交通事故示談まで
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

交通事故示談まで

このテーマに投稿された記事:130件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c275/16129/
交通事故示談まで
このテーマについて
自動車保険の自賠責や任意って、なかなか取り決めが難しい。
初めて交通事故被害にあった私の、保険会社との小ぜり合いです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「akinosuke726」さんのブログ
その他のテーマ:「akinosuke726」さんが作成したテーマ一覧(6件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

初めて立つ

交通事故の後、金属で内側から骨を止める手術を受け、どうにか車椅子に乗れるようになった頃だ。 「今日のリハビリは別の部屋でしましょう」突然Sさんにこう言われた。 わたしのリハビリの担当は2人いた。ひとりは作業療法士のFさん。左腕のリハビリを受け持っている。髪が長い、きれいでおっとりとした感じの女性だ。もうひとりは理学療法士のSさんという男の人。Sさんは足の方のリハビリの担当だった。午前中はFさんが、午後はSさんが病室に来てくれて、それぞれ2〜30分ほどリハビリを行うのだ。 Sさんに手伝ってもらい...

12th crowns | 2014.11.04 Tue 17:08

交通事故被害者がスムーズな示談で最高賠償金を獲得するための個別ケースマニュアルを正しくレビューします。

ギフト券付き交通事故被害者がスムーズな示談で最高賠償金を獲得するための個別ケースマニュアル 交通事故被害者がスムーズな示談で最高賠償金を獲得するための個別ケースマニュアルは、本当に効果有り?確実にあなたの悩みを解決出来るのでしょうか? 本井 優さんがリリースした情報教材交通事故被害者がスムーズな示談で最高賠償金を獲得するための個別ケースマニュアルを購入特典付きで 手に入れる事が出来るのは当サイトのみです! 交通事故被害者がスムーズな示談で最高賠償金を獲得するための個別ケースマニュア...

家庭と暮らしの情報商材キャッシュバック | 2014.10.08 Wed 18:35

シーネ

 連載記事です 目次はこちら 白衣を来た男の人が入ってきた。 わたしは顔を上げ、その人を見るなり、車椅子の中に縮こまった。 K先生ではなかった。白衣を着ているけれど、知らない男の人だ。 「角田先生は今忙しいから、僕が代わりに来ました」とその人は言った。よく響く大きな声だった。 わたしは泣きだしそうになった。これまでにも何回か書いたけれど、事故の日以来、大きな音や男の人の声に、わたしは怯えるようになっていた。更に機械やスピーカー越しに聞こえる声が苦手だった。救急車や処置室での体験がトラウ...

12th crowns | 2014.10.07 Tue 16:37

赤川静雄(赤鬼)と交通事故にあったらすること

究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアルを考案した赤川静雄(赤鬼)さんとはちなみに、これまでに300件以上の交通事故による損害賠償請求にアドバイスをしてきた人で、実際に赤川静雄(赤鬼)さんの陰で保険金を倍増させることができた人もたくさんいて、2倍どころか5倍10倍になるケースも珍しくはありません。 逆に言うと、保険会社にまかせっきりにしてしまう場合、そのくらい保険金を安くさせられてしまいますので、保険会社のペースで事故処理を進めるのは絶対にNGです。保険会社としては、何とか自賠責保険の...

赤川静雄(赤鬼) 究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル 評判感想 | 2014.10.07 Tue 03:56

車椅子に乗る

連載記事です 目次はこちら 翌日の朝、早速血栓を溶かす注射が運ばれてきた。 看護士さんによると、かなり痛みが強いそうだ。そして、どういうわけかお腹にするらしい。 その日の担当の看護士さんに、わたしは思い切って訊ねた。 「お腹にするのと腕にするのと、なにか効き目の違いはあるんでしょうか」 特ににないですね、という返事だった 「どっちが痛いんでしょうか」 どっちも同じくらいに痛いらしい。 「じゃあ、腕にしてはだめでしょうか」 別にいいですよ、と看護士さんは言った。だったら最初の、お腹にするとい...

12th crowns | 2014.10.06 Mon 20:06

流れる光と黒い星

連載記事です 目次はこちら  手術が終わって痛みが落ち着いた頃だったろうか。朝の回診の後、わたしはずっと気になっていたことを口にした。 「目に光が見えます」 「えっ」K先生の顔が強張った。出会ってから初めて見る表情だった。K先生は華奢で若かったけれど、余裕たっぷりな様子だった。回診のときはいつも笑顔だった。 先生に促され、わたしは詳しく、でも大袈裟にならないよう注意しながら説明した。 瞬きをしたり眼を動かしたりすると、そのたびに光が見える。流れ星のような、彗星のような、大きな銀色の光で...

12th crowns | 2014.09.21 Sun 14:14

鏡を見る

連載記事です 目次はこちら 回診が終わった後、わたしは妹と、改めて治療計画表を眺めた。 入院、手術、リハビリなど、治療の大まかな流れと、その下に補足や注意事項が書かれている。最後の項目は『退院または転院』だった。 「転院かあ」 いきなりの入院でも大変なのに、また別の病院に移らなくてはならないのだろうか。それともここから退院になるのだろうか。 「ある程度まで治してから、リハビリ用の病院に移るみたいだよ」家族との話し合いは進んでいるらしい。「そこを退院した後も、しばらくは通うんだって」 完治は...

12th crowns | 2014.09.19 Fri 17:09

入院1日目

連載記事です 目次はこちら どうにかベッドに落ち着くと、わたしは周囲を見回した。身体は思うように動かなかった。それどころか、ほんの少しの身じろぎにも激痛が走った。 5人部屋だった。わたしの向かいのスペースに、6つ目のベッドの代わりに洗面台と扉があった。扉の向こうはトイレらしい。 入院なんて、小学校のときの盲腸以来だった。あのときは2人部屋で、手術の前も後もそれほど痛くなかったし、退院の日も決まっていた。入院の日もあらかじめ分かっていたから、着替えや日用品の準備もできた。わたしは妙に張り切っ...

12th crowns | 2014.09.10 Wed 08:51

再会

連載記事です 目次はこちら わたしは元の寝台に乗せられ、幾つもの曲がり角や扉のある廊下を運ばれていった。めまぐるしく動く天井を見るのが辛くて目を閉じた。 扉をひとつくぐったところで寝台が止まった。青っぽい、薄暗い部屋に思えた。衝立があった気がする。最初に運ばれた部屋に似ていた。だけど、あのときほど騒がしくはなかった。 自分が助かるとは思えなかった。周りの人たちも、わたしが助かるなんて本気で考えてはいないだろう。わたしの手を握った看護師さんも、額を縫ってくれたマスクの医師も、さっき足を固定し...

12th crowns | 2014.09.09 Tue 09:06

最初の処置

連載記事です 目次はこちら 風が止んで暗くなった。 今度は建物の中に入ったのだ。天井と壁の境を這うコードの束やパイプの列が見えた。 天井の継ぎ目が次から次へと、頭の向こうから足元の方へ流れて行く。わたしは仰向けに寝かせられたまま運ばれていた。曲がり角だらけの、広くて薄暗い廊下だった。 寝台が止まった。部屋に入ったらしかった。周りに機械が、右手に衝立がある気がした。今までよりもたくさんの人がいるようだった。みんな忙しげに言葉を交わしていた。なにか大変なことがあったみたいに。 男の人が大きな...

12th crowns | 2014.09.06 Sat 14:59

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全130件中 31 - 40 件表示 (4/13 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!