• JUGEMテーマ
  • MonoColle
  • PICTO

ブログテーマ

ユーザーテーマ

政治

このテーマに投稿された記事:4225件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c275/5909/
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

今こそ問われる直接民主主義の価値

JUGEMテーマ:政治   今週月曜日の夜10時頃、シンガポールの国会議員Tan氏(43歳)がMeet-the-Peopleセッション(その地区選出の国会議員が市民と直接話す会)中に若い男に襲撃され軽傷を負う事件が発生しました。   動機はまだ不明のようですが、男はすぐに周囲のボランティアらによって取り押さえられ警察に通報。Tan氏は病院で診察を受けた後セッション会場に戻り市民との面接を再開。自分自身を襲撃した男に対しても「問題を抱えていると話していたようでできるだけ今後も彼の力になりたい」と語っている...

ASIAN NOMAD LIFE | 2018.04.18 Wed 20:42

悲しい国だね

JUGEMテーマ:政治 人間が他の動物と違うのは、弱者に思いを馳せることができるということ。   社会が発展、成長するということはできるだけ多くの人が幸福になれること。   言い換えるなら、人間でない動物は弱肉強食であり、年老いたり幼い子供は自然淘汰されやすいということ。   まだ社会というものができていなかった時代は、力のあるものだけが幸福を享受できていた。   それなのに、あれから多くの時間をかけて出来上がった今の社会でさえ、自己責任という言葉がまかり通ってい...

余生を彷徨う下流老人のブログ | 2018.04.16 Mon 08:49

保守のステレオタイプを論破する民主主義の捉え方!

JUGEMテーマ:政治   民主主義は、IN と OUT の両面から、評価されないといけない。   保守が言う、安倍政権が選挙という「民主的な手続き」を経て登場したというのは、あくまでも、 IN 側に過ぎない。   じゃあそれが、本当に正しく動いているかどうか、それを監視し、評価し、必要が有れば、大々的な修正を突き付ける、酷い場合には、政権を退場させる。 そういう活動に対して、不当な圧力が掛かる事なく、様々な立場の国民が、自由な発想で、国の政治を進化+深化させてゆける。それ...

反(アンチ)・プロ論で行きます! | 2018.04.15 Sun 10:56

毎日がつらい。

  JUGEMテーマ:政治 国民は戦後、忙しかったけど、それなりに正直に頑張ってきた。 できるだけ誠実に、人を欺かないように頑張ってきた。 人を騙すことはいけないことだと、信じて。 それなのに、今の政治は何なんだ。   嘘も方便とでも言うのだろうか。 公文書までも改ざんする。 命をはった自衛隊員の毎日の記録も隠してしまう。 あったことをなかったコトにしてしてしまう。   隠蔽、捏造、見え透いた嘘なんてあたりまえ。 これまで日本人が美徳としてきた、誠実さ。 ...

余生を彷徨う下流老人のブログ | 2018.04.14 Sat 19:42

生まれつき嘘は嫌いなんです。

JUGEMテーマ:政治 これまで普通に仕事をしてきた人は、嘘は嫌いです。 正直に生きてきた人が多いと思います。 正直すぎて干されたりしても、誇りは真面目に生きてきた。 私のように、バカがつくほど正直なと噂されたりもした。   でも、誠実に生きてこれたことは何者にも代えがたい、そう思います。 そんな国民が今の政治を見ていると、おかしいぞ。 嘘がまかり通っている。 言葉巧みに嘘を隠している。 そんな見え透いた嘘は誰でもわかる。 それでも、どうしてこんなことがと言うトップ。 ...

余生を彷徨う下流老人のブログ | 2018.04.13 Fri 20:29

政治家の学習課題

JUGEMテーマ:政治 今の安倍政権から、今の政治家が学べること。 やはり、真実を曲げてまで強引に政策をすすめるな。 物事には、正義というものがある。 王道というものもある。 いくら巨大な権力やお金を使えると言っても、それは国民の血税です。 驕り高ぶってはいけない。   今の安倍政権はとても大事なことを教えてくれる、反面教師です。 これまでどんな手法で政治を行ってきたのか。 それをひとつ一つ検証すれば、必要な政治学を学べます。   例えば総理が腹心の友とか言ってい...

余生を彷徨う下流老人のブログ | 2018.04.11 Wed 11:20

詰将棋か真綿か

JUGEMテーマ:政治 少しずつ、少しずつ詰将棋のように追い詰められているようだ。 追い詰めているのは国民。 追い詰められているのは安倍捏三政権。   そして、毎日真綿を一本一本増やしながら首を締めつけているようだ。 安倍捏三の首が真綿でゆっくりと。 やっぱり、やってはいけない方法を使った。 禁じられている手法を使った。   すでに改ざんを悔いて命を落とした人もいる。 それでも知らぬ顔でテレビに出て平気な人。 どうしてこうなったのかなんて、すべてわかっているのに。...

余生を彷徨う下流老人のブログ | 2018.04.10 Tue 20:29

それにしてもひどい国になった。

JUGEMテーマ:政治 ここまで腐敗してきたとは。 呆れ果ててどう言ったら良いのでしょうか。 いくら権力は腐敗すると言っても、ここまで腐敗が進むなんて。 もう国家の体をなしていないのでは、そんなところまで破壊された感じですね。   国民の誰もが、安倍内閣がこんな政権になるとは思ってもいなかったのではないでしょうか。 私は、最初から反対していましたけど。 その理由は先にも書きました。 私がひとりで3人の子育てしているころ、自民党政権でした。 だから、どんなに貧しい父子家庭だ...

余生を彷徨う下流老人のブログ | 2018.04.07 Sat 09:28

文さんに無視された安倍さん

JUGEMテーマ:政治   今日は、朝の新聞を見て、 安倍総理が電話をして韓国の文大統領に来日を要請したところ即答はされなかった ということが報じられていました。   南北の和解交渉が始まり、中朝会談、米朝会談、 更にヨーロッパまで巻き込んで、世界中が目まぐるしく動いていく中で、 日本だけが取り残されていくということにやっと気づいた安倍さんとそのブレーンが、 なんとか日韓会談で局面を打開しようと慌て始めたという感じがします。   結局、マスコミの報道を見ていて...

タミノミクス ニュース深読み! | 2018.04.04 Wed 10:55

映画評:『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』〜苦難の時に非ポピュリストを選んだ英国

JUGEMテーマ:政治   『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(原題:Darkest Hour)を観てきました。   舞台は1940年5月のロンドン。ヒトラー率いるドイツ軍がヨーロッパ諸国を次々と侵攻していく傍らで、イギリスはドイツ軍に対して抗戦するか、もしくはイタリアを通じて和平交渉に入り独立国としての立場を失うかの瀬戸際に立たれています。   戦況が悪化する中チェンバレン首相が失脚。   新首相に選出されたチャーチルはこのとき65歳。   「イギリス...

ASIAN NOMAD LIFE | 2018.03.31 Sat 20:47

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全1000件中 1 - 10 件表示 (1/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!