大東亜戦争について
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

大東亜戦争について

このテーマに投稿された記事:76件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c275/7062/
大東亜戦争について
このテーマについて
 大東亜戦争について記述しています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mijikanaseiji」さんのブログ
その他のテーマ:「mijikanaseiji」さんが作成したテーマ一覧(91件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

< 1  2  3  4  5  6  7  8 >

学校が教えてくれない戦争の真実 日本は本当に「悪い国」だったのか

学校が教えてくれない戦争の真実 日本は本当に「悪い国」だったのか 丸谷 元人 著 2015.12.17 発行 ISBN 978-4-8024-0008-4 C0021 A5並製 168ページ 戦争のことを知らなければ、平和のことも判らない──「戦争の真実・本当の歴史」を、この1冊に完全収録 ●南京大虐殺 ●従軍慰安婦 ●侵略戦争 ●捕虜虐待 私たち日本人は、本当にそんな“悪いこと”をしたの? 戦後も繰り返される、日本を「悪者」にするための宣伝(プロパガンダ)── 必要なのは、常に相手に敬意を持ちながら、正々堂々と「事実」を主張すること ...

ハート出版近刊案内 | 2015.12.15 Tue 09:32

若者たちはなぜ特攻を選んだのか 日本人が知らない特攻の真実

若者たちはなぜ特攻を選んだのか 日本人が知らない特攻の真実 吉本 貞昭 著 2015.10.10 発行 ISBN 978-4-8024-0001-5 C0021 A5並製 160ページ ふりがな・解説つきで読みやすい!  「親子で読む近代史シリーズ」 白人によるアジアの植民地支配を終わらせるため、 日本が西欧列強に対して戦いを挑んだ“大東亜戦争"。 戦場に散っていった、若き特攻隊員たちは、 自らの命と引きかえに、何を守ろうとしたのか── この一冊で「特攻」のすべてがわかる!  なぜ特攻は行われたの?&n...

ハート出版近刊案内 | 2015.12.01 Tue 14:57

世界史から見た大東亜戦争 アジアに与えた大東亜戦争の衝撃

JUGEMテーマ:大東亜戦争について 世界史から見た大東亜戦争 アジアに与えた大東亜戦争の衝撃 吉本 貞昭 著 2015.07.17 発行 ISBN 978-4-89295-509-9 C0021 四六上製 568ページ “大東亜戦争"に勝利したのは誰か? 大東亜戦争の終結後、アジアに巻き起こった民族独立戦争と民族独立運動。 “大東亜戦争"と、その後も続いた“第二次大東亜戦争"とも言うべき アジア民族の独立戦争には英蘭仏からの独立を陰から支援した 陸軍中野学校出身者たちによる、知られざる活躍があった─...

ハート出版近刊案内 | 2015.12.01 Tue 14:40

続・竹林はるか遠く 兄と姉とヨーコの戦後物語

続・竹林はるか遠く 兄と姉とヨーコの戦後物語 ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ 著 監訳 都竹 恵子 訳 2015.04.27 発行 ISBN 978-4-89295-996-7 C0097 四六並製 260ページ 戦後70年企画 朝鮮半島で壮絶な苦難を乗り越えて帰国した少ヨーコを待ち受けていたものは・・・ 親を失った引き揚げ者のが味わった貧しさ、イジメ、言いしれぬ差別、受難、濡れ衣 果たしてヨーコら兄姉は、シベリアに抑留された父と再会できるのか・・・ 終戦直後の京都を舞台に、ひたむきに生きる兄妹たちの姿と家族の絆を描く愛と感動の物...

ハート出版近刊案内 | 2015.12.01 Tue 14:26

広島と長崎の原子爆弾投下で何が起こった?

JUGEMテーマ:大東亜戦争について イラストレーション:ハマダミノル 読売KODOMO新聞 2015年8月6日号の「わかったぞ!」は社会です。 原子爆弾の恐ろしさについて学習します。 わかったぞ!のホームページはコチラ   イラストレーター ハマダミノルweb→http://minoru-h.com

楽描き日誌。 | 2015.08.23 Sun 01:01

8月6日 語り継ぐ使命

JUGEMテーマ:大東亜戦争についてランキングに参加しています。あなたのワンクリックが1ポイントになります。ポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>にほんブログ村        呉鳥人〜くれとりびとさんのブログより「呉海上花火大会」私の父は,昭和7年生まれだったから,第二次大戦中は小学生か中学生だったことになる。新潟県内に疎開していたそうで,たまに思い出のように戦時中や戦後のことについて話していた。記憶というものは,時間が経つにつれて色合いが変わるものである。戦場の体験がないからか...

ふぃーゆパパ(広島弁護士会所属北村明彦弁護士)のブログ | 2015.08.06 Thu 09:10

大東亜戦争という名に込められた意味

JUGEMテーマ:大東亜戦争について 私は昭和50年に入ってから生まれたので、完全に戦後教育で育って来た世代です。高度成長期を経て、世界でも有数の経済大国になった頃に生まれています。そんな私達は先の戦争のことを、「第二次世界大戦」または「太平洋戦争」と授業や教科書から習ってきました。確かに「大東亜戦争」と昔の人は呼んでいたらしい、というレベルでは知っていましたが、その言葉が何を示しているのかを知る由もありませんでした。「太平洋を昔の言い方では大東亜と呼んでいた」程度の理解しかないのです。 ご存知の...

花鳥風月 | 2014.09.30 Tue 22:33

「永遠の0」は戦争を讃えているのか

JUGEMテーマ:大東亜戦争について 昨年夏に映画「永遠の0」を鑑賞していましたが、この夏ようやく原作である書籍を読み終えました。 この作品は放送作家である百田尚樹氏の作品で、太平洋戦争中に使用された艦上戦闘機「零戦」を軸に、搭乗員とその家族、当時の時代背景や軍部の状況など、太平洋戦争前後の日本を感じるには、非常に読みやすい良書だと思います。 自らの命を犠牲にして攻撃する「特攻」に飛び立ち散っていった若者の苦悩の心情や、運命を受け入れた強い心を慮ると、私達が日本のために戦ってくれた方々に感...

花鳥風月 | 2014.09.23 Tue 09:47

逆にしたらよくわかる 教育勅語 倉山満 著

逆にしたらよくわかる教育勅語 ほんとうは危険思想なんかじゃなかった 倉山 満 著 2014.11.03 発行 ISBN 978-4-89295-985-1 C0021 四六並製 224ページ 今の日本がダメなのは「教育勅語」がないからだ! まさに反日勢力の思うツボ 「教育勅語」とはたった12徳目からなる簡潔・明瞭な国民として当たり前の 「心がけ」であり、かつては世界各国から羨望の目で見られるほどであった。 これを廃止し忘れさせようとしたのは日本の弱体化を狙う勢力の陰謀だった! プロパガンダに騙されるな! “なんとなく&quo...

ハート出版近刊案内 | 2014.09.08 Mon 10:09

日本が、第2のチベットとなる日は近いのか!?

今週は、原爆ウィークです。8月6日に広島、8月9日には長崎に原子爆弾が落とされました。そして、何十万人もの一般市民が、このアメリカによる大虐殺の犠牲になっています。 そこで、今週は「平和」と「自由」と「独立」について考えるため、以下の本を読んでみました。 民間防衛―あらゆる危険から身をまもる原書房編集部 原書房 2003-07-04売り上げランキング : 2601Amazonで詳しく見る by G-Tools この本は、スイス政府によって作られ、各家庭に配られたものです。もう随分前に書かれた本ですが、今の日本人が読んで考えるべ...

ねっと副業奮闘日記 | 2014.08.08 Fri 01:41

このテーマに記事を投稿する"

< 1  2  3  4  5  6  7  8 >

全76件中 11 - 20 件表示 (2/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!