• JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

英語

このテーマに投稿された記事:49件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c137/19598/
英語
このテーマについて
英語について語りましょう
このテーマの作成者
作者のブログへ:「besign2」さんのブログ
その他のテーマ:「besign2」さんが作成したテーマ一覧(42件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5 >

外国での驚くべき努力

JUGEMテーマ:英語 英国で日夜テレビニュースを書き取りしていた高校英語教師がいました。 私は友人に案内されて英国の諸都市を1週間廻ったときのこと、某地で、英国の某大学に在学しながら日夜テレビニュースの書き取りをしてヒヤリングの力を磨いていた日本人の高校英語教師に出会いました。 粗末な服装で毎日こうやって英語力を磨いていました。 その人は今では英語教師ではなく、新たなキャリアを得て、立派な人物として日本の社会で活躍しています。 この恐るべき「書き取り学習法」ですが、今の日本ならこの高校教師が勉...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.14 Sat 11:44

現地の語学校の優れた点

JUGEMテーマ:英語 日本国内のしかるべき教育組織で1年間も英会話の指導をうければ、海外旅行ぐらいでは困らなくなるでしょう。しかし外国の学校に入ってしかるべくキャリアを築こうとするには、明らかに、いまひとつ足りません。  その差を埋めるのが、米国なり英国なりでの、しかるべく筋の通った語学校に6ヶ月ないし1年間入学することでしよう。  現地の語学校に1年も在学することによって得られる「語学」の質は、画然としているとおもいますよ。 1. まずインストラクターの質において、それからその語学校のシステ...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.14 Sat 11:21

宙に迷う人々は跡を絶たない

JUGEMテーマ:英語 ついしばらく前のこと、私は某大学の若手の数学者と雑談する機会がありました。 その人は程なく米国の大学の友人に招かれて渡米するのだが、英会話など全然考えていない、数学は国際語だから、数学の話をしているかぎりはどの学者ともコミュニケーションできるだろう、というお話でした。  私は唖然としてこの話を聞きました。  いったいこの人は、米国では食事の注文もできないのではなかろうか。  数学の話をしている限りコミュニケーションできるというのは、よほどの世界的天才を想定しなければ通用する...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 23:04

ゼロから出発する

JUGEMテーマ:英語 自分の英語力はとても使える状態にないと悟りましたから、これはゼロから出発する覚悟が必要だと思いました。  そこでいろいろ考えた結果、別の某大学の英文科に勤務する某先生の研究室を訪れて、率直に私の思うところを話し、尽力を求めました。  そうしたら某氏は、いとも簡単に、「英文科1年のアドバンストというクラスにお入りなさい」と決めてくれました。  それで、1年間、英文科の1年生の英会話のみのクラスで頑張ったのです。  結果論からいうとその後急速に学習が進んで、だんだん自分の地位・...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 22:43

自らの至らなさを知る

JUGEMテーマ:英語 このような英語のブログを書いているからと言って、私が決して順調に出来上がった英語の名人というわけではありません。  私は自覚して、自分の至らなさから出発した人間です。  私は人並みの学歴、職歴、経歴を辿って、そこそこの地位・身分の人間になりました。  ところがあるとき、たまたま米国に数週間の仕事にゆく回り合わせになりました。  実際に行くのにはまだ1年の余裕がありましたが、そのとき私は、自分の英語力が果たして米国での生活や用向きに耐えるものなのかどうか、ふと疑問を持ちました...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 22:29

GETばかり使う

JUGEMテーマ:英語 GETばかり使ったらどういうことになるか。 制限単語の広範囲の可能性と、しかし制限単語ばかりで表現するとなんともすさまじい状況になる実例を示しましょう。 実例にするのは、John Steinbeck," The Grapes of Wrath ", Heinemann Educational Books London, 1978 です。 「易しい英単語を使って原文を書き直した」シリーズの1冊です。 All was unhappy. He felt that the trouble was his fault. " We'll have to get the rod out and get a new part," said Tom. " Then...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 17:05

ベーシック・イングリッシュ

JUGEMテーマ:英語 「ベーシック・イングリッシュ」が固有名詞として語られるときには、1930年に英国人C.K.Ogdenが発表した制限単語850語でコミュニケーションする制限単語による英語のことである。  その後も似た試みや同様の試みがないわけではないが、発表者オグデンの名とともに今日でももっとも代表的な制限単語による英語の試みとして世界中に知られている。  手近にあった牧 雅夫『自分で使える英語・ベーシック・イングリッシュ』北星堂書店、1984年、1200円と、  C.K.Ogden,"the Basic Dictionary...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 16:26

『英語は前置詞だ』ほか

JUGEMテーマ:英語 前回ご紹介した西村喜久氏は、1980年代に多くの有益な英語指導書を発刊した。 以下にそのうちの3冊を挙げる。 1. 『英語は前置詞だ...18の前置詞・副詞で英語は爆発的にモノになる』明日香出版社、1987年、980円 2. 『中学英語でこんなにぺらぺら...で爆発的にうまくなる』明日香出版社、1987年、980円 3. 『英会話おどろくべき簡単上達法』明日香出版社、1987年、980円 実際に会話を展開してゆくノウハウ・習う側からも、指導する側からも・が一杯詰まっている本でした。 そ...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 11:43

『革命的英会話』

JUGEMテーマ:英語 西村喜久『革命的英会話...6つの動詞で英語が話せる』サンケイ出版、1986年、690円 私が以前開いていた成人英語教室の場合でしたら、「100語の動詞」、「52語の動詞」と聞くと、100とか52とかいう単語の数がまず恐ろしく聞こえてしまうらしい。「もっとぐんと数の少ない方針は立ちませんか」と生徒さんは言う。 (当時)滋賀英語学院の院長であった西村喜久氏をご紹介しましょう。この本の第1章「6大動詞かんたん理論編」の見出しを眺めただけでも、読者はかなり悟るところがあるでしょう。この方...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 10:45

重文の文体

JUGEMテーマ:英語 普通の文章の中に重文の文体が現れた。 ご参考にもと、以下に提示する。 David Halberstam, "The Fifties", The Random House Publishing Group, 1993の166ページです。 He called a man named Waddy Pratt, the regional dealer for Coke, and said, " My name's Ray Kroc and I'm opening a restaurant and I want to sell Coke because it's the best goddam product there is." 彼(レイ クロック)は、コカコーラの販売業者であるワディ プラットを呼んで、ワディ プラットにこ...

ルームドクターズ 札幌 移住 | 2015.11.13 Fri 00:29

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5 >

全49件中 31 - 40 件表示 (4/5 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!