してやりたい。私もそうだったのですごーくよくわかりました。でも復讐ってありなのでしょうか? 

アメリカで働く −ワーキングママ | 2009.12.19 Sat 08:57

DV、精神的苦痛で悩んでいる方

JUGEMテーマ:DV- ドメスティックバイオレンス-最近DVで悩んでいる方にもたくさんコメントやメールを頂くようになったので、いつも私が読んでいる海外子育てのサイトをことで紹介しておきます。どうしていいかわからない。という方はまず読んでみて下さい。 

アメリカで働く −ワーキングママ | 2009.12.15 Tue 04:48

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全107件中 81 - 90 件表示 (9/11 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!