[pear_error: message="Success" code=0 mode=return level=notice prefix="" info=""] 気になる本のブログ記事をまとめ読み! 全900件の1ページ目 | JUGEMブログ

>
気になる本
  • JUGEMテーマ
  • MonoColle

ブログテーマ

ユーザーテーマ

気になる本

このテーマに投稿された記事:900件 | このテーマのURL:https://jugem.jp/theme/c287/9872/
気になる本
このテーマについて
広告で見たり、話で聞いたり。
まだ読んでないんだけども気になる本を挙げてみましょう♪
読んだ方が感想をトラックバックしてもらえば、輪が広がる・・・かも?
このテーマの作成者
作者のブログへ:「ruxu00」さんのブログ
その他のテーマ:「ruxu00」さんが作成したテーマ一覧(4件)
このテーマで記事を投稿する
このテーマに投稿された記事
rss

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

相棒

2022年のお正月にNHKで、 永山瑛太さんと向井理さんの ダブル主役で放送されることになった 幕末ドラマ。 その原作があるのを知って、 その原作を読みたくて探してみたら 手に入れることができました。 本日はそのお話です。 ただし、本の内容にも触れているので、 お正月に楽しみたい、それまで内容を 知りたくないという場合には、 この下からの文は読まないで下さいね。 まず、NHKのドラマのタイトルは 「幕末相棒伝」 坂本龍馬 … 永山 瑛田 土方歳三 … 向井 理 となるようですよ。 ...

新選組ライブラリー | 2021.08.12 Thu 17:19

沖田総司剣と愛と死

ずっと前から気になっていた本ですが、 当時買いそびれてしまい、それ以降ずっと お目にかかれずにいた本です。 最近になって、やっとめぐりあえました。 沖田総司剣と愛と死 滝口康彦・石沢英太郎・古川薫 著 昭和50年9月30日初版発行の 新人物往来社の本です。 タイトルがすごく気になる本ですよね。 この本は三人の作家さんが書いています。 青い落日ー沖田総司  滝口康彦 沖田総司を研究する女  石沢英太郎 池田屋事件の二人ー沖田総司と吉田稔麿  古川薫  それぞれが違う角度か...

新選組ライブラリー | 2021.01.20 Wed 16:38

昭和を生きた新選組

本の題名がすごく気になって 手に取ってみました。 それが、こちらの本です。 【中古】昭和を生きた新選組 / 瀧澤中 「昭和を生きた新選組」 といって、まず思い浮かべるのは 池田七三郎こと稗田利八ですよね。 昭和の時代まで生きた、 最後の新選組隊士ともいわれる 人物ですからね。 この本はその稗田利八が 主人公の本なのかな? って 勝手に思い込んで読んでみたら、 全く違っていましたよ。 こちらに登場する人物は、 「箱館新選組」ともいう人々で、 蝦夷地に旧幕府軍が渡る際、 人員の...

新選組ライブラリー | 2020.11.13 Fri 14:28

拝啓 未来に生きた昔のぼくへ

チョッと前から 読みたいと思っていた本が 手に入ったので、早速読んでみました。 拝啓、未来に生きた昔のぼくへ  新選組青春録 (メゾン文庫) [ 伽古屋 圭市 ] 2019年12月20日  初版発行の小説です。 タイトルから察すると、 「現代人が過去に行く」 という お話のようですが、読んでみたら まさしくその通りでした。 プロローグ 第一部 いにしえの空にも、月は浮かび 第二部 あれから四年、 第三部 徒花の季節、旅路の果て エピローグ この小説の主人公は二人。 (厳密にい...

新選組ライブラリー | 2020.11.02 Mon 12:02

毒親

母親が娘を妬む。 自分が失敗したのに娘には成功してほしくない。 あるいは自分より成功した人生を手に入れさせたくない。   毒親問題を医師免許を持たない脳科学者としての視点で整理しています。   乳母(めのと)を社会的システムとして用意できればそれがベストではと考えているようです。   本書の結びは「私たちは運命を試されてる」というもの。   (目次より) *親の価値観から抜け出せない *妬む母――白雪姫コンプレックス *母親は最初から育児のプロ...

新刊本スピード要約 | 2020.09.11 Fri 21:47

ニトリの働き方

カバーのそでのところ・・・   やると決めたらすぐ行動、早さが次のチャンスをもたらす 正しい判断のためになぜを7回繰り返す 数字に置き換えて考える   みたいなことが10かそこら書かれていて光通信ノリを強く放っています。 ゼロから立ち上げてうまく会社を大きくできた経営者は必ず電通の鬼十則的なものを社員に押し付けるようになります。   この本はところどころに社員のインタビューが掲載されていますが、ブラックであろう労働環境を告発できるわけもなくキレイごとで埋め尽...

新刊本スピード要約 | 2020.09.10 Thu 21:10

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテックとは何か? ここが一番気になるところ。   本書では「食分野のイノベーション、その一大ムーブメント全体」と定義。 あとは下の目次の通りの内容です。   コンサルの人達の共著。 マッキンゼーにいた時なら本書のような分析をパワポに落とし込んでプレゼンすればお人好しの企業や団体から大金を引き出せたかもしれませんが、一般読者がお小遣いはたいて買って役に立ったなと思えるような内容ではありませんでした。   今の日本のフードテックはiPhone前夜の携帯電話市場と...

新刊本スピード要約 | 2020.09.09 Wed 19:26

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

紀伊國屋書店で面陳列されていました。 当店ベストセラーランキング第二位。   ≪目次≫ はじめに ワークマンとは何者か 第1章 ワークマンを変えた男 第2章 大躍進の裏に「データ経営」あり 第3章 ものづくりは売価から決める 第4章 ファンの「辛辣な文句」は全部のむ 第5章 変幻自在の広報戦略 第6章 店づくりは壮大な実験 第7章 継続率99%! ホワイトFCへの道 第8章 「変えたこと」と「変えなかったこと」 第9章 アフターコロナの小売りの未来   まずワークマンはスーパーのベイシア、ホー...

新刊本スピード要約 | 2020.09.08 Tue 19:07

テレワークの「落とし穴」とその対策

ジュンク堂では面陳列されていました。 棚には残りあと2冊とよく売れている様子です。   企業の事例として ・カルビー ・向洋電機土木 ・大同生命 この3社が取り上げられていますが、いずれも2〜3ページ。 ほとんど何も書いてありません。 あとは公共機関のリンクを張っておくので見ておいてという感じ。   これは本書全体を通して言えることです。 誰でも知ってるようなことを羅列してあるだけで、詳しくはリンク先の情報を自分で調べて下さいという構成になっています。 ...

新刊本スピード要約 | 2020.09.07 Mon 20:57

non-no 創刊50年

JUGEMテーマ:気になる本     乃木坂46の 遠藤さくらチャン ファッション誌「non−no」の 専属モデルに就任 https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-200512-202005080000720.html つい、遠藤さくらチャンだけに 注目しちゃうけど non-no自体の来年で 創刊「50周年」ってのがゴイゴイスー       アップトゥボーイ 2020年4月号    

オイラの365日たわごと日記 | 2020.05.12 Tue 16:27

このテーマに記事を投稿する"

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >

全900件中 1 - 10 件表示 (1/90 ページ)

[PR] レンタルサーバー heteml [ヘテムル]
あなたのクリエイティブを刺激する、
200.71GBの大容量と便利な高機能!