[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] コトノハのブログ記事をまとめ読み! 全1,313件の11ページ目 | JUGEMブログ

  • JUGEMテーマ

ブログテーマ

ユーザーテーマ

コトノハ

このテーマに投稿された記事:1313件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c230/11908/
コトノハ
このテーマについて
心の振り子を揺らすキラキラコトノハ
言葉は魔法
このテーマの作成者
作者のブログへ:「careertalk」さんのブログ
その他のテーマ:「careertalk」さんが作成したテーマ一覧(1件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

言ってみたくなった

 なんて言っていいのかわからないんだけれど 言いたくなっちゃったんだ   ありがとう   あなたに、ありがとう。    JUGEMテーマ:コトノハ

はみんぐ | 2013.01.19 Sat 17:58

成人の日

JUGEMテーマ:コトノハ ずっごい雪!自宅に戻ったのが、夜8時半。そのまま荷物を玄関に置いて、山のような雪と格闘、雪かきに精を出すこと20分。積雪は、25センチはあったかも〜。ちょっとした運動でした。ふう〜。さて、今日は成人の日。どんな言葉を贈られたでしょうか。山元賢治さん、アップル日本法人元社長。あなたの人生はあなたが決める!大学生の頃、これからは、ITが世界を変えるはず!と考え抜いた結果、世界で一番行けてる会社、IBMに入社。人のまねをしない、世界のひとをあっと驚かせる仕事がしたい、そんな可能性の...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.14 Mon 22:08

朗読ライブの練習もヒートアップ!

JUGEMテーマ:コトノハ  声に出して作品を読む、、、朗読は、声がでる限り、一生楽しめるもの。作者の思いを受け取って、しっかりと伝わる声で相手に届ける。同じ曲でも、指揮者によって、あるいは楽器によって演奏が変わるように、朗読も、良く人の声質、解釈によって同じ作品でも変わってくる、、、それも楽しみの一つです。2月17日の朗読ライブに向けての練習は、22名のメンバーが休みを返上したり、あるいは仕事帰りに。なかなか大変なことが多くでも、聴いていただく方へ満足をお届けしたい!そんな思いで取り組んでいま...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.13 Sun 22:24

今日は204名の高校生の皆様と

JUGEMテーマ:コトノハ 石巻北高等学校、今年で3年連続で、講演を担当させていただきました。廊下ですれ違った生徒さんたちが皆とっても挨拶の気持ちをして下さる、素晴らしい高校です。挨拶って大切ですねさて、演題は「コミュニケーション能力を高めるためには」。45分の講演です。高校一年生、204名の皆様、そして先生方も12名ほどいらっしゃいました。講堂の床は冷たいのでは、、、と思っていましたが…。下を向いているのは、せっせせっとメモを取って下っているから。スポンジがどんどん水を吸収するように、お話ししたコミ...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.11 Fri 23:01

朗読ライブのポスター完成!

JUGEMテーマ:コトノハ  言葉と声で心癒やすひとときをお届けできたら、、、と始まった朗読ライブ。今年は、2月17日(日)です。そのポスターが出来上がりました。くっきりはっきりのポスター。昨年の朗読ライブの写真を使用しています。こんな風に何人かで読む場合もあるし、一人でステージを務める場合もあり。大人の本気度って凄いモノを生み出しますので、どうぞお楽しみに・当日は大勢の方においで頂き、出演者はますます力が入りました!東日本大震災心の復興支援プロジェクト 朗読ライブ2013、是非おいで下さいね。2月...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.10 Thu 19:01

ああ、なんということでしょう 震災画

JUGEMテーマ:コトノハ「巨大画で描かれる東日本大震災2」の水彩画の前で足が止まりました。誰もが立ち尽くしてしまう迫力。ああ、、、なんということでしょう。これは現実でした。宮城県蔵王超生まれの画家、加川広重氏は、2004年から大画面の水彩画制作し続けている方。前作「雪に包まれる被災地」では、震災当日の考形を描き、自然の猛威に直面した後の精神的な喪失感を表現し、大きな反響がありました。今回の舞台は「南三陸町」南三陸町、、、防災庁舎、、、こちらでは、先日6日にコラボレーションコンサートも開催されました。...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.09 Wed 23:48

二つの手 サム・レヴェンソンの詩から

JUGEMテーマ:コトノハ  「差しのべてもらいたい手が欲しいと思うならば自分自身の腕の端に、その手があることを思い出してみましょう人は年を取るにつれて自分にはふたつの手があることに気がつきますひとつは、自分自身を助けるための手でもうひとつは、他者を助けるための手だと」サム・レヴェンソンの詩、「時の試練を経た人間の知恵」からの一説です。オードリーヘップバーンがいつも子どもに読み聞かせていたという詩です二つの手、、じっと見つめると、結構傷跡があります。あ!これは彫刻刀を持ったときの傷あ!これは...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.06 Sun 23:46

誰かの役に立つ

JUGEMテーマ:コトノハこんなものを発見!あらら、、、、献血猫募集なんてあるんですね。これは、先日訪れた動物病院でのこと。献血といえば、人間だけと思っていた、いや、考えたこともなかったのですが。でも、献血猫の条件というのを見てびっくり!体重4キロ以上年齢が4歳まで、健康上の問題がないこと、それはよしとして、「性格が温和なこと」ということは、暴れたりしたい、じっとしているということかしらね。それにしても違うのは、人間とちがって、猫の場合の献血は、猫自身が、決断するということではないところ。飼い主さん...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.05 Sat 23:53

特急が止まる駅のような人

 JUGEMテーマ:コトノハ帰省していた方々のユーターンのため、新幹線は大混雑!里帰りの行きはよいよい帰りはこわい、、、かな?でも、新幹線のなかった時代は、鈍行、急行、特急列車。新幹線は速さと引き換えに止まる駅、立ち寄る駅を減らすことになったのですね。「佐藤愛子のエッセイに『人生の停車場』というのがありました。あの人とは挨拶程度の付き合いはー鈍行しか泊まらない駅。時々話をしたくなる人はー急行が止まる駅だろう。でも、いざというときに頼りになる人、それは特急が止まる駅である。思えば、特急の止まる停...

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.03 Thu 22:27

まあ!新年のご挨拶

JUGEMテーマ:コトノハ  新年2日目動物救急病院に朝から駆け込み、忙しい新年。ふ〜〜!と、そんなところに出てきたもの。おお!あじの開き。新年早々、こうした干物が食卓にでることは少ないし、ちょっと良いかも〜なんて思う方、いやいやこれ、、、うふふ、、、、なんと年賀状!樹脂で出来ていて、厚みもあってまあリアル!本物そっくりなんですね、これ。ユーモアは、世界を変える!今年は、これかな〜出して下さった方、ありがとうございました!

志伯暁子の話し方&コミュニケーション・マナー講師のキラキラコトノハ仕事 | 2013.01.02 Wed 23:01

このテーマに記事を投稿する"

< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 >

全1000件中 101 - 110 件表示 (11/100 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!