• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

たばこ

このテーマに投稿された記事:262件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c129/6585/
たばこ
このテーマについて
たばこに関するテーマです。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「ntuduki」さんのブログ
その他のテーマ:「ntuduki」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

パイプ煙草の缶の開け方

JUGEMテーマ:たばこ 先日、初めて缶物煙草を購入したので、ずっとやってみたかったこれをやってみました。 マイナスドライバーを差し込んでプシュウと音がする程度隙間を作るように回転させればおけ。 空気音がすればあとは簡単に開くので、蓋はさほど変形しません。 煙草の缶の密閉力って素晴らしいですね。

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.10.23 Tue 17:41

桃山?

JUGEMテーマ:たばこ 大分前に吸い終わっていたのですが、なんとなくまごまごしていたので思い出しながらの感想と行ってみます。 「桃山」は国産第一号銘柄のパイプ煙草で、藤子・F・不二雄先生の愛飲銘柄として有名です。 現在は他の日本銘柄同様デンマーク・マクバレン社に製造を委託しており、「桃山?」という名前で販売されております。 本家とは味が違うらしいですが、葉組みと着香は同じはずなので、大体似たような煙草だと思いますが、その味はいあかに。 パッケージデザインはパイプ煙草のものとしてはオーソドック...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.10.22 Mon 23:21

SILK ROAD

今回は旧日本銘柄で現在はマックバレンが製造している『SILK ROAD』を購入してみました。 ローマ帝国と昔の中国の交易で有名ですが、煙草の中国への伝来は大航海時代のスペイン・ポルトガルの功労によるものでして、同時期に日本にもスペイン、ポルトガルにより伝来されました。 それまで中国にも日本にも喫煙習慣はなかったため、スペイン・ポルトガルの人が使っていたtobaccoの音をそのままに使用しています。 彼の国には諸葛孔明が煙草を医薬品として使用したという伝説も残されており、他にも民話や伝承に煙草発祥のエピソード...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.09.24 Mon 04:49

vanilla cream

HARF AND HARFが非常に美味しく感じていた頃なので、リピートしたい欲望を抑えつつ、vanilla creamを購入。 正直、パイプ煙草でヴァニラ系ってあんまり美味しくないんじゃないかと思っていたのですが、まだ暑い日も続くから、重そうな感じの煙草よりマックバレン系のが気持ちよく吸えるのでは……という考えでコレを購入したのです。 燃やしていない状態の葉っぱは香りはヴァニラ。 ヴァニラエッセンスというよりはビーンズの方で、ちょっと植物っぽいというか、ユリみたいな香りの強い花を連想させる香りと、煙草の葉っぱの匂いが...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.09.16 Sun 02:12

HALF AND HALF

※追記しました。 まだまだ暑い日が続いてるのでどんな銘柄にしようかちょっと迷ったのですが、今回はHALF AND HALFのレポートをしたいと思います。 スパイス風味という事で前回のMELLOW BREEZE MILD AROMATICと似た系統なのかなぁ、と思ってこのHALF AND HALFに決定。 元々はラッキーストライクの流れを汲むアメリカ煙草との事ですが、、現在はMELLOW BREEZEと同じデンマークの会社が作っている様で更に高まる期待! でも実際は全然違う煙草だったぜ! まずパッケージが素敵ですね。 AMPHORA FULL AROMAみたいな遮光性ばっ...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.09.01 Sat 02:25

MELLOW BREEZE MILD AROMATIC

JUGEMテーマ:たばこ 蒸し暑い日が続くとパイプ煙草を吸う気にはなかなかなれず、最近はナチュラルアメリカンスピリットのメンソールをキセルに詰めて吸っていたり、氷入りシーシャを嗜んでいたのですが、いい加減パイプ煙草が恋しくなる頃です。 何せ半月以上は吸っていません。 そこで今回はMELLOW BREEZE MILD AROMATICを吸ってみました。 これの別ver.のフルアロマを以前吸ってみた所、大変軽い喫味で、体調の良くない日でも美味しく吸えたので、今回は同じ銘柄のマイルドアロマを選びました。 MELLOW BREEZEシリーズは...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.08.18 Sat 16:02

シーシャについての説明と購入の際の注意

以前の記事でちょこっとシーシャに関する話題を出したのでシーシャに関する話をしてみます。 簡単に言えば洗気瓶の様な物で、煙草の葉を炭で加熱する事によって発生する煙を一度水にくぐらせてからろ過された気体を吸引する仕組みの喫煙具です。 元々はインドで、ココナッツの実に葦を挿して、ヤバイ草を吸っていた道具が後に煙草に使われる様になった様です。 その後、イスラム圏に広まり、トルコで現在のシーシャの形になり、完成したシーシャが改めてイスラム圏に広がりました。 トルコパイプ、ナルギレ、フーカなどとも呼ば...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.08.05 Sun 15:01

ブログタイトルの由来とか

元々、映画や漫画やフリーソフトの感想の覚書のために作ったブログですから、違うブログ名だったのですが、内容が煙草の話題に傾いてきたので変更しました。 作曲家バッハの夫人のための手稿譜『アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳』にあるアリア『パイプに美味しい煙草を詰めて』が元ネタ。 作曲者は不明ですが、歌詞はパイプスモーカーであったバッハが作詞しており、クレイパイプ(素焼きの陶器なので脆い)が割れてしまったり、指タンバーで火傷する、というような描写があります。 バッハ先生はコーヒーカンタータもそう...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.08.05 Sun 15:00

パイプにタバコを詰めようぜ!

よく、パイプの葉っぱの詰め方で、 最初のひとつまみは"子供の手" 続いて"婦人の手" 最後に"殿方の手"でつめるといい、 と言いますよね。 私は具体的には、 最初は子供の細い指で取った様に少ない量をぱらっと火皿に落とし、 次にパイプの内径くらいの面積分取って、それを火皿に収まる程度に丸めてパイプの中に置き、 最後にちょっとがさっと取って、これも火皿に収まるよう丸めて(2投目より密度が高くなる)、 ボウルトップからはみ出さない様に詰める、 という方法を取ってます。 でも、ショートスモークパイプはそ...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.08.05 Sun 15:00

好物・煙草、趣味・喫煙

煙草に嫌な印象が強い人や。不愉快な経験があってアンチスモーク派になった人には『こいつ馬鹿じゃないの?』と言うようなタイトルなんですが、最近本気でそう思えてきたんです。 好物、という表現については、パイプ煙草に味覚的な要素が強いからです。 以前にも書いた通り、私は当初、フレーヴァー付きのシガレットを好んでいましたが、味付きのシガレットの甘さや香りと、パイプ煙草の味は違います。 吸い込む煙の味、という感じではなく、燃える煙草から滲み出た味が染み付いた空気が舌を撫でる感覚というのが強い様に思いま...

パイプに美味しいうさぎたばこを詰めて | 2012.08.05 Sun 14:58

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全262件中 41 - 50 件表示 (5/27 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!