大東亜戦争について
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

大東亜戦争について

このテーマに投稿された記事:78件 | このテーマのURL:http://jugem.jp/theme/c275/7062/
大東亜戦争について
このテーマについて
 大東亜戦争について記述しています。
このテーマの作成者
作者のブログへ:「mijikanaseiji」さんのブログ
その他のテーマ:「mijikanaseiji」さんが作成したテーマ一覧(91件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8 >

へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(50) 叔父の戦死した場所と時間が分かった−その1 

 日本とアメリカが戦った戦争が終わってから78年も経つと、この戦争についての関連記事など日本のマスコミ報道から全く消えていて、12月8日の『真珠湾攻撃』も話題にならず、芸能人の薬物関与で逮捕、起訴された事件の方が関心は高いというから日本はおかしい。 【写真−1 この駅のある楢葉町は福島原発爆発時は風下であった】  本欄を借りて以前から小生の父の弟、即ち叔父は敗戦2週間前にフィリピンで戦死したことを書いているが、11月に日本へ行った機会にその戦死の様子を公文書によって確認することが出来た。  ...

セブ島工房 | 2019.12.09 Mon 19:16

へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(47) 1944年10月25日 海軍神風特別攻撃隊の虚実

    毎年10月になると、セブから飛び立った海軍神風特攻隊のこと、阿川弘之の海軍予備学生の苦悩を書いた『雲の墓標』、あるいは戦没飛行予備学生の手記集『雲ながるる果てに』と『雲』をキーワードにした事柄を思い浮かべる。 【セブの元海軍飛行場跡  写真を撮った位置から前方に滑走路はあった】  特攻隊が初めて米軍艦船に突入したのは1944年10月25日だが、それから75年後の2019年10月25日、小生はレイテ島西岸を眺めるセブ島東海岸を車で北上していて、対岸には薄っすらとレイテ島の島影が見えた。 ...

セブ島工房 | 2019.10.29 Tue 19:32

パラワン島紀行 2018年 その(30) 日本軍の米兵焼殺事件のあった捕虜収容所跡を見終えて飛行場へ

【写真−1】    写真−1は現在、公園化されている旧日本軍の捕虜収容所跡の海方向を写している。白っぽく写っている向こうはマングローブ林に続いて海に繋がっている。焼殺時に辛うじて生き残った米兵11人はこの方向から、イワヒグ方面へ脱出したのだろうか。   【写真−2】    跡地内ではその当時の様子を写真入りでパネル展示している。写真−2は『パラワン虐殺』と当時の写真入りで説明されている。フィリピン国内における日本軍による虐殺は各地で発生していて、セブでも北部メデリンの砂...

セブ島工房 | 2019.06.15 Sat 17:53

今も続く悪しき伝統

JUGEMテーマ:大東亜戦争について    ブログを放置して、2ヶ月以上ですかね?やっぱり続かないな・・・・・投稿する曜日を決めてやろうと思うので、毎週金曜日に投稿したいと思います   「高学歴に美味しラーメンを作れるとは限らない」   この言葉は、何時かは忘れましたが経済評論家の上念司先生言った言葉です。まぁ大抵の人は、「当たり前じゃん」とか「そうだよな」とか「そうだけど、で?何」と思われる方が殆どだと思います。この言葉はあくまでも例え話であって、今の日本の現状を皮肉...

馬鹿への処方箋 | 2017.12.10 Sun 22:22

日本が欧米列強に挑んだ第2次世界大戦とアジア、アフリカの独立とは!教科書に乗せたい歴史

  皇軍兵士とインドネシア独立戦争 [ 林英一 ] 価格:2376円(税込、送料無料) (2017/4/24時点)     JUGEMテーマ:大東亜戦争について   日本が欧米列強に挑んだ第2次世界大戦とアジア、アフリカの独立とは!教科書に乗せたい歴史 第2次世界大戦後、アジア、アフリカでは欧米列強からの独立運動が活発化し、ほとんどの国が独立を勝ち取っていった。   アジア、アフリカの国々が独立を勝ち取る原動力となったのが、日本...

教科書に載らない歴史ブログ!英雄や事件の真実に迫る教育実践 | 2017.04.24 Mon 20:33

日本の180都市を空襲します。恐ろしい事実‐大東亜戦争の真実に迫る教育実践

大東亜戦争(太平洋戦争)の真実について知りたい方にお勧めの書籍 高松空襲と本土空襲ー市民から見た大東亜戦争とアメリカの戦争犯罪ー【電子書籍】[ 真田まさお ] 価格:980円 (2017/1/3時点)   JUGEMテーマ:大東亜戦争について   日本の180都市を空襲します。恐ろしい事実‐大東亜戦争の真実に迫る教育実践     米軍はどのような基準で空襲すべき都市を選定していたのだろうか。   適当に空襲していたわけでなく、...

教科書に載らない歴史ブログ!英雄や事件の真実に迫る教育実践 | 2017.01.03 Tue 20:44

人種差別から考える‐大東亜戦争(太平洋戦争)の開戦理由

  JUGEMテーマ:大東亜戦争について   人種差別から考える‐大東亜戦争(太平洋戦争)の開戦理由     日米開戦が行われた1941年当時はまだ、欧米列強による帝国主義の時代。   当時は欧米列強(アメリカやヨーロッパ)が世界のほとんどを支配していた。   →帝国主義・弱い国は欧米列強の植民地になるしかない。   第一次世界大戦後にアメリカのウィルソン大統領が民族自決の原則を演説したが、これはあくまでも、東ヨーロッパを指すもので、...

教科書に載らない歴史の真相に迫る教育実践 | 2016.11.17 Thu 17:05

先の大戦の名称に秘められた真実が、教科書で語りたい歴史

JUGEMテーマ:大東亜戦争について 先の大戦の名称に秘められた真実が、教科書で語りたい歴史   第二次世界大戦で、日本とアメリカが戦った戦争を太平洋戦争や大東亜戦争と呼ぶ。 どちらが正式な名称なのか? 答えはどちらも正解で、アメリカから見た視点か、日本から見た視点で名称が変わる。 戦中の日本では、大東亜戦争と呼ばれていた。 意味としては、大東亜とはアジア、主に東アジアを指した名称で、当時のアジアは欧米列強の植民地支配に苦しめられていた地域でもある。 アジアの中で、日本やタイなど...

教科書に載らない歴史の真相に迫る教育実践 | 2016.04.28 Thu 19:33

戦争犯罪国はアメリカだった! 英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄

戦争犯罪国はアメリカだった! 英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄 ヘンリー・S・ストークス 著 藤田 裕行 訳 2016.04.29 発行 ISBN 978-4-8024-0016-9 C0021 四六並製 272ページ 定価 1728円(本体 1600円) 生前、最も親しかった英国記者が語る。これは、三島由紀夫からの伝言である。 GHQの呪縛から目覚めよ! 真のA級戦犯は東條英機でなく、 対日戦争を仕掛けたルーズベルト、チャーチル、スターリンである 三島由紀夫が自決の場を軍事法廷が開かれた市ヶ谷にした理由。...

ハート出版近刊案内 | 2016.04.05 Tue 15:08

教科書が絶対に教えない靖国神社 日本人が知らない靖国神社の真実

    教科書が絶対に教えない靖国神社     日本人が知らない靖国神社の真実 吉本 貞昭 著 2016.04.27 発行 ISBN 978-4-8024-0017-6 C0021 A5並製 176ページ 日本再生の鍵は、靖国神社にある――この一冊で「靖国問題」のすべてがわかる! もっと日本が好きになる・親子で読む近現代史シリーズ 西欧列強によるアジア侵略に敢然と立ち向かい、祖国を守るための戦いに命を落とした先人達 彼らに心からの尊敬と追悼の誠を捧げることで、私達は再び日本人の自信と誇りを取り戻せる ...

ハート出版近刊案内 | 2016.04.05 Tue 15:06

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8 >

全78件中 1 - 10 件表示 (1/8 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!