「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般

このテーマに投稿された記事:138件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c176/1431/
「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般
このテーマについて
事実は小説より奇なり…ということで、「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画って深いですよね〜。
あなたが最近観た「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画について教えてください。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「eigaeiga」さんのブログ
その他のテーマ:「eigaeiga」さんが作成したテーマ一覧(3件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

「てんつくマン」の造った映画に感動!

JUGEMテーマ:「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般山梨で初公開の映画「107+1天国はつくるものPart2」そして、てんつくマンのトークライブに行って来ました。 「107+1天国はつくるものPart1」を見たのは2年前だったかな?今回のPart2は、さらにいい内容でした。涙腺が開きっぱなし・・・普通の映画観では見れないのが残念ですが、是非お勧めの映画です!(上映スケジュール)続いて、「てんつくマン」のトークライブ。もと山崎邦正さんとコンビを組んでいたことでも知られている通りの話上手でもあり...

ホットカンパニー「お仕事日記3」 | 2009.11.26 Thu 00:37

「牛の鈴音」

韓国で異例の人気を博した映画、「牛の鈴音」が日本に上陸します。12月ロードショーです。  韓国で社会現象にもなったというこの映画。老いた牛と農夫のドキュメンタリー映画なのです。予告編を見ても、静かな感じを受けます。 実際、何が起きるわけでもなく、ただ牛と農夫の日常が描かれている。それなのに、この異例の人気。見たら泣かない人はいないと言われているようです。やはりドキュメンタリーだし、”リアル”だからなのかな。特別でないものが特別に思えたり、特別だと気付いたりできるような、そんな感動が持...

とりあえず(´ー`) | 2009.11.11 Wed 17:51

THIS IS IT.

JUGEMテーマ:「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般 急遽仕事が休みになったので、観てきました。MJ.何ていうか、もう、「天才」の一言に尽きる。時折スタッフのインタビューを挟みながら、リハーサルや使用予定だった映像や、制作風景を流す感じの内容だったんですが、彼の人となりや音楽への姿勢が窺えました。正直、彼の事は特に好きだというわけでもなく思い入れも無かったのですが、今回こうして最後に残した姿を見たら、すごい人を失ったんだな、と素直に思えました。彼の登場シーンで、鳥肌立ちましたよ。自...

毀れる、心臓 | 2009.11.11 Wed 15:26

マイケル・ジャクソン『 THIS IS IT 』

JUGEMテーマ:「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般  だいっけです(^−^) マイケル・ジャクソン『 THIS IS IT 』観てきました。 …もうね、ものすごく感動した! きっとMJ(マイケル・ジャクソン)はこの映画の公開を望まないだろうけど、(*これは只のリハーサルの記録で、最高のステージを作り上げる事に全力を注いでいたMJがそのステージを中途半端な状態でファンの前に晒す事はありえない。)(それでもその姿をもう二度と見る事が出来ない私たちにとっては少しでも多くMJと言う人間の軌跡、...

いま撮りたい!〜デジイチと散歩〜 | 2009.11.03 Tue 23:43

へんりっく

森崎偏陸(もりさき・へんりっく)は本名である。その芸名のような虚構感の満ちた名前そのものが彼を体現しているようである。この男には3人の母がいる。生みの母、育ての母、そして戸籍上の母。へんりっくは森崎家で生まれたが、生まれてすぐ、森崎家の親戚である永田家に引き取られる。その事情は明らかでない。そして高校生の時、へんりっくは雑誌に投稿した歌が寺山の目に留まり、家出をして天井桟敷の事務所に住み込むようになる。脱ぎっぷりが良かったことから、「ローラ」「少年のための映画入門」等の実験...

金魚鉢のある風景 | 2009.10.31 Sat 11:30

究極の負け犬人生ドキュメンタリー映画

●究極の負け犬人生ドキュメンタリー映画 いろんなドキュメンタリー映画がありますが、実業家から時給810円になった日本人の映画が、なぜか英国で受けています。 佐藤直樹さんの究極の負け犬人生を綴った映画『ナオキ』が山形国際ドキュメンタリー映画祭2009のインターナショナル・コンペティション部門で上映されたそうです。 この佐藤さんの人生はまさに波瀾万丈で、若いころは学生運動をしていたそうで、その後実業家として成功した時には、家を3軒、会社2社とバーを1軒持っていたころもあったそうです。 ...

ニュースな日常寿限無帳 | 2009.10.13 Tue 17:22

ぴぐれっと

うちの職場「NPO法人 札幌障害者活動支援センターライフ」のサイトの更新作業をしていて、年賀状受付なり、バザーなどの行事をお知らせするにつけ、今年も年末に近づいて来た事を実感するこの頃。 昨夜からの台風の北海道接近で、寒さも一団と深まり、自分の部屋でも夏の間使っていなかったストーブを試しもしないまま、使ってみたりもしている。 何年か前、札幌市内で上映されずに、隣町の北広島市で上映され、見に出かけた伊勢真一監督のドキュメント映画「ぴぐれっと」をまた観たくて、いせフィルムに通販でビデオを買ったものを...

all thats jazz | 2009.10.09 Fri 10:56

「SOUL RED 松田優作」のDVD 

2009年11月7日 公開「SOUL RED 松田優作」ドキュメンタリー映画映画「SOUL RED 松田優作」のDVD 出演:香川照之、アンディ・ガルシア内容:秘蔵資料や、本人の肉声インタビュー 私は、松田優作世代では、ありませんが、・・・カッコイィ〜!!です♪〜「SOUL RED 松田優作」のDVD(予約)は、アマゾンさんから〜JUGEMテーマ:「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般 

アマゾンDVD通販【Amazon】 | 2009.09.30 Wed 17:08

大人たちは全て死ねばいい

 映画「BASURA」&四ノ宮監督トークショー(私的memo)「大人たちは全て死ねばいい。そうすればこの国はよくなる。」と島木譲二似の運転手が語るシーンからフィルムが回り始める。広大な敷地のゴミ捨て場。そこに舞うビニールのゴミたち。やがて空高く舞い上がり、タイトル「BASURA」の文字が映し出される。「BASURA」とは「ゴミ」と言う意味のタガログ語だ。四宮監督は20年前と何も変っていないと、マニラを取材しながらつぶやく。町にはストリートチルドレンが溢れている。メリージェーンと言う11歳の女の子は、売春をしながら...

Nambo no Monya? | 2009.09.27 Sun 21:13

『運命を分けたザイル』(映画)

JUGEMテーマ:「実在する人物や実際にあった話」を元にした映画全般こんばんは、あざらしです。すごい映画でした・…(溜息)運命を分けたザイル、数年前に少し話題になった映画。再現ドキュメンタリー映画とでもいったらいいのかな?かつて誰も登頂を成功したことがない雪山に挑んだサイモンとジョー。登頂を終えて、最悪の事態が二人を襲う。そこからはもう、絶望につぐ絶望。最悪の事態を乗り越えても、次の絶望がまっている…そして究極の選択… 現実に起こったことですからね、すごいです。再現フィルムと関係者のインタビ...

脚本家になりたい!シナリオ研修生の映画・読書日記 | 2009.08.29 Sat 01:34

このテーマに記事を投稿する"

< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 >

全138件中 71 - 80 件表示 (8/14 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!